ホームPage 2 / 212
  1. こんにちは、ガチ海外移住生活ブログのおっさんことあっきーです。今回は、”メルボルン空港で初めてラウンジを使ってみた”という記事を書きます。
  2.  
  3. メルボルン国際空港(MEL)ではプライオリティパスが使える空港ラウンジがいくつかあります。

 

実は僕は数年前からプライオリティパスを持っていましたが、ほとんど使うことなく何度も飛行機に乗っていました。

 

というのもメルボルン空港でプライオリティパスが使えることを全く知らなかったんです。ですから、今回がメルボルン空港での初ラウンジになりました♪

 

※尚、今回の記事は、内容上、”エアポート投稿おじさん”的な感じになってますのでご注意ください(笑)。

 

■目次

1. メルボルン空港内でプライオリティパス利用可のラウンジ

 

メルボルン空港内には”プライオリティパスが使えるラウンジ”が全部で6つあります。

 

●ターミナル2内にあるプライオリティパス利用可ラウンジ

 

1.The House

場所:ゲート10近くのエスカレーターを上がったらすぐ

飛行機出発時刻の3時間以上前なら入場可能。(3時間以上早く来いっていう事ですね)

※注意:プライオリティパス+$20ドルを支払う必要があるので注意

 

2.BAR PULPO BY MOVIDA

場所:ゲート4の向かい側

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

 

3.Cafe Vue

場所:免税店エリアを通り過ぎてすぐ

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

 

4.Plaza Premium Lounge

最長3時間まで滞在可能。2歳未満の子供は無料大人と同伴で無料になる

場所:ゲート9の近く

 

5.The Urban Provodore

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

場所:レベル1のゲート10および15の向かい側

 

●ターミナル4内にあるプライオリティパス利用可のラウンジ

 

6.Rex Lounge

時間制限はなし。子供(12歳未満)がいる場合は2人まで無料になる

場所:ゲート30の近く

 

※(注)その他まだまだ、各航空会社のラウンジ等もありますが、とりあえず今回はプライオリティパスが使えるラウンジのみをご紹介しています。

2. 今回使ってみたのはここ

僕が今回使ってみたのは、上で最初にご紹介している「The house」というラウンジです。ここはプライオリティパスだけでは入場できない唯一のラウンジで、入口で$20ドルの支払いが必要です。

 

ちなみに、上で紹介した他の5つのラウンジに関してはプライオリティパスだけで入場、または飲食が可能です。もちろん無料のほうがいいんですけど、記念すべき初ラウンジってことで、まあいいかと。

 

また、ここは+20ドルかかるということで、もう少し高級感があるのかな?という期待感もあり、今回は使ってみることにしました。今度日本に行くときはプライオリティパスがあれば無料で使えるラウンジも使ってみるつもりです。

 

・行き方

 

セキュリティを通り、出国ゲートを過ぎると免税店などのショップが並んだ場所に来ます。そのままゲート10の方に向かってください。

 

ゲート10の近くにエスカレーターがあるので、エスカレーターで上に上がります。上がったら目の前にあります。

 

・入場

受付に念のためプライオリティパスが使えるか確認。ひょっとしてアホな受付だったらプライオリティパスだけでOKなんじゃないか?と期待しつつ確認したのですが、しっかり20ドル取られました。(僕がアホでしたね。。。)

 

また、プライオリティ+20ドルで来る人が少ないのか、入場手続きに結構時間がかかりました。

 

3. ラウンジ内部(設備)について

 

写真の通り、かなりゴージャスです。レストランとその周りに休憩できる椅子、パソコン作業ができるテーブルなどもありました。

 

利用している人はこの日はほとんどいませんでした。僕が入場した時には2~3人が利用しているだけ、あとから10人くらい来ましたけど、それでもガラガラでしたね。

 

トイレもシャワーもゴージャスでしたよ。ホテルっぽかったです。

4. ドリンクメニューはこんな感じ

 

オレンジジュース、アップルジュース、パイナップルジュース、あとはコーヒー紅茶が勝手に飲めます。

 

5. 食事のメニューはこんな感じ

 

写真のようなビュッフェ形式の軽食(サラダ、タイカレーなど)のほか、デザートとしてクッキーなども置いてありました。

 

写真は僕が食べたタイカレーっぽいもの。

 

 

また、普通にレストランメニューも無料で食べられます。僕が失敗したのはレストランメニューがあるという事実をタイカレーを食べちゃってから知ったということ。(しまった~)

 

お腹がいっぱいでそれ以上食べられなかったので、レストランメニューはパスしました。メニューには、バーガーとか魚、肉料理、サラダ、スープなど10種類くらいありました。

 

6. このラウンジの全体的な感想

フライト前にゆっくりしたい人にはもってこいの場所でした。ゲート前の椅子だと、座り心地も悪いですし、落ち着かないですよね。

 

でもここは、高級カフェのような雰囲気でゆっくりできます。

 

ただ、ネックは20ドル。これを払う価値があるかどうか?ですが、僕はいまのところ正直ないと思いました。とりあえずここが初めてのメルボルン空港でのラウンジなので、他と比べてから再評価したいと思います。

こんにちは。ガチ移住生活ブログのおっさんことあっきーです。

 

このブログは、オーストラリアのワーキングホリデー以来、オーストラリアのファンになり、そして移住までしてしまったブログ管理人から、オーストラリア永住ビザ取得方法から現地生活情報などなどをお届けするオーストラリア情報総合ブログです。

 

2006年にオーストラリアに移住しましたので、オーストラリア生活歴は、約13年になります。まあ、13年も経ちますと良いところ・悪いところいろいろと見えてきますが、それはこれからどんどん記事にしていきますのでお楽しみに。

 

実は以前ライブドアブログでブログを運営していたのですが、思うところがあり止めてしまいました。

 

ですが、記事の内容自体は残っていますので、このブログにて当時の記事を復活・加筆・修正しながら再度投稿していきます。とはいえ、同じ内容にするわけではなく、最新情報も踏まえながら更新していきますので、よろしくお願いします。

 

ブログの内容に戻りますが、このブログでは、一度オーストラリアを訪れた人が必ずいうセリフ「こんな国に住んでみたい」という願望を現実にかなえた方法を具体的に紹介します。

 

まずは「ビザ」。僕は「永住ビザ」という、一度取ってしまえば、ほとんどオーストラリア人と変わらない生活ができる権利があるビザを取ったんですが、この永住ビザの取り方。

 

そして、「現地生活」。ガイドブックには載っていない、オススメスポット、オススメレストランなどなど、オーストラリア現地生活者にしか分からない観光情報、それと、生の現地生活ってどんな感じ?ホントにたのしいの?日本食恋しくない?といった実際に生活してみて感じた事などを書いていきます。

 

あとは海外での子育てとかオーストラリアの学校について、現地での仕事についても随時追加していきますのでよろしくお願いします。

ホームPage 2 / 212