写真は3月11日のRoyal Melbourne Hospitalのコロナウィルスチェック待ち行列

 

昨日の時点でまだまだオーストラリアは大丈夫なんじゃないかとほんの少しの希望を抱いていたおっさんですが、現実は上の写真のようになってるみたいですね。

 

で、これ思ったのですが、この人たち本当に症状が出ていて病院に行ってるのでしょうか?

 

もし、「心配だから」とか「念のため」とかいう過度の心配性のために来ているのだとしたら逆に危険ですよね?

 

例えば、この行列の人の99%の人は陰性で1%の人が陽性だとすると、現在健康の何もない人は自らの身を危険にさらしてます。(めちゃめちゃくっついて並んでるし。。。濃厚接触してるし。。。)

 

写真をみるとスマホいじったり、話をしている様子、顔色などを見るとそれほど切羽詰まって病院に来たとは思えない。並んでいる人の勝手だということを理解してあえて言わせてもらいますが、特に症状がないならこういうのはやめておいた方が本人のためにも周りの人のためにもいいと思います。

 

例えば咳が激しくて病院に行かないとヤバイっていうならしょうがないのですが、熱が出ているくらいならとりあえず自宅で療養するのが一番安全です(コロナじゃない可能性もあるわけですから)。と僕はこの写真を見て再認識しました。

 

■メルボルンで控えているパンデミックの可能性のある2大イベント

 

1:F1レース

 

F1は世界的なイベントですが、いまのところ予定通り行われます。このイベントには世界中からファンが訪れます。今まで中国、韓国、イランからの人を止めているオーストラリアですが、昨日3月11日になってからイタリアを追加。

 

そもそもイタリアって韓国よりヤバイ状況でしたよね。でも昨日までトラベルBANがイタリアに対してなかったのは、F1の為にわざと遅らせた???という疑惑を少々感じました。(僕個人の意見です)

 

アルバートパーク周辺もレース会場設置工事がほぼ終了。そりゃそうだ、だって明日13日が初日ですから。(ちなみにメルボルンのF1は13日、14日、15日の3日間の予定)

 

タイミングが悪いことに、本日3月12日にWHOがパンデミック宣言をしました。この状況で世界的なイベントがメルボルンで行われる。しかも宣言の翌日から。。。

 

2:フッティの開幕

 

オーストラリアで一番人気のあるスポーツがAustralian Foot ball。この開幕が来週3月19日。メルボルンにはMCGスタジアムという会場があります。その収容人数はなんと10万人(正確には10024人)。

 

東京ドームで野球を行う際の収容人数が46000人ということを考えると、巨人戦で満席の2倍以上のお客さんが一気に一つの会場にあつまるという。。。。

 

しかもこれ開幕の初日だけじゃなくてこれからコロナが広まる可能性があるのに、9月25日まで毎週末行われます。

 

当然MCGだけじゃなくて、もう少し収容人数が少ない会場もあちこちにありますからね。。

 

日本ではプロ野球の開幕が遅れるとか、オープン戦は無観客で行われるとかいう措置をしていますが、オーストラリアって患者数から見るとそこまでではないですし、難しい対応だと思います。

 

オーストラリア政府は今のところうまくコロナウィルスを抑え込んでいると思いますけど、もし上の2大イベントが予定通り始まるとどうなるのか?

 

最悪ここからパンデミックが始まる予感がするのは僕だけでしょうか?

Pocket
LINEで送る