【2021.9.15】

 

こんにちは。僕が住んでいるビクトリア州の田舎街は、先週の金曜日から移動制限が少し解除されていますが、都会のメルボルンではいまだに厳しいロックダウン中です。

 

■カンタス航空の計画

 

さて、今日はカンタス航空が今年の12月から国限定で国際線のスケジュールを戻すプランを発表した件についてです。

 

ニュースソースはこちら

https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-outlines-strategy-for-restarting-international-flights/

 

----重要な部分はこちら----

  • From mid-December 2021, flights would start from Australia to COVID-safe destinations, which are likely to include Singapore, the United States, Japan, United Kingdom and Canada using Boeing 787s, Airbus A330s, and 737s and A320s for services to Fiji.

 

これによると、日本を含むワクチン接種率が優秀な複数の国と国交を再開するとのこと。

 

ただし、これはオーストラリアが「ワクチン接種率が80%以上のPhaseCに入っている」ことが前提です。ワクチン接種率が80%に達するのがいつかわからないので、12月中旬というのは、「このままワクチン接種が今のペースで進んだら。。。」という予測に基づくものです。

 

ちなみにPhaseはAからDまであって、簡単に書くと以下のようになっています。

PhaseA:現在(できるだけ多くワクチンを接種している段階)

PhaseB:ワクチン2回接種が70%

PhaseC:ワクチン2回接種が80%

PhaseD:ワクチン後の展開

 

↓こちらは本日の最新ニュース

https://www.9news.com.au/national/qantas-schedules-international-flights-to-restart-from-december-18-2021/76f00ad0-d25f-4bd0-ae82-d7cf140aa602

どうやらカンタスの国際線は12月18日から始まるようですね。

 

試しにMELから羽田へのフライトを検索してみたところ、きちんと出ました。(12月17日までは出てませんが、18日からは出ています)

 

 

■ワクチン接種率だけで簡単にいけばいいけど。。。

 

まあ、今までもニュージーとの便を再開させたり、止めたりといったすったもんだがありましたので、僕はそう簡単にはいかないと思います。

 

ワクチン接種率が80%を超えていても、重症患者が増えて病院がひっ迫してきた、、、などの理由からロックダウンをすることはあり得ますし。

 

まだ逆にもっと有効性のあるワクチンの開発や治療薬の開発も進んでいますから、予定よりも早くなる可能性もあります。

 

今のところはどっちになるかはわかりません。

 

ただまあ、こういうニュースがこれからどんどん増えてくると思いますので、そうなると世の中が明るくなってきそうで、それはそれでいいことですね。

Pocket
LINEで送る