カテゴリー:生活について

オーストラリアでの実生活について書いています。

【2021.6.3】

 

こんにちは。

 

ロックダウンの状況ですが、メルボルンは引き続き7日間の延長、リージョナルビクトリア(郊外地域、要するに田舎)に関しては、新規感染者が今日出ない事を前提に、明日からロックダウンが解除となります。

 

僕が住んでいる地域はリージョナルビクトリアに入りますので、うまくいけば明日からロックダウンが解除となります。どうかリージョナルで新規感染者が出ませんように。。。

 

■海外在住者の自動車免許の更新について

 

さて、ここからが本題。

 

先日、日本にいる妻の妹から自動車免許の更新手続きレターが来たよとの連絡があり、「どうしたらいいのか?」分からず調べてみることに。

 

というのも、僕は日本に帰った時に必ず車の運転をするので、2006年にオーストラリアに移住して以降ずーっと日本の自動車免許を更新してきました。

 

今までは、年に2~3回日本に帰国していたので、タイミングをうまく合わせて更新してきたわけですが(当然毎回ゴールド)、今年の更新期限(来月)までには帰国できそうにありません。

 

■通常の免許更新手続きの場合

 

参考サイト:警視庁

https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/living_abroad.html

 

お役所らしいすごくややこしい書き方ですが、シンプルに書くとこうなります。

 

海外在住者が日本の免許更新を問題なく行える条件は基本は以下の2つで、

1. 誕生日を挟んだ前後1か月なら問題なく更新できる

2. 1の期間に日本にいない場合は1か月以上前でも更新できる。

ということになります。

 

僕の場合は上には当てはまらないので、以下のようになります。

 

■通常の免許更新手続きができなくなってしまった場合

 

もし更新期限を過ぎてしまった場合は、過ぎてしまった期間により変わります。

 

・過ぎてしまった期間が6ヵ月未満の場合

まず、6ヵ月未満の場合でも免許失効になります。ただし、再度免許を取得する場合、「技能試験及び学科試験が免除」されます。技能と学科が免除になるなら何をするのか?ということですが、特定失効者に対する講習を受けることになります。

 

この場合の必要書類は

申請書

旧免許証

申請用写真1枚

パスポート(日本入国時にスタンプを押してもらう事)

住所がわかる本人宛郵便物(海外に住んでいた証拠です)

手数料

 

・過ぎてしまった期間が6ヵ月以上、3年未満の場合は?

 

やむを得ない事情があった場合に限り、6ヵ月を過ぎても帰国後1か月以内に免許更新手続きを行う事で、6ヵ月未満の場合と同じ条件になります。必要書類も一緒です。

 

つまり、必要書類をそろえれば、講習を受けることで更新ができると。ただし、最初の帰国時に免許の更新をしないと、手続きがさらにめんどくさくなる可能性があるとも書かれています。

 

例えば来年コロナ後に、会社の出張で日本に帰国したとします。その場合でも日本に帰国したという記録が残りますから、この時(コロナ後最初に帰国したとき)に免許更新をしないと後でプライベートで帰国したときにやろうと思っても手続きがめんどくさくなります。

 

要はなぜ最初に帰国したときに免許更新ができなかったの?という質問に対し、これこれこういう理由で。。。と答え、その証拠となるものを見せることができればいいのだと思いますが、まあめんどくさいですよね。相手はお役所ですし。

 

・3年以上過ぎた場合は?

 

試験の一部免除は認められません。つまり学科も技能も受けろと。。これは何としても避けたいです。

 

とまあ、今のところコロナの特例はなさそうですが、コロナで帰国できないことがやむを得ない事情に当てはまるのなら、どうにかなりそうですね。

 

■そもそもオーストラリアの運転免許でも運転できる?

