カテゴリー:生活について

【2020.7.18】

 

こんにちは。移住ブログのおっさんです。

(写真はメルボルンの大丸があったビルで撮った写真)

 

木下なんとかとフジなんとかがYahooニュースに頻繁に出てきますが、ディズニーでの暴挙が本当ならとんでもないカップルですね。ま、どうでもいいですが。。。

 

さて、海外に住んでいると、何かトラブルがあった時の対処が非常に悪いと感じることが多々あります。

 

僕が今回経験しているものもその一つ。

 

事の発端を書いた記事はこちら

その続きの記事はこちら

 

今回でソニーオーストラリアとのトラブルも3回目の記事になります。

 

■これまでの経緯

 

メルボルンでソニーのテレビを2台購入したが、そのうちの一つが初期不良だった。ソニーに連絡を入れたら、ローカルのテレビ修理屋さん(僕が住んでいる田舎街にある)にて修理を試みるとのこと。

 

なんで新しいテレビの初期不良なのに交換ではなく修理なんだと思ったが渋々了承。

 

その後1か月経過したが、まったく修理完了の気配が見えないため、再びソニーに連絡を入れた。

 

■ソニーとのやり取り

 

結局連絡が来ると言っていた月曜日には連絡がこず、火曜日に連絡が来た。

「この件は、修理ではなく、新品に交換をするということで解決しようと思うがいいか?」

と聞かれたので、「今更かよ~」と心の中で思ったが結局自分の希望通りになる話なので、「OK」ということで話が着きました。

 

あとは、購入したショップとのやり取りになるとのこと。で、連絡を入れてみると。。。

 

■購入したハービーノーマンとのやり取り

 

ハービーノーマンはソニーの了承が得られたので、新品に交換でOKとのこと。さらに言われたのは「他のテレビでもいいよ」ってことと「リファンド(お金を返してくれる)」でもいいよとのこと。ということで、3つの選択肢ができました。

 

1. 新品に交換する

2. 他のテレビにする

3. リファンドしてもらう

 

ただし、そう簡単にいかないのがオーストラリアの不便なところ。

 

新品に交換する場合は今在庫がないので後1か月くらいかかるとのこと。

 

他のテレビにする場合、まったく同じ値段のものにしないと、追加料金や余った分のリファンドがあるのでお店に来る必要があるとのこと。

 

リファンドの場合は、お店に行く必要があるとのこと。

 

今ロックダウンでメルボルンにはいきたくないし、そもそも遠いからそのために行くのもなんだかな~。。。ってことで新品を待つことにしました。

 

結局あと1か月待つ必要があります。テレビを実際に購入したのが5月末なので、解決するまで3か月かかることになりますね。ほんとどうしようもないですね。

 

■ハービーノーマンは終わったことと考えている

 

その数日後なぜがハービーノーマンから、アンケートがメールにとどきました。内容は、このトラブルは解決しましたが、ショップの対応はどうだったか?というもの。

 

「エッ?まだ新しいテレビが届いてないのに解決してないでしょ」

 

と思ったので、まだ新しいテレビが家に届いていないので、この問題は解決してないと思います。と返信をしたら、何の回答もなく無視。。。

 

ハービーノーマンといい、ソニーといい、「大手だからといって安心じゃない」というオーストラリアのセオリーがまた当てはまることになりました。

 

■結局向こうからは連絡がないと思う

 

このまま黙ってたら何も連絡はないと思うので、とりあえず7月末くらいに一度ショップに連絡を入れてみます。

 

オーストラリアは人がバカなので、任せっきりにするとすっかり忘れられて本当に自分が損をする社会。しつこいくらいに連絡をしてようやく普通にやってもらえます。

 

あんまりしつこくすると嫌われるかな~とかいう気づかいは無用。言うことをしっかり言ってとりあえず自分の身は自分で守ったほうが無難です。

【2020.7.17】

こんにちは。ガチ移住ブログのおっさんです。

 

