カテゴリー:その他

カテゴリ分けしずらいその他の情報です

ホームPage 1 / 512345

【2021.3.12】

 

こんにちは、昨日3月11日は最近では珍しいくらい仕事上トラブル続きで大変な一日でした。

 

3月11日といえば、そうですよね。特に日本人なら忘れてはいけない日、「東日本大震災が起こった日」です。まず僕自身の思う事を書く前に、10年前のこの震災で亡くなった2万人以上の方々にご冥福をお祈りいたします。

 

2011年3月11日、僕はオーストラリアの今と同じ田舎街に住んでいました。夕方ごろに母親から「日本で大きな地震があったけど、家族親戚はみんな無事だから大丈夫だよ」との連絡がありました。

 

大きな地震と言われても、どの程度なのかは分からない。ネットニュースを見ると確かに大きな地震があった様子。こっちのテレビでもやってるのかな??とテレビを付けたらどす黒い津波が畑を駆け上がっていて家や田んぼを次々に破壊していく様子が見れました。

 

行方不明者は最初は数十名だったと思います。これが時間が経つにつれ数百人、数千人とどんどん規模を増していきました。

 

テレビやネットの画像も最初は同じ映像ばかりでしたが、各地からどんどんいろんな映像が出てきて「これは日本がとんでもないことになっている」と、思いました。

 

民法各局、NHKのテレビもネットで全世界に配信されており、当然僕もニュース番組に釘付けでした。

 

極めつけは原発の爆発。映画でしか見ることがないと思われていた映像を実際に見ると、「これが現実なのか」と本当に信じられない気持ちでした。

 

この辺だと、僕の頭も少し混乱気味でした。テレビやネットの映像を見ると、「もう日本に住めないんじゃないか」、、、でも日本の家族や友人に連絡をすると、普通に生活しているし、、、、やばいことになっているのは被災地だけなのか???いや、そんな被害の規模じゃないでしょ???行方不明者も1万人以上いるし。。。

 

仕事関係で日本に電話をしても、みんな働いている。「あ、東京は大丈夫です」とか 「千葉は大丈夫です」とか、僕は「働いてる場合じゃないんじゃないかな?」と思いながらも、やはり津波による局地的な被害がすごいんだな。。。と思ったのを覚えています。

 

そうこうしている間にも被災地では様々な悲劇が起こっていました。毎年3月11日になると、あの日にこんなことがあった。。。というエピソードが出てきますが、どれも悲惨すぎて想像できません。

 

生きたいのに生きられなかった子供たち

子供を失った親

親を失った子供

家族を失って自分ひとり生き残った子供

 

毎年こういったエピソードを見聞きすると、命の大切さ、家族の大切さを再認識したり、自分自身を見つめなおしています。

 

ですが過去をしっかり受け止めつつも、我々は未来に向かって歩き続けなければいけません。去年から、全世界でコロナパンデミックが始まりました。1年以上経ってワクチンの接種が始まったものの、今はワクチンの接種が進むにつれて少しづつ希望が見えてきました。

 

おそらく今後もこういった予想だにしない出来事があるでしょうね。「今を生きる」という映画を昔見ましたが、やはり今を生きることの大切さを改めて見直す必要があると思いました。

 

仕事や子育てで忙しい日々を過ごしていると、自分を振り返る余裕がなかなか持てないですが、僕はこれからもこの3.11だけでも、自分を振り返るきっかけにしたいと思います。

 

3.11だけで生きたくても生きられない人がどれほど多くいたのか?

 

そう考えたら、少しくらいうまくいかない事があっても頑張れますよね。生きてるだけでラッキーですから。。。と、つらつらと思ったことを書いてみました。。。

【2020.10.20】

 

こんにちは、おっさんです。

 

最近、日本のテレビをスリングボックスで見ていますが、出川がバイクで旅をする番組にはまっています(笑)。ほんと日本のテレビは面白いですよね。

 

オーストラリアのほうですが、コロナ新規患者の低下に伴い、メルボルンの(世界一?)厳しいコロナの規制が少しづつ解除されてきています。

 

こうなってくると日本との自由な往来はいつになるのでしょうか?気になりますよね。僕も毎日、すしとかラーメンのバク食いユーチューブをみて、あれも食いたい、これも食いたいと妄想しています。。。

 

■メルボルン都市圏の規制解除(2020.10.18から)

 

自宅から半径5km以内の外出に限る

↓変更後

自宅から半径25km圏内に変更

 

運動や人に会うための外出は2時間まで

↓変更後

制限なし

 

グループでは集まれない

↓変更後

屋外で10人までは集まれる

 

ゴルフ・テニス・スケートパークは閉鎖

↓変更後

できるようになった

 

美容院は閉鎖

↓変更後

オープンできるようになった

 

今後、11月1日からまた少しづつ制限が解除されていきます。

 

■いつ日本に行けるのか?

