記事一覧

海外移住者の年金はどうすればいい|続けるべきか止めるべきか?

■日本の年金は続けるべき?

 

海外移住者が悩むことの一つに年金をどうするか?というのがあります。やめるべきか、続けるべきか。僕もホントに悩みました。

 

年金って25年間継続してないと、もらえないって聞いたことがあったので、もし今やめたら、いままで支払った分が無駄になってしまうのではないか?

 

でももし、一生涯オーストラリアで暮らすことになったら、日本の年金はもらえるのか?などなどいろんな心配事がありました。

 

町の役場に相談しに行ったところ、

「海外移住者の場合は、通産で25年収めなくても今まで収めた分はもらうことができますよ。期間が短い分、額は減りますけどね。」

との事。

 

「年をとったときにいらないから、今まで収めた分を返してくれないかなあ」

という相談もしたのですが、それはできませんでした。

 

僕のような30代半ばの年代は、ホントに年金がもらえるものかどうか分かりませんし、一応オーストラリアにも年金はありますので、とりあえず辞めることにしました。1~2年様子をみて復活することも出来るようですし、とにかく一旦ストップしようかなと。

 

年金を辞めることに関する手続きもそれほど大したことなく、日本に住所があるといけないとの事で、移住する前に海外転出届けを出すことと、海外移住の為、年金の支払いをストップしますという書類を書くくらいでした。

 

でも、資金に余裕がある人は、海外に移住した後でもやっぱり払っておいた方が良いのかなと思います。

 

そうすると、65歳以降、仮にオーストラリアにいたとしても、日本の年金と、オーストラリアの年金の両方をもらうことができますので。で、今考えているのが、妻の分だけ復活させようかなあという事です。

 

オーストラリアの年金は、働いている本人のみの年金ですので、妻が主婦の場合妻の年金は0なワケです。日本でいう国民年金のようなものはなく、厚生年金のみとなります。

 

だから、僕の分は、オーストラリアの年金をもらう。そして妻の分は、日本の年金をもらう。それがリスクを最小限に抑えたベストな方法なのかなあと考えています。今、日本では、年金の問題が大きく取り上げられていると思いますので、どなたかご意見をいただけたらうれしいです。

 

※2019年(移住13年後)追記

40代半ばになると、割と真剣に老後の事を考える事があります。実は僕は老後は日本に帰りたい気持ちが半分以上あります。

 

ただ、それは僕の希望であって実際問題どんなことが起こるのかは真面目に考えなければいけません。

 

これは後々コラム等で書きたいと思います。

オーストラリアでの仕事探し|移住前に見つかった体験談

■オーストラリアでの職探し。まずは調査から。

 

オーストラリア移住まで、いろいろと考えなければならないことがありましたが、まだ数ヶ月先のことなので、この辺で、就職先の調査をすることにしました。もし、運が良くて日本にいる間に仕事が見つかれば、どこの都市にするかなんて考えなくても良いですし、お金を少しでもセーブできますし。

 

精神的にも安心できますしね。

 

でも、まあ、あんまり期待はしていませんでした。先に移住した先輩達は移住してから、だいたい半年くらいは仕事が見つからなくて、苦労するみたいなので、僕も覚悟はしていました。

 

とりあえずネットで調査。

 

現地大手就職エージェント(スタッフサービス、アドバンテージパートナーシップなど)にとりあえず登録し、後は、自分で現地の就職サイトで探すということくらいしか思いつかなかったので、とりあえず思いついたことをやってみました。

 

エージェントには、永住ビザ取得の時に作成した職務経歴書を日本文/英文で送りました。ネットで調査のほうですが、なにやら僕のキャリアにちょっぴり関連しているような仕事の募集が。ちなみに当時はJAMSというサイトが日本語情報サイトで一番仕事の情報が載ってました。

 

ちょうど、履歴書を送ろうとしていた就職エージェントが絡んでいたので、早速問い合わせをしてみると、全く期待してなかったのですが、次の日、意外にも連絡がありました。

 

■Jobエージェントからの連絡

 

