月別:2020年03月
ホームPage 1 / 41234

【2020.3.30】

 

数週間前からの厳しい制限の成果もあり、オーストラリアの新規コロナ患者数が少しだけ緩やかになってきました。とはいえ4000人を突破しました。オーストラリアは本日からステージ3になり、ますます制限が厳しくなっています。

 

さて、現在オーストラリアの航空会社、カンタスとジェットスターは全ての国際線を取りやめており、先日まで5月31までのフライトに対して無料でキャンセル、クレジットバウチャーをもらえるという対応をしていましたが、本日よりその期間が伸びました。

 

ジェットスターウェブサイトより

↓↓↓

 

伸びた期間はなんと2か月。

 

つまり、これはジェットスターとカンタスが、7月31日まで国際線をストップさせるということを意味しています。

 

今日が3月30日ですからあと最低4か月は続くってことでしょうね。まあ、オーストラリアが良くてもヨーロッパをはじめ世界の国々がどうしようもないですから、これはしょうがないですね。

 

この流れは航空会社だけでなく、ホテルも引き継いでいます。大手ホテルグループのヒルトンホテルは、先日まで4月30までの予約の分をキャンセル可にしていましたが、それを6月30までに延ばしました。

 

→ヒルトンのホームページより

 

航空・旅行業界は大打撃ですね。

 

オーストラリアは今日から簡単に外出することもできません。田舎に住んでいるせいもあり、実生活でコロナ自体の脅威を感じることはあまりないのですが、外出に制限がかかっているため、かなり窮屈な生活になってきました。

 

正直2月くらいまで、ここまでコロナの影響を受けるとは思ってもいませんでしたし、5月くらいまでには終息するだろうと思っていました。

 

ところが実際は、イタリア、スペイン、イギリス、イランが医療崩壊、アメリカも医療崩壊の危機に瀕しており、世界の各国が鎖国状態に入っています。自分自身かなり見通しが甘かったです。

 

せめてオーストラリアで医療崩壊が起こらないよう、自分でできることをやっていくしかないですね。

 

コロナ関連最新ニュースですが、ビクトリア州は、ステージ3に入りました。これにより2人までの集まりは認められますが、それ3人以上は規則違反となります。

 

また、医療機関、仕事、運動、生活に必要な買い物以外の外出は認められなくなりました。違反した人は罰金です。しかも1652ドルという高額。。。相変わらず容赦なしですね。

 

さて、、、

 

日本同様、オーストラリアでもひとたびパニックが起こるとガセネタがあります。そんな時に役に立つのが政府の公式情報。

 

オーストラリアのHealth departmentはこの度、コロナ専用アプリを出しました。これによってスマホから簡単に政府の最新情報が得られます。

 

僕はとりあえず入れときました。豪州に住んでいる人で最新情報が必要な方はこの際入れておきましょう。

 

※悲報

志村けんさんがコロナによりなくなってしまいました。ショックです。。。ご冥福をお祈りいたします。

【2020.3.28】

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

■現在のオーストラリアの状況

 

オーストラリアは日々コロナ患者が増えている状況で現在3000人を突破しました(死者数は13人)。このブログにも書いている通り、過去2週間でできることがかなり限られてきています。

 

オーストラリア政府はまだコロナ患者の人数が200人程度のころからどんどん規制をかけていきました。正直、まだそんなことする必要はないんじゃないの?と思いましたが、患者数は3日ごとに倍倍に増えていきあっという間に3000人を突破。

 

■僕から見ると日本の状況はこんな感じ

 

僕は日本のネットニュースをよく見ますが、世界中が外出規制をかけている中、花見に出かける人々のニュースを見ました。

 

「えっ??マジか??」

 

正直僕の最初の感想はこれです。日本はもうコロナを制圧したのだろうか?いやそんなことないよな、感染者数も日々増えてるし、小池さんも不要不急の外出自粛って言ってるし。。。(あのですね。ここで不要不急の定義は何ですか??とか言ってくる、く●なア●マスコミがいるから政治がバ●になるんですよね。自分の頭で考えましょうよ。)

 

違和感をめちゃめちゃ感じまくりです。まあもちろん、そういう一部の写真を切り取って載せているせいもありますが、今花見に出かけるのはいくら何でも油断しすぎなのではないかな??と思いました。

 

確かに今までは、感染者数・死者数の両面において世界の先進国の中では優秀すぎる数字を残しています。しかしながらこれから本格的に検査を始めると日本の人口密度とか規制の緩さ、今までの政治的な対応の遅さを考えると、多数の日本人の優秀さをもってしてもかなりの勢いで患者数が増えるのではないか?と危惧しています。

 

今週末に東京をはじめ大阪や各県なども不要不急の外出の自粛を求めているそうですが、ここで本格的に自粛できるかできないかで今後がかなり変わってきますよ。

 

もちろん大多数の日本人は、危機感をもって行動していると思います。特にある程度の規模の会社に勤めている人は、今回のコロナ対策で特別な独自ルールを作って社員をしっかり管理していますよね。

 

これまで医療崩壊をせずにこれたのは、そういった大多数の真面目な日本人の努力があったからこそです。そういったせっかくの努力をここで花見で不意にするのは非常に残念です。