先週からメルボルンでロックダウン中ですが、とうとう僕が住んでいる田舎街までコロナ患者が出るようになってきました。(とはいえ2人とかですが。。。)

 

ローカル新聞によると、この2人はメルボルンに仕事で通っている人だそうで、メルボルンでコロナにかかったとのこと。また、2人とも入院するということはなく、自宅で待機している状態だとのことです。

 

ちなみにメルボルンは過去最高の428人の感染。これは3月のロックダウン時よりも多い人数。ロックダウンしてない日本よりも多い数字ってなぜ???って感じですが、ロックダウンの効果が見えるのは3週間後ですからまあもう少し様子を見ましょう。

 

さて、今日は日本のGo to トラベルキャンペーンの続き。いろんな意見があってどうやらそう簡単にはいかないようですね。

 

■東京除外のキャンペーンになる

 

僕は日本に住んでいないので、テレビの影響をあまり受けない環境にいますが、どうやらこのキャンペーン、旅行業界以外には不評のようですね。

 

まあ、批判をしている人の気持ちはわかります。ウィルスは人から人へ感染するものですから出歩かなければ拡大することもありませんから。

 

ウィルス対策としてはStay Homeが基本です。

 

ましてや東京で連日数百人の新規の患者が出ている状況で、積極的に人の移動を進めるキャンペーンはどうかと。。。ということで東京が除外されたようです。

 

僕はこの決定に対してそう目くじらを立てなくてもいいんじゃないかと思います。

 

状況は日々変わりますから、やめたほうがいいってなったらやらなければいいだけですし、行けるってなったら行けばいい。

 

それはやはり一人ひとりの状況に合わせて個人で判断すればいいんじゃないかと。もちろん、手洗い、マスク、ソーシャルディスタンスを守ったうえでのことですけどね。

 

今キャンペーンに対して文句を言ってる人達に聞きたいのは、日本政府が「どこにも行ってはいけません」「県境を超えたら罰金80万、もしくは6ヵ月の懲役」ってオーストラリアみたいに言ってもらいたいんでしょうか?

 

それはそれでまた文句を言うでしょう。。。。仕事はどうすんだ。。。学校はどうすんだ。。って。

 

■どこまで人の忍耐が持つのか?

 

オーストラリアの話をしますね。

 

コロナが流行りだしてからそろそろ半年です。一旦終息しかけたオーストラリアでしたが、またメルボルンでクラスター,ビルの閉鎖,大規模なロックダウンが起こっています。

 

・レストランでの食事ができない。(テイクアウェイのみ)

・友人同士で集まれない

・自由に海外に行けない

・国内旅行にも行けない

・許された理由以外は外出できない

 

という状況があと数週間続きます。6ヵ月経ってもこんな状況です。

 

便利な世の中に慣れきっている我々現代人は、我慢ができる人たちばかりじゃない。オーストラリアの場合は手当を手厚くもらえるので、職を失った人でもごはんが食べられないということはありませんが、それでもストレスは相当溜まりますよね。

 

家を買ったばかり。。。

子供が私立の学校に行っている。。。

働き盛りの40代、50代で職を失った。。。

 

こんなに深刻じゃなくても

 

毎年海外旅行に行ってたのにいけない

せっかくスクールホリデーなのにどこにも行けない

週末なのに人を呼べない

 

普段当たり前にできていることができなくなっただけでもストレスはたまるものです。ロックダウン後に制限が少しづつ解除されていく中、人々(特に若い層)が、爆発してしまうのは、我慢に我慢を重ねたストレスから来ているものです。

 

今回メルボルンで起こった第二波が第一波よりも大きいのは、我慢の後の爆発がすごかったからじゃないか?と推測できます。

 

第三波はもっとデカかったりして。。。

 

こうなってくると、ずーっと鎖国できるわけじゃないんで、ある程度の人口の国では結局ロックダウンでのウィルスのコントロールは無理なんじゃないか?と思います。一人ウィルスを持った人が入国したら終わりですもんね。。。

 