次の日、ある就職エージェントから連絡があり、僕のキャリアに合った仕事があるので、受けてみてはどうかと。これは願ってもないチャンスです。しかし、まだ日本にいたのでオーストラリアまで面接を受けに行くわけには行きません。

 

そしたら、日系企業だったので、日本の本社での面接が可能とのこと。まあ、物は試し、早速受けてみることに。もし受けて受かったらこんなラッキーなことはありません。

 

合計2回日本の本社で面接を受けました。

 

■面接の感想

 

日系企業だったので、あまり英語に自信がない僕でも大丈夫そうな感じ。

 

加えて、もしそこがいやで辞める事になっても、僕のキャリアとしてしっかりと後に生かすことができそうな感じ。そこで働いている間に次の仕事をゆっくり探せば良いわけだし。

 

給料は安いが、現地で就職活動に苦労して、収入が0の生活をするよりはまし。

 

こんな感じで、僕にとってメリットしかなく、せっかくのチャンスを逃すのはもったいないと思い、もし受かったら勤務しようと思っていました。

 

あっさり2日後に合格の連絡。

 

これで、移住者が現地で始めに最も苦労する就職活動の手間が省け、ついでにどの都市が良いか悩む必要もなくなりました。今になって思いますが、僕があっさりと就職できた理由で一番大きかったのは、僕が持ってるスキルでもなんでもなく、

 

「タイミング」です。

 

オーストラリアの就職においては、タイミングが命。

 

調理師とか、美容師の方は、スキルであっさりと就職できてしまいますが、僕のように普通のサラリーマンだった人にとっては、タイミングが最も大事です。だから常にチャンスを逃さないアンテナを張っておくことが大事なんですね。

 

■就職エージェントとオーストラリアでの就職について

 

オーストラリアで就職する場合、自分でインターネット等で探して、面接を申込む場合と、就職エージェントに登録して、エージェントに探してもらう場合の二通りがあります。

 

就職エージェントを通す場合でも、登録する側は特にお金を払う必要はなく、エージェントは、紹介した人が面接等で受かった場合に限り、会社側から、その人の年収の何パーセントかを、マージンとしてもらうようです。(ちなみに、留学エージェントで学校を紹介してもらった場合も同じ仕組みで、学校側がエージェントに紹介料金を払います。)

 

僕のように、英語に自信がない人は、とりあえず、日系エージェントに登録しておくと、タイミングが合えば、仕事を紹介してもらえるかもしれません。僕自身も、就職エージェントに登録し、紹介してもらう方法で仕事をゲットしましたので。

 

紹介は、タイミングにもよりますが、半年待っても全く紹介してもらえない場合もありますし(その場合全く音沙汰なし)、僕のようにタイミングさえ合えば、すぐに紹介を受けることもあります。

 

そこはオーストラリアの事、使えるエージェントと使えないエージェントが存在する

わけで、僕の独断と偏見でその辺をスパッと切りたいと思います。ちなみに営業妨害をするつもりは全くなく、担当者によっても違うと思うので、僕の場合はこうだったくらいに考えてもらえると幸いです。

 

使えるエージェント=ちょっとくらい条件が違っていても、会社や登録している人に

とりあえず聞いてくれ、交渉してくれるエージェント。

(スタッフサービス、アドバンテージパートナーシップ。)

 

使えないエージェント=ほんのちょっとでも条件に食い違いがあった場合、聞いても

くれないエージェント。

(NBCA)

 

この見解は、僕が今勤めている会社側から見ても一致しています。

 

なぜそう思ったか?今勤めている会社が人材を募集した時、上記3社に人探しをしてほしいと依頼をしたそうです。そして僕も上記3社に登録をしました。

 

そう考えると、会社には、3社から僕の情報が来ても良いはずなのですが、会社に情報がきたのは1社のみ。スタッフサービスだけからでした。

 

なぜこんなことがおきるのか?

