【2020.4.9】

 

■オーストラリア外出制限の効果

 

3月16日に非常事態宣言をビクトリアが出した時は、オーストラリア全体のコロナ患者は500人程度でした。

 

当初は日本よりも少ない人数だったので、「んな大げさな。。。」くらいに思っていましたが、あれよあれよという間に2000人、3000人を突破して、3週間ちょっと経過した今日、4月9日でで6000人を突破しました。

 

ただ、新規のコロナの人数は、はじめて2ケタ台に突入(昨日は96人)しています。これは世界的に見てもかなりダメージが少ない段階での終息の兆しです。

 

 

今後、50人以下になるのがいつになるのか?10人以下になるのがいつになるのか?とりあえず注視していきます。

 

経済に対してもそうですね。リーマンショック後同様、オーストラリアはこの不況から最も早く脱する国になるのかどうか?ちょっと見ものですね。

 

しかしながら、明日からオーストラリアはイースターホリデーで4連休。天気もそれほど悪くない。

 

どれほどの人たちがこの外出制限を守ることができるのか?

 

今後のオーストラリアの経済、通常の生活への回復スピードはそれにかかっています。ここで油断する人たちが出てきて、第二波がイースター後に来るのではないか?とささやかれていますが、そうならないように祈っています。

 

日本も頑張れ。。。マジで。

Pocket
LINEで送る