 

色々調べていくうちにもしかしたらオーストラリアの運転免許でも日本で運転できるのでは?と思いこちらも調べてみました。

 

参考サイト:警視庁

https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/have_DL_issed_another_country.html

 

こちらのサイトによると、オーストラリアの運転免許証では日本で運転はできませんでした(残念~)。ジュネーブ条約に基づく国際免許を持っていれば大丈夫なのですが、オーストラリアでいちいち国際免許証を発行してから帰国するのもめんどくさいので、僕はとりあえず日本の免許証の更新を目指します。

 

なんだかんだいいつつ僕は日本の免許センターの「無駄だらけのThe 日本のお役所的な手続き」を楽しんでいます。(あっち行ってください。。次は●●番に行ってください。。収入印紙買ってください。。交通安全協会に入りますか??「いえ、入りません」。。。みたいな)。

 

また、免許センター近くのタバコのにおいがプンプンしている昔ながらの喫茶店で、ランチを食べるのもなんか楽しいですし。

 

ということで、コロナによるやむを得ない事情の場合、更新日を過ぎても何とか更新できそうという事がわかりました。

【2021.5.31】

 

おはようございます。

 

先週の金曜日からビクトリア州全体がロックダウン中。1日に数人ずつ新規のコロナ患者が増えてきて、現在40人強のアクティブなコロナ患者がいます。

 

 

そのロックダウンが始まると同時にコロナワクチンの受けられる資格が50代以上から40代以上に下がったので、ギリ40代の僕(おっさん)も受けられることに。

 

友人の医者からは、「まだ受けないほうが良い」と軽くアドバイスを受けつつも、これ受けないと日本に行けないしなあという葛藤があり、、、また会社にいる同僚の何人かもすでに受けたという事も僕の背中を押し、、、受けてみることにしました。

 

■まずは予約を

 

僕が住んでいる田舎街はファイザーのワクチンを受けられる場所が1か所しかありません。(現状50歳以上はアストラゼネカ、50歳未満はファイザーを受けることになっています)

 

現在のルールだと、アストラゼネカ製のワクチンを受ける場合は予約が不要、ファイザーのワクチンを受ける場合は予約が必要です。また、過去2週間以内にインフルエンザの予防接種を受けた人は、2週間以上になるまで待たなければいけません。

 

僕の場合、1か月以上前にインフルエンザの予防接種を受けたので、予約が可能でした。

 

まずは、電話で予約をします。あ、電話をするときはメディケアカードを忘れずに。メディケアカードを持っていると、予約が何かとスムーズです。

 

1800-675-398

いくつかオプションがあるので1.1.1とすべて1を選択してください。

 

と、予約をしようとしたのですが、多くの人が予約をしているらしく電話がつながらない。はじめは、あとでトライしてくださいとのアナウンスと共に電話が勝手に切れてしまっていましたが、9回目にしてようやくお待ちくださいのアナウンスが。。。

 

すぐにつながるかと思いきや、そんなわけもなく、、、30分くらい待ってようやくオペレーターにつながりました。

 

■今予約しても1か月半後

 

はじめ日付を言われたとき「えっ??」と思いましたね。なぜなら先週予約して接種した同僚は予約した日にすぐに接種できたので。。。

 

それが1週間後に予約した結果、1か月半かかるって何??

 

要するに今回のビクトリアのロックダウンで今までためらっていた多くの人が一気に予約をした結果、ここ1か月半の予約が一気に埋まってしまったと。。。

 

ということで、実際にファイザーのワクチンを受けるまでまだしばらくかかりますが、まあ過ぎてしまえばあっという間でしょう。

 

副作用があるのかないのか?どんな感じなのか?はあとのお楽しみです。

 

【2021.6.1追記】

 

昨日予約をした妻の知り合いで、僕よりも遅い時間帯に予約をしたのに僕より早く予約ができる人がいました。ここ1か月の予約が埋まったわけではないの??

 

おそらく担当者が持っている予約枠というのがあって僕が話した担当者の予約枠がたまたま1か月以上先のものを持っていた。。。という事なのでしょう。

 

まあふざけた話ですが、どうしても今打ちたいというわけではないですし、予約は確定しているのでよしとしましょう。

【2021.2.15】

 

オーストラリアンオープンの真っ最中、先週の金曜日(2月12日)から5日間のスナップロックダウンに入りました。(スナップ=突然の)

 

今回のはステージ4のロックダウン(ロックダウンの中でも最高クラス)がビクトリア全体に対してかかっているため、田舎に住んでいる僕も影響を受けています。

 