 

僕が移住する時期が若干遅かったからなんですね。当時会社側としては、出来るだけ早く人材がほしかったんです。僕がオーストラリアに移住するのは、数ヶ月先だったのでそこで若干食い違いが生じたわけです。

 

この食い違いが発生した時、僕と会社の両方に聞いてくれたのが、スタッフサービスでした。でも、今は担当者が退社してしまい変わってしまったので(あとから聞いたら給料がく●ほど安かったそうで)、どうなのかは分かりません。

 

アドバンテージはなぜ使えるほうにしたのかというと、ワーホリの頃、ビザの問題で社長さんにおせわになったことがありまして、、、恐らく社長さんは僕のことは覚えてないと思いますが、、、親身に僕のことを考えてくれてました。

 

まあ、今回は僕にも会社にも連絡をくれなかったので本来は使えないエージェントに入れても良かったんですが、昔の恩です。

 

と、今思い出しましたが、ワーホリの頃、アドバンに相談した同じビザの件でNBCAにも相談しましたが、ワーホリだったせいか全く相手にもされず、、でした。そう考えると僕はNBCAにはちょっと恨みがあるのかもしれないですね(笑)。

 

でも考えてみると、スタッフサービスがやってくれたことは、特別なことでもなんでもなく、仕事として全く普通の事でして他の2社が怠けていただけのような気がします(笑)。

 

とまあ、僕はこう思いますが、今から移住を目指し、仕事を探す方は上記3社全てに登録しておくことをオススメします。なにせ、3社とも老舗の就職エージェントですし、もしかしたら僕とは違う対応をされるかもしれませんので。

(※2019年現在は上記3社がどうなっているのかさっぱり分かりません。)

 

■自分でネットで仕事を探すのに便利なサイト

 

今は、エージェントに登録というよりも、Seek.com.auのようなウェブサイトで自分で探すのが一般的かもしれません。

 

https://www.seek.com.au

 

こういったサイトにアクセスして、KeywordのところにJapaneseと入れると、日本人向けの仕事がたくさん見つかります。

 

それがたまたま自分のスキルとマッチしていれば応募してもいいですし、そうでなくても時々このようなサイトを見ていると、どんな職で日本人を探しているのかが分かります。

 

■オーストラリアで就職するのに有利な職業

 

最近僕もよく転職サイトを見てるんですが、残念ながら僕が就職できそうな会社は皆無ですね。別に今すぐ転職したいわけではないから別にいいんですが。

 

英語がネイティブ並みに使えるのであれば、地元企業からも選べるんでしょうけど、僕ほどの英語力では、やはり日系企業が良いかなと。

 

そうなると、元々日系企業自体の数が少ない上に、募集してる企業も少ない、その中から自分のスキルや希望年収にマッチしたところを捜すとなると、ほんと難しいですねえ。

 

英語を本気で勉強して、地元の会社に就職できれば一番良いのですけどね。どうもやる気が、、、。と僕の話しは置いといて、

 

日本人向けの就職先で一番多いのが、やっぱりレストラン関係。例外なく常にどこかで募集してます。腕の良いシェフなら、うらやましいことにオーストラリア中のどこでも就職可能です。給料も結構良い額をもらえます。(日本人経営の日本食レストランは止めた方が良いです。いい話を全く聞きません)

 

次に多いのが、旅行会社関係です。こちらも常に募集してますが、給料がちょっと低めなのが難点です。都会に住むなら夫婦共働きは必須になるでしょう。

 

次は留学関係とか会計士でしょうか。

 

留学エージェントのマネージャー募集なんていうのも結構あります。前に僕にコメントをくれたとっすぃさん。もし、留学関係で永住ビザを取るのが厳しいようでしたら、一旦ビジネスビザを取ってもらって、オーストラリアに住みながら、永住ビザにステップアップしていく様な手もありますので、一度調べてみるのも手だと思いますよ。

 

給料、募集数で最もバランスが良いのが会計士です。魅力的なのが他の職業と比べて給料が断然高い。僕は会計のことはサッパリですが、会計士もどこでも住める職業です。

※と、当時(2008年ごろ)は思っていましたが、AIの発達でそのうち会計士は要らなくなりますね(2019年の見解)。

 

中にはハミルトン島で働きませんか~なんていうのもありますねえ。いいなあ。今までのスキルを捨てて人生の方向転換しようかなあ(笑)

オーストラリア移住準備と調査|オーストラリアのどこに住むか?