 

・10月16日からニュージーランドの人を受け入れ開始

 

正確にいうとニュージーランドからオーストラリアには隔離制限なしで来ることはできますが、オーストラリアからニュージーランドに行く際は、ニュージーランドで14日間の隔離制限を求められる、、、ということです。

 

しかも、ニュージーランドから来れるのは現在シドニーとダーウィンの2か所だけ。今後はアデレードにも来れるようになるとのことですが、自由に行き来できる。。。という言葉には程遠いですね。

 

とはいえ、これが国境再開の第一歩であることには間違いありません。

 

このことから推測するに、日本とオーストラリアの国境再開は、おそらくこんな形で進んでいくのではないかと思います。

 

●ワクチン前は?

・日本はオーストラリアからの人を14日間の隔離制限なしで受け入れるが、オーストラリアは日本からの人を隔離制限なしでは受け入れない。(日本からオーストラリアに戻ってきたら14日間の隔離が必要)

・観光ではなく留学やビジネス目的に限る。

※特に留学はオーストラリアの一大ビジネスの一つですから首相も早めの留学生受け入れ再開をしたいとの見解を示しています。留学=学問ではなく、オーストラリアにとっては、留学=お金ですからこれはある意味仕方がないのかもしれません。

 

●ワクチン後は?

・ワクチン接種証明が必要(WHOが承認しているものに限る)

・観光もビジネスもOK

 

時期は、留学は2020年末、ビジネス目的のほうが2021年の3月ごろから、そしてワクチン後のほうが2021年の6月ごろからになるのではないかと勝手に推測しています。

【2020年3月26日】

 

■ワーホリでオーストラリアに来ている方へ

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今世界の国々は、例のウィルスのせいで特殊な状況下にあります。オーストラリアも例外ではなく、昨日できていたことが今日できないという日々がここ2週間くらい毎日続いています。

 

ワーホリで来ている方もたくさんいますよね。中には今年に入ってからワーホリでオーストラリアに来たという方もいることと思います。

 

ワクワク・ドキドキしながら初めて海外に出たという方も、最初は緊張していたけど最近生活に慣れてきて、これから海外生活を楽しむぞ~と気合が入っている方もいることでしょう。

 

僕もワーホリ経験者なので気持ちは痛いほどわかりますが、ここは一旦日本に帰った方が良いと思います。

 

特にこんな方はすごくリスキーです。

・お金があまりない

・海外旅行保険に入ってない

・来たばかりで頼れる知り合いがいない

 

メルボルン領事館のワーホリの方へのメッセージ読みました?

→読んでない方はコチラ

 

いま世界中でどんどん飛行機が運休になってきていますから、今大丈夫の飛行機でも今後どうなるかは一切わかりませんし、保証なんてそれこそありません。

 

■今日本に変える手段はコレだけ

 

2020年3月26日現在、オーストラリアから日本への飛行機のほぼ全てが運休されていますが(もしくはあと数日で運休に入る)、唯一シドニー→羽田間の全日空だけは週に7日(つまり毎日)、4月以降も飛ぶ予定です。→全日空のプレスリリースはコチラ

 

おそらくこれは、オーストラリアから日本に帰る人、そして日本からオーストラリアに帰る人のための民間飛行機としてわざと残しているものと思われますが、この状況がいつまで続くかわかりません。

 

これが止まったらそう簡単には帰れません。帰ろうかどうしようか??迷っている人は今すぐ決断して日本に帰る準備を整えたほうが良いかと思います。

 

ほんと、こればかりは誰が悪いわけでもなく(中●か)、単に運が悪かっただけ。特殊な状況ですからくれぐれも安全最優先で行動することを心がけてください。

 

オーストラリアは逃げはしません。安全確認ができ次第また思いっきり楽しみに帰ってきてください。

日本では連日ワイドショーの話題をかっさらっている新型コロナウィルス。

 

ようやくクルーズ客船の乗客が降りることになりましたが、日本の各地で連日新しい感染者が見つかるなど、まだまだ終息しそうにないですね。

 

もちろんオーストラリアでもニュース等々で話題にはなっていますが、日本のような過熱感はあまり感じられません。というのも街に出てもマスクをしている人は全くいませんし(田舎というのもあるとは思いますが)、オーストラリアではここ数週間新しいコロナウィルスの患者は見つかっていませんので。2月19日現在で15人のままです。

 

コロナウィルスに関しては、「あんまり騒ぐな」とか「リスクが低い」とかいう人もいますが僕は現時点では「甘く見ない方が良い」と思っています。騒がれ始めてからまだ1ヶ月ですからね。実際「なんも分かってない」んですよ。日々、どんどん新しいニュースが来るでしょ。潜伏期間が~とか。。。