 

【結論】

花見は今年我慢して来年思いっきり楽しみましょう。

 

■自分は若いからコロナにかかっても助かる→自粛する必要なし

って思っている頭の悪い若者へ

 

いまだに「自分は若いしコロナにかかっても助かるから大丈夫、だから自粛する必要なし」って言ってる頭の悪い若者がいますが、これ完全に勘違いです。

 

コロナって怖いのは人から人へどんどん感染します。患者数がどんどん増えるとしましょう。

 

入院が必要なコロナの患者数 > 隔離設備のある病院のベッド数

 

ってなったら、入院が必要なのに入院できない患者が出てきます。もっというと、

 

人工呼吸器が必要なコロナの患者数 > 人工呼吸器の数

 

ってなったら、医療関係者がどの患者を助け、どの患者を見捨てるか選ばなければいけません。このように医療のキャパを超える患者数になることを医療崩壊といいます。

 

これが実際に起こっているのがイタリア、スペインです。米国もそうなりつつあります。ほんと、現場は地獄だと思いますよ。

 

当然そうこうしている間に回復する患者もいますから、

 

回復者>新規患者

 

になれば問題ありません。新規患者数の数をできるだけ少なくし、カーブを緩やかにするのは患者に必要な治療を施すという当たり前のことをできるようにするためです。

 

要はですね、自粛するのは自分がかからないためではなく、医療崩壊を防ぐためです。

(こんなようなこと、前にも書いた気がしますが)

 

■海外に行っちゃったり海外帰りで人に会ってしまう自己中の人へ

 

こういう時に、海外にあえて行ってしまう痛い人もたくさんいるようですね。中には海外から帰ってこれなくなっちゃった人もたくさんいるとか。。。

 

運よく日本に帰ってきても、俺はコロナにかかっても大丈夫。海外帰りの俺に会いたくない人は神経質すぎるんじゃないか?と勘違いしてしまう自己中のひともいるようですね。

 

こういう人たちの考えを突き詰めると、「免疫力が低い人に気を使わなくてもいい」ってことになっちゃいます。今海外帰りの人にすぐに会いたくないっていうのは至極まっとうな感情で、別に神経質でもなんでもないです。気にせず会う方がおかしい。

 

こういう痛い人と上で話した若者に共通する考え方は、「自分のことしか考えてない」ってこと。「おれは免疫高いから大丈夫」とかね。ふつうの病気の場合はそうかもしれないけど、感染症であるコロナはそうじゃないところに怖さがあるんですよ。

 

そんな簡単な病気ならこんな世界中大騒ぎしないですよね。数か月も飛行機が飛ばないことにならないですよ。頭の中がお花畑の人はそろそろ気が付いたほうがいいと思います。

 

僕は基本、日本大好き、日本人は世界一優秀な民族だと思っていますが、時々優秀なのかバカなのかよくわかないこともありますね。

 

というおっさんの嘆きでした。。。

【2020年3月26日】

 

■ワーホリでオーストラリアに来ている方へ

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今世界の国々は、例のウィルスのせいで特殊な状況下にあります。オーストラリアも例外ではなく、昨日できていたことが今日できないという日々がここ2週間くらい毎日続いています。

 

ワーホリで来ている方もたくさんいますよね。中には今年に入ってからワーホリでオーストラリアに来たという方もいることと思います。

 

ワクワク・ドキドキしながら初めて海外に出たという方も、最初は緊張していたけど最近生活に慣れてきて、これから海外生活を楽しむぞ~と気合が入っている方もいることでしょう。

 

僕もワーホリ経験者なので気持ちは痛いほどわかりますが、ここは一旦日本に帰った方が良いと思います。

 

特にこんな方はすごくリスキーです。

・お金があまりない

・海外旅行保険に入ってない

・来たばかりで頼れる知り合いがいない

 

メルボルン領事館のワーホリの方へのメッセージ読みました?

→読んでない方はコチラ

 

いま世界中でどんどん飛行機が運休になってきていますから、今大丈夫の飛行機でも今後どうなるかは一切わかりませんし、保証なんてそれこそありません。

 

■今日本に変える手段はコレだけ

 

2020年3月26日現在、オーストラリアから日本への飛行機のほぼ全てが運休されていますが(もしくはあと数日で運休に入る)、唯一シドニー→羽田間の全日空だけは週に7日(つまり毎日)、4月以降も飛ぶ予定です。→全日空のプレスリリースはコチラ

 

おそらくこれは、オーストラリアから日本に帰る人、そして日本からオーストラリアに帰る人のための民間飛行機としてわざと残しているものと思われますが、この状況がいつまで続くかわかりません。

 

これが止まったらそう簡単には帰れません。帰ろうかどうしようか??迷っている人は今すぐ決断して日本に帰る準備を整えたほうが良いかと思います。

 

ほんと、こればかりは誰が悪いわけでもなく(中●か)、単に運が悪かっただけ。特殊な状況ですからくれぐれも安全最優先で行動することを心がけてください。

 

オーストラリアは逃げはしません。安全確認ができ次第また思いっきり楽しみに帰ってきてください。

ホームPage 1 / 41234