■口に出しては言わないけど

 

日本政府はコロナを終息させようとしているのではなくて、コロナのワクチンなり薬が開発されるまで、できるだけ経済のダメージを減らそうとしています。心のどこかでこのグローバルの世の中で薬やワクチン以外でウィルスを終息できるはずがないって思ってるんじゃないでしょうかね。

 

Go to トラベルキャンペーンは、その方針からいうと理にかなっています。(ウィルスと共に活動していくっていう方針ね)

 

まあそんなこと口に出してしまっては、「ウィルス終息より経済が大事か???」と言われてしまうので言いませんが、日本政府の方針を見ると明らか経済とウィルス制御のバランスを半々で取ろうとしている。

 

割合は別にしてもバランスを取ろうとしているのは日本もオーストラリアも一緒です。どちらに重きを置くかという問題ですから。

 

【おっさんの主観】

オーストラリア ウィルス制御80% 経済20%

日本 ウィルス制御50% 経済50%

こんな感じ

 

それでも今メルボルンは東京よりひどい状態ですから。。。。さてどちらが賢いのやら。

 

■日本人特有の教育「人に迷惑をかけてはいけない」

 

人って人から「やるな」って言われると反発しますが、「あなたたちの状況で判断してください」って言われると、「人に迷惑をかけちゃいけないからやらないでおくか」って思いませんか?

 

これも政府の狙いです。

 

どこぞのユーチューバーみたいなアホな人はどこにでもいます。が、日本人の大多数は良識のある人達です。「人に迷惑をかけてはいけない」って育てられてるので、できるだけやらないようにする。

 

ただ、こうなると「自分がこんなに我慢してるのに、あいつはなんて野郎だ」っていう感情が芽生えやすいということもあります。

 

僕は人のやることは気にせず(過度にたたくことなく)に、自分のやっていること(それがたとえ我慢することであっても)誇りをもってやったらいいんじゃない?って思いますね。

 

「(誰が行こうと)俺は行かない」または「おれは安全対策を万全にして行く」って自分で判断するほうが、よっぽどかっこいい大人なのではないかなあと思います。

【2020.7.15】

 

こんにちは。

 

今日は、国によるコロナ対策の違いについて書きます。要は日本とオーストラリアの違いです。

 

オーストラリア在住の日本人という立場、しかもメルボルンは2回目のロックダウン中という状況で、国の対応をみるととても面白かったです。なにせ、コロナウィルスの広がりで苦しんでいるという状況は同じなのに真反対の対応をしているのですから。

 

■日本のGo Toキャンペーンについて

 

日本政府は Go to travel キャンペーンを予定通り実施すると発表しました。これは、日本国内の旅行に対して政府がその費用の一部を補助するというもの。

 

しかもわざわざ海の日の連休に合わせて、2020年7月22日から(~2021年春ごろまで)実施されるということ。

 

泊りだけでなく日帰り旅行も対象とのこと。

国からの補助は以下のようになります。

 

・旅行代金が35%割引(9月以降に15%の地域共通クーポンが付与)

・割引上限は1人1泊あたり2万円、日帰りは1万円。

 

いろいろと細かいルールは割愛しますが、ポイントは東京で再びコロナが蔓延してきた時期でも、国民の国内移動を国が禁止しない。

 

日本政府は日本国民に対し、移動を規制するどころか逆に推奨している。

 

これはオーストラリア国民からすると、まったく理解できない異常な政策であるといえます。あくまでもオーストラリア国民からすると、、、、です。

 

■メルボルンはロックダウン。延長もあり

 

メルボルンは、先週から6週間のロックダウンに入りましたが、ロックダウンに入ってからもずーっと連日200人以上の新規コロナ患者が出ています。

 

州境も閉鎖、ビクトリア州の人は今オーストラリア国内のどの州にも行けない状況です。この政策は、人から人へ感染するウィルスを人の流れを止めることで、制圧しようとする対策です。

 

