カテゴリー:生活について

オーストラリアでの実生活について書いています。

引っ越しをするときにそれまで14年間使っていたテレビを売ってしまったので、ここ1か月ほど家にテレビがない生活をしていました。

 

今はネットの時代なので、スリングボックスで日本のテレビを見たり、youtubeをパソコンやIpadで見たりしてたのですが、やっぱりテレビがないと寂しいですしでかい画面がほしい。

 

ついでに冷蔵庫。これも14年間使っていましたし、そろそろ更新してもいいころかな~と思い、こちらもついでに買いたい。

 

さらにシアタールームを作ったので、リビングのほかにもう一台テレビが欲しい。

 

とりあえずどのくらいの値段がするのか?

どんなタイプのものがあるのか?

 

をリサーチするために住んでいる田舎街の電気屋(某ハー●ーノーマン)に行きました。

 

■まったく値引きされず

 

僕が住んでいる街は田舎街なので、電機屋といえば某ハー●ーノーマンか、某Good ●uys、あとは某JB H●fiくらいですかね。

 

で、欲しかった某So●yのテレビは、某ハー●ーノーマンでしか売ってないという選択肢の無さ。それで仕方なくいったのですが。。。

 

「75インチと65インチのSonyのテレビ、三菱の冷蔵庫を買いたいんだけど、いくらかな?」

 

全部で「●●●●ドルになります」

 

「3つ買ったら値引きは可能かな」

 

「いやーSo●yは値引きしないんですよ。今ショップに飾ってあるディスプレーのものでも100ドル引きが限度です」

 

「デリバリーはどうなの?」

 

「90ドルです。これはトラックドライバーに払うので値引きはできません」

 

という感じで、選択肢がないうえにまったく値引きされませんでした。その時はやっぱオーストラリアだからしょうがないかな。。。こんな経験何度もしてるし。。。くらいに思っていました。

 

■メルボルンに行ったらどうなる?

 

メルボルンには電気屋さんに行ったわけではなく、たまたま他の買い物で行ったのですが、同じ建物の中にハービーノーマン(めんどくさいので実名出します。。)があったので、それとなしに店員さんに聞いてみました。

 

セールスの人も僕が住んでいる田舎街とは違い、結構”ガツガツ系”の感じでかつフレンドリーに商品を勧めてきます。そして、

 

「値引きも可能ですよ~」

 

と。

 

もちろん、同じショップですし、、、ここはオーストラリアですし、、、それほど僕も期待をしていませんでした。(100ドルくらいでしょ。知ってる知ってる。。。ってな感じで)

 

ですから一旦は帰ろうとしたのですが、とりあえず値引き額だけでも聞いとこうかな、、、今後のために、、、と考え直し、また戻って値段を聞いてみることに。

 

当然、メルボルンですからここからのデリバリー代も高いですし、買うつもりはありませんでした。ですが実際に値段を聞いてびっくりしました。

 

同じショップなのに、そもそも店頭販売価格がちがってて(もちろんメルのほうが安い)そこから各商品につき数百ドルづつ引かれ、デリバリーを加味しても僕の街で買うよりも1200ドル程度のディスカウントとなりました。

 

さらに、壁掛け用のブラケット2個、サージコントロールのパワープラグも20%ほどのディスカウントとなり結局1500ドル程度安くなった計算に。。。今回は10000ドル以上の買い物ですから15%くらいOFFだった計算。細かい商品も含め、そこで買った商品すべてにディスカウントが適用されたのはマジでよかったですね。

 

驚きなのは、同じハービーノーマンですよ。場所が違うとそれほどの違いがあるとはねえ。

 

セールスの人もモバイルの番号が手書きで書いてある名刺を渡してきて、何かあったら連絡してください。。とオーストラリアにしては行き届いたサービスでした。

 

おかげで口座はすっからかんになりましたが、それでも少しでも安く買えてよかったですね。でかい買い物はメルボルンで。。。。という新しいセオリーを感じた経験でした。

【2020.5.21】

こんにちは。

 

最近ビクトリア州はめっきり寒くなってきました。ただ、そんな中でもたまに暖かい日があります。

 

ちょうど先週末もぽかぽか陽気だったので、日曜日に引っ越したばかりの近所散策をしてきました。

 

以前は住宅地のど真ん中に住んでいたのですが、引っ越し後は自然が近くにある住宅地に住んでいるので、数分歩くとこんな風景になります。

 

 

こんなウォーキングトラックが数キロにわたってあります。道沿いにはCreekがあったりカンガルーがいたりします。この日もカンガルーを探しに行ったのですが、あいにく見れませんでした。

 

ですが、以前家のすぐそばで2匹のカンガルーがピョンピョン飛んでいたときはちょっと感動しましたね。。。

 

 