■オーストラリア移住準備|日本の仕事のこと

 

ようやく永住ビザを手にした僕でしたが、ホッとしたのもつかの間、本格的に移住の事を考えなければなりません。

 

目的は永住ビザを取ることではなく、オーストラリアに移住することです。そう考えると、目標達成のためにまだまだやる事があるんですよね。まずは、「いつ移住するのか決めること」。一番のネックはなんと言っても仕事です。

 

仕事をいつ辞めるのか?今抱えてる仕事がいつ終わるのか?引継ぎはどうするか?いつ上司に言うか?オーストラリアでの仕事は?まあ、いろいろと出てきますが、パターン的には2つあると思います。

 

パターン1:オーストラリアでの仕事を決めてから、日本の会社を辞める
パターン2:まず、日本の会社をいつ辞めるかをとにかく決める

 

ホントはパターン1が理想なんですけど、よっぽどコネがない限り、ほとんどの人が
パターン2にはまると思います。僕も現地にコネなんてありませんし、早くオーストラリアに行きたくてウズウズしていたので、パターン2を選びました。

 

そして仕事的にも季節的にもキリがいい、2006年3月いっぱいで辞めることを決め、上司に話をしました。上司にはレファレンスレターの時に、きちんと話をしていたので、それほど問題なく僕が3月に辞める方向で、仕事の割り振りを決めてくれ、会社の方はなんとか目処がつきました。引継ぎの方も後輩を専属で付けれくれたので、OKです。

 

さあ、これからは、最後の仕事をしながら、現地に移住することを考えなければいけません。まずは、どの都市に移住するのか?ここから考えます。

 

■移住都市候補1 シドニー

 

やはり最初に移住するのは、仕事がたくさんある、各州の州都が良いと言うことで、シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パースこのうちのどこかに行こうと思いました。

 

このほかに、日本人の仕事がありそうなのはゴールドコーストとか、ケアンズもありますが、観光業界になってしまいますので、オーストラリア5大都市のどこかが良いかな、と最初に思いました。

 

移住する都市を決める場合、何を基準にするかですが、生活するのですから、

 

 1. 仕事があるか?

 2. 物価はどうか?

 3. 気候は?

 4. オーストラリアらしさ?

 

シドニーの場合

 1. 仕事があるか? 4点

 2. 物価はどうか? 1点

 3. 気候は?    4点

 4. オーストラリアらしさ? 5点

 

合計 14点/20点満点

こんなとこでしょうか。

 

シドニーは、人口は400万人強で、オーストラリア最大の都市ですので、もちろん仕事は一番多いです。但し、僕が就職できそうな日系メーカーの工場は意外と少なく、商社とか旅行、観光関係が多いです。(メーカーの現地事務所はありますが)

 

物価は、オーストラリア全体で、ここ10年くらい年々上がっています。加えてドル高なので、物価は日本とほとんど変わりません。そして、シドニーの物価(家賃)は、オーストラリアで最も高く、よっぽど給料が良くないとやっていけません。

 

ちょっと小奇麗なマンションに住もうと思ったら週400ドル(4万円)、月に1,600ドル(16万円)は当たり前の世界です。これだったら東京とそんなに変わらないのではないでしょうかねえ。残念ながら日本みたいに住宅手当。通勤手当なんてものは存在しません。悲しいことにボーナスも無いですから、その辺をシビアに見ないと痛い目に合います。

 

気候は、オーストラリアの大都市の中では、過ごしやすいほうです。メルボルンほど寒くないし、ブリスベンほど暑くない。日本ほどではないですが、四季も感じられますしね。夏は暑いですが、日本と比べると、カラっとしている分、過ごしやすいです。

 

最後にオーストラリアらしさですが、これは、僕の中では、最高得点です。オペラハウスにハーバーブリッジ、ビーチ、フェリーなどなど、まさに、憧れのオーストラリア生活を満喫出来る都市ですね。