今のところ、6週間を延長するかどうかはわかりませんが、先回のロックダウン時には、ロックダウン後3週間程度は全然新規患者数が減らないという状態だったので、まだ判断はできないところでしょう。

 

■社会と国民性が全く違う

 

オーストラリア社会は良くも悪くも白黒をはっきりさせる社会です。曖昧なことは大嫌い。ルールを決めたらそれに従う。例外は認めない。

 

とても分かりやすいですよね。

 

世界各国からの移民で成り立っているオーストラリアは、そうでもしないと価値観が異なる国民を統率できないのです。

 

僕も社内で何か問題が起こった際、オージーと議論をすることがよくあります。日本人である僕は、どうにかバランスを取ろうと2つの異なる意見の妥協点を見出そうとするのですが、オージーはこれはダメ、これは良いの2択しかないことがよくあります。

 

知恵を使ってうまくバランスをとる=なぜ悪いほうにバランスしなければいけないの?

 

という感情ですね。こっちのほうが良いんだからよいほうだけでいいじゃない。というのがオージーの感覚。

 

結果として、オーストラリアの会社ですから、オージーの言う通りに結論がいく場合が多いです(強引ですから、、、ね)。そして後から見直すとそう言った白黒はっきりさせた結論が良かったということも少なからずあります。

 

日本はどうでしょう?

 

やはり僕がそう考えてしまうように、どこかで良いほうも悪いほうもバランスを取ろうとするのではないでしょうか?

 

■日本のGo Toキャンペーンは世界には理解できないが。。。。

 

こうした日本の「不要不急の外出は控えるように」と言いながら「旅行にはどんどん行きなさい」という反対の政策を知恵を使って何とかやろうとする日本って器用だなあと思います。

 

要は自分で状況や現状を踏まえて行動しなさいね。そのためのサポートはしますよ。

 

ってことですから、世界がロックダウンしている中、なんと自由度の高い政策でしょう。

 

オーストラリアでは当然この政策は通用しません。なぜならどうしたらいいの?って本当に困惑してしまう国民性だから(オーストラリアがダメとは言ってないです。そんな器用さがないんです)

 

でも、日本ならどうかな?ソーシャルディスタンスを守りつつ、手洗いを頻繁にしつつ、家族旅行を1日2日楽しむ。。。

 

長期目線で、経済を回しながらコロナ対策を行おうとしている日本だからこそできる政策だと思います。

 

こんな時期に旅行に行くなんてとんでもないという人はいかなければいいだけですし。よく考えたら通勤はしてるけど旅行はダメっていうのも意味が分かりませんよね。(通勤のほうがよっぽど3蜜という事実。。。)

 

いずれにしても、ソーシャルディスタンシング、手洗い、マスクは世界共通の対策ですからこれらは守りつつ、日本もオーストラリアもそれぞれの政策でうまくこの難局を乗り越えていけることを祈っています。

 

■何も世界標準に合わせる必要はない

 

文化や背景が異なれば、やり方も違う。

 

よく、こんな政策日本でしかやってないですよ~っていう言葉を聞きますが、それが日本にあっているのであれば良いのではないでしょうか。(良い意味でユニークな国)

 

コロナに対する政策を言えば、”世界標準”なんていまだにないです(手洗いとかソーシャルディスタンスとかはありますが)。政治的には何せ初めてのことでどうしたらよいか分からず、各国試行錯誤しているんですから。

 

いつコロナが終息するのかわかりませんが、

「はやく自由に世界を行き来できるようになりたい」

 

これだけは人類共通の願い。

 

その願いに向けて人類が、各国が知恵を絞ってやっていければいいと思います。そしてその試行錯誤が次につなげていけるよう我々大人たちが頑張れば良いかと思います。

【2020.7.7】

 

こんにちは、おっさんです。。。「は~。。。(ためいき)」

 

■VIC州とNSW州の州境が閉鎖

 

ビクトリア州でのコロナ感染拡大が止まりません。とうとう1日の新規感染者が100人を超えました。

 