こんなでっかい木もあります。珍しく洞がある木があったので、写真を撮りました。

 

 

馬を飼っている家もあります。すぐ向こう側は住宅地になっています。

 

田舎生活は不便なことも多いですが(特に買い物)、自然がたくさんの場所で生活できるのは何ともいい感じです。

 

ビクトリアの田舎に行ったことがある人は、懐かしい感じがするのではないでしょうか。これからも新しい発見があったらどんどんアップしていきますね。

【2020.5.20】

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今日、ちょっと驚きのニュースが入ってきたので、記録しておこうと思いました。それは、「タイ航空が経営破綻」というニュース。

 

オーストラリアでも先日ヴァージン航空が経営再建に入りましたが、タイ航空は政府系の航空会社でオーストラリアでいえばカンタスが破綻するようなもの。インパクトが違います。

 

僕も日本帰国の際、個人的にタイ航空は何度も利用したことがあっただけに悲しいニュースです。

 

ただ、政府系というのもあり、経営破綻=即運航停止ではなく、運航を継続しながらリストラなどの更生計画を実施していくそうです。

 

■オーストラリアの財政は大丈夫か?

 

オーストラリアは、厳しいロックダウンでコロナを制圧しています。そこは評価できます。今後はこれからどう経済を回復させていくかが問題です。

 

オーストラリア政府は、数々の経済支援策を発表しました。今それが実施されている段階ですから、どんどんお金が無くなってきていると思います。

 

最近、制限を解除してきているのも、コロナが制圧できているということもありますが、それ以上に財政が持たないという理由もありそうな気がしています。早急な経済回復策を期待しています。

 

■日本はなぜかそんなに窮地に陥っていない

 

正直僕は日本のぬるいコロナ対策は、日本を欧米のようにしてしまうのではないか?と思っていました。ですが実際は厳しいロックダウンもせず、自粛要請しかしなかったのに、死者も新規患者も欧米ほど増えてない。

 

BCGが効いているとか、根本的な衛生基準が他の国とは違うとか、いろんな説がありますが、実際問題、非常事態宣言をして各都道府県が自粛に入ってから2週間ほどで劇的な効果を得ました。

 

そして、今は経済回復に進んでいるという。。。ね。(信じられないほどの強さ)

 

おそらく日本はこのままいくとダメージも少なく、世界で最も早い段階で経済回復しそうですね。(日本人としては誇らしいです)はやいとこ日本とオーストラリアの国交が正常化すればいいなあ、と願っている今日この頃です。

【2020.5.8】

 

昨日、経済活動を再開すべきとの記事を書きましたが、タイミングよく本日オーストラリア政府がコロナ規制緩和のロードマップを発表しました。

 

規制緩和はステップ1~3まであり、7月までには完了する予定との事。ということは、オーストラリア国内の経済活動は7月には完全再開するという事です。

 

ロードマップは以下となります。

■ステップ1について

・5人までのお客さんを家に呼べる

・仕事やパブリックには10人まで集まれる

・レストランやカフェ、ショッピングセンターがオープンできる

・図書館、コミュニティセンターがオープン

・ローカルや地方への旅行ができるようになる

 

■ステップ2について

・20人まで家や仕事、パブリックで集まれる

・ジム、美容セラピー、映画館、劇場、遊園地、ギャラリー、美術館、の再開

・他の州へ旅行が可能

・必要に応じて引き続き在宅勤務を奨励。

 

■ステップ3について

・100人まで集まれる

・みんな職場に戻れる

・タスマニアを含むすべての州間で旅行が可能になる

・フードコートの再開

 

まだビクトリア州は具体的にどうなるのか発表されていませんが、来週には具体的な発表がある模様です。(サウスオーストラリア州は既に発表されています)

 

■「うれしい」の一言

「そろそろいいんじゃないか」と誰もが思っている時のこの発表はかなりうれしいですね。特にローカルとはいえ自由に移動できるようになるというのはかなり助かります。ちょっとした小旅行ができるというのは、マジでうれしいですね。

 

子供が頑張ってた習い事とかも再開されると思うので、これで少しはまた生活にリズムができると思います。

 

■こういったロードマップがあるのは非常に分かりやすい

昨日も記事に書きましたが、オーストラリア政府がどうやって経済活動を再開させていくのか?知りたいと思っていた矢先のこの発表。

 

書いてある内容も分かりやすい(小学生でもわかる)ですし、こういった指針があるのは国民を不安にさせない効果としてはかなりありますね。

 

■油断はまだ禁物

ちょっと心配なのは、みんなストレスが溜まっている時期ですから、一気に街に繰り出してまたクラスターが発生しないかどうか。しばらく僕は日々のコロナの状況を注視しながら自分の行動を決めていこうかと思います。

 

しばらくは油断大敵ですね。