 

まとめると、シドニーに移住する場合、よっぽど良い給料の仕事がないと生活がきついですが、気候や、オーストラリアらしさでは、高得点です。まあシドニーの場合は仕事次第でしょうねえ。

 

■移住都市候補2 メルボルン

 

シドニーの次は、やはりオーストラリア第2の都市メルボルン

 

メルボルンを移住基準の点数で表した場合

 1. 仕事があるか? 5点

 2. 物価はどうか? 2点

 3. 気候は?    2点

 4. オーストラリアらしさ? 3点

 

合計 12点/20点満点

こんなとこでしょうか。

 

シドニーより少し低い、合計12点になりました。

 

メルボルンは人口400万人弱、シドニーに次ぐオーストラリア第2の都市です。

 

メルボルンのあるビクトリア州は、積極的に、外国の企業を受け入れる体制を整えており、そのせいもあって、日系の企業もたくさんあります。僕の就職できそうな「メーカー」もオーストラリアの中では一番多く、就職は一番しやすいです。

 

ただ、問題は気候。

 

メルボルンの気候は、オーストラリアの都市の中では一番寒いです。特に冬は、寒い上に雨が多く、結構憂鬱になることがあります。せっかくオーストラリアに移住するんだから、青い空、青い海の近くに住みたいですよね。

 

物価も、やはり高いですが、最近では物価の上昇率が著しいパースよりも安いという噂もあります。オーストラリアらしさが低いのは、メルボルンには、シドニーのような目玉が余りないからです。

 

ちょっと郊外に出ると、グレートオーシャンロードとか、ペンギンパレードの見れるフィリップ島などがありますが、目玉というには、ちょっと物足りません。

 

でも街の雰囲気は、結構良いです。トラムも走っているし、ビルも昔の面影があり、ヨーロッパ調の雰囲気はあります。街中の公園も、ものすごくきれいで外国チックな感じです。

 

マーケットもあちこちにありますしね。

 

自分にあった仕事が多いことから、なんとなく、最初はメルボルン近郊のメーカーで勤めることになるだろうなあなんて思っていました。

 

■パースについて

 

パースはワーキングホリデー、学生と、約10ヶ月ほどパースで滞在、オーストラリアの中で最も長く滞在した街です。

 

きれいな街並みと、ビーチ、フリーマントルの雰囲気に魅了され、オーストラリアに永住したいなあと、思ったのもパースです。そんなわけで、パースには特別の思いがあります。できればパースに移住したかったんですが。。。

 

パースを移住基準の点数で表した場合

 1. 仕事があるか? 3点

 2. 物価はどうか? 1点

 3. 気候は?    5点

 4. オーストラリアらしさ? 4点

 

合計 13点/20点満点

こんなとこでしょうか。

 

こう見てみると、パースはやはり、仕事をするところというよりも、引退して、ゆっくりのんびり過ごす場所のような感じです。

 

僕にとっては、上のようになりましたが、一般のオーストラリア人にとっては、今パースは最も仕事のある場所です。

 

どういうことかというと、ここ数年(2005年頃)オーストラリアは、マイニングブームで鉱物産業が盛んです。特にパース周辺の西オーストラリアは、たくさん鉱物がある場所なので、人手不足が著しく、そっち関係の経験者は引く手あまたなんです。

 

ですから今、オーストラリア人は、仕事を求めて西へ西へ移動しています。(笑)(つい先日、テレビで特集(「Go West(西へ行け)」って言う番組)をやってました)

 

また、マイニング関係の仕事は給料が破格に良い(年収数千万)ので、オーストラリアの平均賃金を引き上げ、物価の上昇を引き上げています。

 

家の値段の上昇率が一番高いのはパース。いくら値段が上がっても、マイニング関係の人だったら買えちゃいますんでね。少し話しがそれましたが、パースに行くのは、物価と仕事を考えると、悲しいですが非常に難しいという現実がありました。

 

■やっぱり仕事が先

 

