■永住ビザの取得にかかった費用と日数

 

今回は、永住ビザ取得にかかった費用と日数をまとめて書きます。結構この辺が気になっている方が多いと思うのですが、今回のお話は僕が永住ビザを取った、2005年当時の話としてお聞きくださいね。

 

それからうろ覚えの部分もあります。記録が残っているものはそのまま書きますが、無いものは、僕の記憶をたよりに書きます。細かいところは突っ込み無しでお願いします(笑)。

 

■費用関係

☆英語関係

 英会話学校 : 18万円(週2回で1年間)

 ブリティッシュカウンシルIELTSワークショップ : 約4万円

 英会話喫茶 : 約2万円

 NHKラジオ英会話 : 約1万円

 その他IELTSの参考書等 : 1万円

 IELTSの試験 : 約13万円(5回)

 

 英語関係合計 : 39万円

 

☆職業査定関係

 職業査定機関申請料金 : 約350ドル(当時のレートで約3万円)

 

☆永住ビザ本申請関係 

 永住ビザ申請料金 : 1,125ドル(当時のレートで約10万円)

 

☆エージェント関係

 コンサルテーション料金1 : 2,400ドル(契約~職業査定合格まで)

 コンサルテーション料金2 : 1,600ドル(移民局申請~永住権取得まで)

 翻訳料金 : 120ドル

 

 エージェント関係合計 : 32万(当時のレートで)

 

合計 : 39万円 + 3万円 + 10万円 + 約32万 = 84万円

 

■日数関係

 

永住ビザの取得を思い立ってからIELTS合格まで : 約4年間(2000年7月~2004年8月)

IELTS合格~エージェント決定 : 約3週間(2004年9月)

エージェント決定~職業査定レポート完了 : 約3ヶ月(2004年12月)

職業査定レポート提出~結果をもらうまで : 約1ヶ月(2005年1月)

職業査定合格~永住ビザ申請まで : 1ヶ月(2005年3月)

永住ビザ申請~追加書類請求まで : 約4ヶ月(2005年7月)

追加書類請求~書類確認 : 1ヶ月(2005年8月)

書類確認~永住ビザ取得 : 3ヶ月(2005年11月)

 

ざっとですが、費用が89万、日数が5年と3ヶ月かかりました。しかしこうしてみると英語関係にむちゃくちゃ苦労してる事が分かりますね。

 

費用の43%、日数の76%は英語関係にかかっています。だから今はゆっくり楽しく英語を勉強する事を心がけています。(それを言い訳に全くしていません(笑))

 

そして前々から言われていた事ですが、永住ビザの基準が2007年9月から多少変わります。詳細が分かり次第、このブログでも紹介しますね。

 

しかし、パスポートに貼ってあるたった1枚のシールタイプのビザをもらう為に

5年間と100万近い費用を使うなんて、いったいなんなんでしょうねえ。

 

オーストラリアの永住ビザを「世界で最も価値のある資格」という人もいれば、全く興味のない人には、ただのシールでしかないんですよね。

 

僕の場合、前者までは行かなくても、オーストラリアの永住ビザは、やっぱり欲しくてしょうがないものでした。それと途中からなんか意地になっちゃいました。

 

「ここまで来て後に引けるかー」

ってな感じで。

 

この気持ちが5年間継続。不思議と結果が出るまでは諦めようとは全く思いませんでした。この気持ちの持続が良かったのかもしれません。

 

これからオーストラリアの永住ビザをの取得を目指す方、

 

「1. 常に最新情報を仕入れるアンテナを張っておくこと」

「2. チャンスを逃さないこと」

「3. 結果が出るまで諦めない」

 

この三つを心がけてがんばってください。次回から、現地生活情報を多少織り交ぜながら、移住準備編に進みます。

Pocket
LINEで送る