これを受けて、VIC州とNSW州の州境が今日の夜から閉鎖。行き来ができなくなります。もしこれを破ったら罰金11000ドルか6ヵ月の懲役。はい、犯罪者になります。

 

日本に例えると、東京に住んでる人は東京から出たら罰金80万円、もしくは6ヵ月の懲役という感じ。もちろん国土の広さとか人口密度なども関係しますので一概には比べられないですけどね。。

 

つい1週間ほど前まで、国内はほぼ問題なしと思っていたのにどんでん返しの急拡大。本当に厄介なウィルスです。

 

■メルボルンの生活保護者が住んでいるビルが閉鎖

 

メルボルンのシティ近くにある生活保護者が住んでいるビルがコロナ感染者のホットスポットとなっていることから閉鎖されました。

 

少なくとも5日間はここの住民はビルの外に出られません。僕はテレビで見たのですが、警察がビルを取り囲むように配置されていて、物々しい雰囲気。

 

そんな警察の合間を縫って無理やり出ていこうとする輩も登場。「そんな元気があるなら普段から働けよ」と言いたいですが、まあそういう感じで常識が通じない場所だからこそ警察が配置されているのでしょう。

 

日本に例えるなら、マンションで、そこに住んでいる住人は明日から5日間外に出るなという命令が日本政府からあり、警察がビルの周りを取り囲むという感じでしょうか。

 

日本だったらあり得ないですが、ここはオーストラリアなのであり得るということでしょう。まさに「日本の常識は世界に通じず」です。

 

■東京も一緒みたいですね。

 

日本も新宿とか池袋近辺でコロナの拡大が起こってますね。日本の場合、政治家が新宿とか池袋という名前を出しただけでそこの店の人が文句を言うというなんともほのぼのとした雰囲気。

 

強制的に5日間住んでいるビルから出るなと言われるオーストラリアとはえらい違いです。まあオーストラリアの場合、そうでもしないと誰も守らないということでそうしているのでしょうけれどね。

 

日本はそれでも一定の効果を出しているのだからそれはそれですごいです。

 

■今後は世界のあちこちで同様の問題が起こる

 

まあでも東京にしろ、メルボルンにしろ、一旦緩んだ後の引き締めはかなり大変です。

 

新規ウィルスの恐怖(1月~2月)

我慢1(3~5月)

開放(6月)

我慢2(7月、今ココ)

 

恐怖の後の我慢1はまだみんな協力する。でも一旦開放された後の我慢は、その前の我慢も重なって結構精神的にきついです。先日ロンドンのパブがオープンしたというニュースをやってましたが、おそらくすぐメルボルンのような状態(第二波がやってくる)になるでしょうね。

 

で、そうなったときに今度は国全体でロックダウンするほどの財力が国に残ってなかったりすると、部分的閉鎖で乗り切ろうとする。

 

だからニュージーランドのように、やるなら短期間で一気にやって劇的な効果を得るか、日本のように財力をある程度残しながらだらだらやっていくかの2択。

 

オーストラリアはニュージーのようなやり方を選んだのですから、今回のロックダウンも短期集中型で行くでしょう。僕はオーストラリアがロックダウンで劇的な効果を発揮したときに、このやり方が正しいと思っていましたが、最近このウィルス対策についてはもっと長期目線で見たほうが良いという気がしてきました。

 

オーストラリアのやり方が正しいのかどうかはあと数年はわからないでしょう。その時には現在の政治家は誰も残ってないという。

 

なんとも”あれ”な感じですですね。。。

 

■自分でできることをやるしかない

 

結局自分たちにできることは、「その状況下でできることをやっておく」。

 

それしかないです。状況はその人の経済状況、背景、家族構成、住んでる場所によって違いますからそれぞれが考えてやればいいでしょう。

 

自分ではどうしようもないことはとりあえず置いといて、来るべき時が来た時に備えてリサーチして行動しておくしかない。仕事にしても私生活にしても。

 

僕自身は今そんな感じで動いています。