どの都市を選ぶにしても大事なことは「仕事がそこであるかどうか?」。結局お金を稼ぐことができなければ生活ができないですし、何のために移住したのか分かりませんから。

 

ということで上の都市情報を頭に入れておきながら次は仕事探しについて書きます。

オーストラリア永住ビザ取得費用とかかった日数について

■永住ビザの取得にかかった費用と日数

 

今回は、永住ビザ取得にかかった費用と日数をまとめて書きます。結構この辺が気になっている方が多いと思うのですが、今回のお話は僕が永住ビザを取った、2005年当時の話としてお聞きくださいね。

 

それからうろ覚えの部分もあります。記録が残っているものはそのまま書きますが、無いものは、僕の記憶をたよりに書きます。細かいところは突っ込み無しでお願いします(笑)。

 

■費用関係

☆英語関係

 英会話学校 : 18万円(週2回で1年間)

 ブリティッシュカウンシルIELTSワークショップ : 約4万円

 英会話喫茶 : 約2万円

 NHKラジオ英会話 : 約1万円

 その他IELTSの参考書等 : 1万円

 IELTSの試験 : 約13万円(5回)

 

 英語関係合計 : 39万円

 

☆職業査定関係

 職業査定機関申請料金 : 約350ドル(当時のレートで約3万円)

 

☆永住ビザ本申請関係 

 永住ビザ申請料金 : 1,125ドル(当時のレートで約10万円)

 

☆エージェント関係

 コンサルテーション料金1 : 2,400ドル(契約~職業査定合格まで)

 コンサルテーション料金2 : 1,600ドル(移民局申請~永住権取得まで)

 翻訳料金 : 120ドル

 

 エージェント関係合計 : 32万(当時のレートで)

 

合計 : 39万円 + 3万円 + 10万円 + 約32万 = 84万円

 

■日数関係

 

永住ビザの取得を思い立ってからIELTS合格まで : 約4年間(2000年7月~2004年8月)

IELTS合格~エージェント決定 : 約3週間(2004年9月)

エージェント決定~職業査定レポート完了 : 約3ヶ月(2004年12月)

職業査定レポート提出~結果をもらうまで : 約1ヶ月(2005年1月)

職業査定合格~永住ビザ申請まで : 1ヶ月(2005年3月)

永住ビザ申請~追加書類請求まで : 約4ヶ月(2005年7月)

追加書類請求~書類確認 : 1ヶ月(2005年8月)

書類確認~永住ビザ取得 : 3ヶ月(2005年11月)

 

ざっとですが、費用が89万、日数が5年と3ヶ月かかりました。しかしこうしてみると英語関係にむちゃくちゃ苦労してる事が分かりますね。

 

費用の43%、日数の76%は英語関係にかかっています。だから今はゆっくり楽しく英語を勉強する事を心がけています。(それを言い訳に全くしていません(笑))

 

そして前々から言われていた事ですが、永住ビザの基準が2007年9月から多少変わります。詳細が分かり次第、このブログでも紹介しますね。

 

しかし、パスポートに貼ってあるたった1枚のシールタイプのビザをもらう為に

5年間と100万近い費用を使うなんて、いったいなんなんでしょうねえ。

 

オーストラリアの永住ビザを「世界で最も価値のある資格」という人もいれば、全く興味のない人には、ただのシールでしかないんですよね。

 

僕の場合、前者までは行かなくても、オーストラリアの永住ビザは、やっぱり欲しくてしょうがないものでした。それと途中からなんか意地になっちゃいました。

 

「ここまで来て後に引けるかー」

ってな感じで。

 

この気持ちが5年間継続。不思議と結果が出るまでは諦めようとは全く思いませんでした。この気持ちの持続が良かったのかもしれません。

 

これからオーストラリアの永住ビザをの取得を目指す方、

 

「1. 常に最新情報を仕入れるアンテナを張っておくこと」

「2. チャンスを逃さないこと」

「3. 結果が出るまで諦めない」

 

この三つを心がけてがんばってください。次回から、現地生活情報を多少織り交ぜながら、移住準備編に進みます。