 

甘く見ないでおいて対策をしっかりとしつつ、後で「大したことなかったな~」っていう感じならそれはそれでいいと思いますし。それが逆だったらそれこそやばいでしょ。

 

今回は、コロナウィルスに関して僕に実際に起こっている事や日本の対策について思っている事書きたいと思います。

■目次

1. おっさんの身に現在起こっていること

 

実は僕は2月の初めごろ日本に行きました。ちょうどその頃コロナウィルスが話題になりかけてきた頃で、日本でマスクが買えないという噂は聞いていました。

 

10日間程度の滞在でしたが、まだわからない部分が多く、分からなさ故の怖さがあり、マスクはオーストラリアから持参、また機内に持ち込める大きさの手の消毒用のジェルをオーストラリアで購入し、日本に持って行きました。

 

日本では本当に神経質なくらいの行動をしていました。ニュースやワイドショーでも連日のように放送してましたし。

 

例えば電車に乗るときはマスクを2重にする。つり革や手すりには捕まらない。エレベーターに乗るときはボタンを指の第二関節で押す、などなどです。

 

当時、といってもつい2週間くらい前の出来事ですが、マスクを2重でする人などいませんでしたね。まあ僕の場合は日本に行って自分がもしコロナにかかり、オーストラリアの家族に移してしまうということを考えると本当にバカらしいので、すこし大げさなくらいの行動をしていました。

 

それで、今はオーストラリアに戻ってきたわけですが、帰ってから1週間ちょっとという状態。なんとなく不安です。実際今僕自身に風邪の症状が出ていることもあって余計に不安を感じています。(熱とか咳じゃなく、鼻水と頭痛です、念のため)

 

特につい3日前に長男がいきなり38℃以上の熱を出したときは、マジでやばいと思いました。幸い長男の熱は次の日には引きましたけど。とりあえず単なる風邪であることがわかったのでよかったです。

 

ただ、その風邪が家族内で回ってしまい、結局今現在元気なのは長男だけということになっています。それでもあと1週間くらい経つまでは100%不安が無くなったわけではありません。ひょっとしたら持ってるんじゃないか?っていうのは恐怖でしかありません。

 

2. オーストラリアに住んでても日本の政策は迷惑でしかない

 

今日本の国会では、アホのT元が桜を見る会がどうのこうの言ってますよね。僕は日本が大好きな国ですが、昔から政治だけはアホだと思います。

 

そんな事やってる場合ですか?

 

コロナに関して言えば、初動がどうのこうのとか、安倍がどうのこうのとか過去のことはどうでもいいんですよ。そんな反省する前に今できる最大限の事をやりましょうよ。

 

それが全く見えてこないうえに、毎日患者が増えている状態ですから不安になるのも当たり前じゃないですか。

 

本気で終息させようと思ったら2つの事を同時にやる必要があります。一つは、外からウィルスを持ちこませない事。もう一つは国内で既に広がってしまったウィルス患者をいち早く見つけてそれ以上広がらないようにすること。

 

日本はこの2つの事が全然できてないからどんどん被害が拡大している。被害が拡大しているから不安も広がる。まさに悪のスパイラルですね。

 

外からウィルスを持ち込ませない対策についてですが、日本は未だに中国人を受けいれてますよね?ウィルス持ちの99%以上が中国人なんだから、とりあえず国に入れてはいけない。湖北省とかだけじゃなくてね、とりあえず全員です。

 

中国人を入れちゃってたら、外からのウィルスがいつまで経ってもなくならないですよ。それから中国に行っちゃった外国人も同時に入れちゃいけないです。要は中国大陸が感染源なのでね。

 

一方で中国からの人をどんどん入れておきながら、毎日今日は何人見つかりました。。とかいってる。。。まさにあなたアホですか?って言いたくなりますよね。

 

まずは最大限の事をしておいて、様子見てやりすぎだったら徐々に解除していけばいいのに、日本はまず最小限の事をして様子見てますから。様子見している間に取り返しがつかなくなるっていう。。。いい加減にしてほしいですよね。

 

僕自身の事で言うと、来週仕事関係で人が日本から来ます。

 

その仕事関係の人から今日メールが届きました。ひょっとしてコロナをオーストラリアに持ちこむことになるかもしれないから4月くらいに延期したほうがいいでしょうか?というメール内容でした。

 

それに対して僕はこう返信しました。

 

4月になっても終息するかどうかもわからないですし、下手をするともっと広がる可能性もあります。とりあえず予定は変更せずに以下のようにしましょう。

 

・今後出発までに爆発的な広がりがあったら延期してください。

・本人に風邪の症状が出たら延期してください。

・もしこられるなら、マスクは常時つけてください。

・空港から弊社まではタクシーで来てください。(要するに僕は空港までは迎えに行かないということ)