しかしなぜリージョナルビクトリア(ビクトリアの地方地域=要するにメルボルン近辺ではない)までそうなってしまうのか?そこは未だにわかりません。

 

Greater Melbourne(メルボルンとその周辺)はステージ4で、リージョナル(田舎)はステージ3くらいがちょうどよかったのではないかなあといまだに思います。

 

子供たちが通っている学校も今週の水曜日までは休みで、街にはほとんど人は歩いていません。子供たちは学校が休みなので喜んでいますが、週末のいろんな予定がぶっ飛んでしまい、こっちは本当に困っています。

 

僕の仕事はエッセンシャルなので、止まることはありません。(幸か不幸か)

 

ロックダウンしてから今のところ一日数人の新規コロナ患者がいますが、心配されていたクラスターは起こっていないようです。

 

このまま何事もなく5日間がすぎ、元の生活に戻れることを期待します。

こんにちは。

 

早いもので2021年も2月になりました。もうそろそろ待望の全豪オープンが始まります。

 

昨日は、前哨戦であるATPカップで西岡選手、錦織選手、ダブルスすべて敗退し、日本チームは敗退が決定しました。個人的には久しぶりの錦織選手に期待をしていたのですが、相手は乗りに乗っているメドベーデフですから、まあしょうがないっちゃしょうがないですね。

 

本番の全豪オープンに期待しましょう。

 

■コロナ陽性者で2月4日の全試合が中止に

 

オーストラリアのコロナ政策は相変わらず厳しいですね。西オーストラリアのパースが数人の新型コロナ確認で2月1日からロックダウン。

 

メルボルンも多くのテニス選手や関係者が泊っているホテルで、従業員の陽性が発覚したことで、4日に行われるはずだったテニス大会がすべて中止になりました。

 

いくら予定をしていてもまずはコロナの撲滅が第一と考える軸はぶらさないのがオーストラリア。国際大会だろうと知ったことじゃないんですね。

 

全豪オープン開催中にこんなことが起こったらどうなるんでしょうね。開催中に突然「明日は中止」とかになるかもしれないですね。

 

まあそうならないようにあえて今は前哨戦だから厳しくしているのかもしれませんが。。

 

■考え方の違い

 

僕は日本人特有の「他人に迷惑をかけちゃいけない」という考え方が体に染みついているからなのか、「大会を中止にしたら、どれだけ迷惑をかけてしまうんだろう(自分が犠牲になってもなんとかやる方法はないだろうか?)」とまず考えてしまうので、昨日の今日で決断をするオーストラリアの判断には驚きです。

 

半面これだけ厳しい国にいると、確かに生活をしていくうえで安心感はあります。当たり前ですが、誰に何と言われようと安心して生活できる方を優先するのはすごく大切ですよね。

 

■さて、オリンピックは?

 

できないんじゃないかな。せめて来年であればまだ可能性はあったんでしょうけれど、あと半年足らずで世界中から人が日本に来ることを考えると、まあ無理じゃないかなあと思います。

 

やったとしても

選手のワクチン接種は義務

無観客

選手以外の外国人は2週間ホテルで隔離(ワクチン証明書を持っている人は除く)

 

くらいやらないと、変異型がバンバン入ってきてそれこそとんでもないことになりそうです。それでももし、コロナの外国人が入ってきて日本の病院のベッドを使ってしまう事になると日本人が入院できなくなってしまうし。。。。

 

非常に残念ですが、ワクチンが全世界に普及するのが今年中は無理なので、日本国民の命と生活を優先に考えるとやらないほうがいいかもしれないですね。

 

■オーストラリアでもワクチンの接種が開始される

 

オーストラリアでもワクチンの接種が2021年2月末から開始されます。まずは医療関係者、そして高齢者、あとは(僕のような)その他の人達。

 

オーストラリアは人口が2600万人ていどしかいないので、僕までワクチンがまわってくるのにそれほど時間がかかるとは思いませんが、それでも半年以上待ちでしょうね。

 

とりあえず今年の冬前にまたインフルエンザの予防接種だけは受けといて、冬を乗り越えようかと思います。(関係ないかもしれないけど気持ち的に少しでも安心するため)

 

来年の今頃は、「もう安心」ってなってることを祈りつつ、日々を過ごしていきます。