■ビザ認可レターが来た!

 

レファレンスレターの確認から数ヶ月、全く前ぶれも何もありませんでしたが、その日は、ある日突然来ました。夜9時頃でした。僕はまだ会社で仕事をしていましたが、妻から携帯に電話が、、、

 

「ビザが認可されたって~。おめでとう」と妻

 

「すぐ帰る」と僕。内心めちゃめちゃうれしかったですが、表面上は冷静さを装い「お疲れ様です」とみんなに挨拶。(でも多分口元はピクピクしてたような気がします)

 

あせる気持ちを抑え、帰り道で事故らないように、そして「まだまだ自分の目で見るまで油断はできない」と自分自身に言い聞かせ家に帰ってみると、エージェントからのメールが。

 

以下、エージェントからのメールをコピー

 

—-タイトル—-

「ビザ認可になりました」

 

—-本文—-

 

  • ●様

 

お世話になっております。移民局からビザ認可レターが届きましたのでお知らせいたします。通常より早い認可になりました。

 

おめでとうございます!!

 

レターを添付いたしましたので、ご確認のうえ、ご不明な点がありましたらお知らせ下さい。

 

次にご家族全員のパスポートを在日オーストラリア大使館に持参、または郵送し、ビザ貼付手続を完了させて下さい。手続方法につきましては、直接、在日オーストラリア大使館(03-5232-4111)査証課にお電話でご確認下さい。9-12時までが受付時間です。音声案内になっていますが、そのまま保留しているとオペレータにつながります。

 

また、最初の入国期限が2006年6月26日になります。

 

それまでに必ずご家族全員が1日でも構いませんのでオーストラリアに入国して下さい。もしご一緒でない場合、必ず●●●(僕の本名)様が先にご入国下さい。

 

以上、ようやく朗報をお伝えできて嬉しいです。ご不明な点がありましたらお知らせ下さい。

 

無事にビザ貼付手続が完了しましたら、ご一報下さい。 よろしくお願いいたします。

 

  • ●●●●(エージェント名)
  • ●(担当者名)

 

—-ここまで—-

 

「ようやく取れたか~」うれしい気持ちより、ほっとする気持ちの方が大きかった気がします。

 

■オーストラリア大使館からのビザシール受け取り

 

ここまでくればもう大丈夫。あとは東京のオーストラリア大使館にパスポートを送ってビザが貼られてくればOKです。

 

ビザをもらったあとの注意点は、

 

1. 妻より先に僕が入国しなければいけない

2. 入国期限日の2006年6月26日までに1日でもいいからオーストラリアに入国しなければいけない。

 

の二つです。

 

ビザがパスポートに貼られただけでは、ビザは有効ではないんです。オーストラリア

に入国後ビザが有効になります。(ややこしいですね)

 

それから永住ビザと言っても5年ごとに更新が必要になります。5年の内2年以上オーストラリアに滞在していれば、次の5年の更新が可能です。

 

もし2年未満だとどうなるのか?例外を除き、ビザが更新できなくなります。だからビザだけとってしばらく日本に滞在し、10年後に移住しようと思ってもそんなことはできないようになっています。

 

あくまでも、オーストラリアの経済に貢献できる人のみにビザの更新を認める。結構いやらしい考え方ですが、理にかなった考え方です。

 

さて、オーストラリア大使館の話に戻りますが、僕は本当は、オーストラリア大使館まで出向いて、ビザをこの手で受け取りたかったのですが、どうしても仕事の関係でその願いが叶わず、結局オーストラリア大使館にパスポートを送付しました。

 

こうしてようやく無事永住ビザを手にしたわけです。

 

次回、オーストラリア永住ビザを取るのにかかった費用と日数のまとめをします。

Pocket
LINEで送る