・手の消毒用ジェルを持ってきて下さい。

 

てな感じです。延期する可能性は最後まで残しつつ今のところは実行しましょうと。

 

こちらに到着してからは、日本から来た人を乗せて車を運転する時は窓を空けて運転するつもりですし、僕自身もマスクをつけます。

 

そして、このくらいやってもしもコロナウィルスにかかったらしょうがないという気持ちを持つことも忘れずにいようかと思います。それにしても日本の中途半端な政策は、はた迷惑だな。

 

3. オーストラリア政府が行なっている対策

 

オーストラリアが行なっている対策を一言で言うと、「過去14日以内に中国大陸に行った人は入国禁止」です。

 

これが良いかどうかは分かりませんけど、結果として過去数週間の間、新しいコロナの患者が出てきていません。この対策はオーストラリアだけじゃなく、シンガポールも行なっている対策です。(シンガポールでは出ちゃってますけどね)

 

これって人種差別ですか?やりすぎですか?今すぐ日本もやろうと思えばできる事じゃないでしょうか。桜を見る会じゃなくてこういう事を話しあえばいいのにね。。。

 

今は中国を制限してるけど、このまま日本だけ感染が広がると、そのうち日本も入国制限の対象になります。今インドでは、日本と韓国から来た人全員をチェックしてから入国させる策を実施しています。(まあ熱を測る程度なんでしょうけどね)

 

タイ政府は、国民に対して日本とシンガポールには急用でもない限り行かないようにとのメッセージを出しています。

 

もうすでに日本は危険視されているという事ですね。

 

4. 大袈裟に考えることないっていってる人もいるけど

 

致死率2%程度(実際にはもっと低いって言われてます)のウィルスですから、まあおそらく自病のない僕や家族は万が一コロナにかかっても死にはしないでしょう。

 

ただ僕は自分や身の回りの人が死なないからといって大げさに考える事ないという考え方には反対です。中国では2000人以上の人がなくなっているのも事実ですし、世界中の国が対策を講じているのも事実です。薬もワクチンもないわけですから、心配するのも当たり前の話です。

 

僕らにできる事は、「できるだけパニックにならず自分でできる事は最大限にやっておく」ということではないでしょうか。

 

5. 分からないから怖い→分かってくると現実的な理解へ

 

このまま数ヶ月経って、もう日本国内で何千人も患者が出たとしましょう。そうするとおそらく実態がわかってきますよね。そこまで広がらなくても3月半ばにはある程度それまでに日本で見つかったコロナ患者に対する数字がいろいろ出てくると思います。

 

いままでは99%以上患者がいる中国の数字しか出てこなかったのが、今度は日本の数字がでてくる。

 

・症状は?

・致死率は?

・治療法は?

 

いままでわからないから怖いというイメージがあったのが、だんだん分かってくると「それほどでもなかったな」。。。とか、「やっぱり怖いな」とか。。。

 

いずれにしても、何かしら分かってくれば今よりは恐怖感は減るのかなあと思います。そう考えると、この2月、3月が一番怖い時なのかもしれないですね。

 

今後いい方向に進んでくれればいいんですけどね。。。

 

「2020年2月24日追記」

オーストラリアが日本に対する警戒レベルを上げました。4段階ある警戒レベルのうち、いままで1番下だったのを、下から2番目に上げたようです。これはオージーが日本に行く時は十分注意する様にという御達しなので、日本が豪州から入国を拒否されるわけではありません。

 

早くこの騒動が治まってほしいですが、どうも世界は真逆に動いてますね。イスラエルは日本に過去14日滞在してた人は入国出来なくなりました(韓国と中国もですね)。日本はやることやらないと、どんどん悪い方向に行っちゃいそうですね。

 

「2020年2月26日追記」

タイ政府が、日本を含む東アジアの国々(中国、韓国、マカオ、香港など)に対し、タイに入国後14日間の自己観察を求める協力を呼びかけました。要は、これらの国から来た人は、公共の乗り物に乗らず、気分が悪い時はマスクを着用してくださいっていう呼びかけです。

 

よく食べ、良く寝て、運動する。。。免疫力を高めておくしかないですね。。。

6. 最新情報(追記事項)

【2020年3月6日追記】

オーストラリアは中国に対する入国禁止措置をイランにも行っています(3月3日から実施)。また、韓国に対しても同様の入国禁止措置をおこなうと発表しました(3月5日に発表)

 

そして、イタリアからの渡航者に対しては、入国時の検疫を強化し、入国後に厳しい問診と健康診断を受けなければいけなくなりました。

 

その次に患者が広まっているのは日本ですね。めんどくさい事にならない様祈っています。

ホームPage 1 / 512345