【2020.5.20】

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今日、ちょっと驚きのニュースが入ってきたので、記録しておこうと思いました。それは、「タイ航空が経営破綻」というニュース。

 

オーストラリアでも先日ヴァージン航空が経営再建に入りましたが、タイ航空は政府系の航空会社でオーストラリアでいえばカンタスが破綻するようなもの。インパクトが違います。

 

僕も日本帰国の際、個人的にタイ航空は何度も利用したことがあっただけに悲しいニュースです。

 

ただ、政府系というのもあり、経営破綻=即運航停止ではなく、運航を継続しながらリストラなどの更生計画を実施していくそうです。

 

■オーストラリアの財政は大丈夫か?

 

オーストラリアは、厳しいロックダウンでコロナを制圧しています。そこは評価できます。今後はこれからどう経済を回復させていくかが問題です。

 

オーストラリア政府は、数々の経済支援策を発表しました。今それが実施されている段階ですから、どんどんお金が無くなってきていると思います。

 

最近、制限を解除してきているのも、コロナが制圧できているということもありますが、それ以上に財政が持たないという理由もありそうな気がしています。早急な経済回復策を期待しています。

 

■日本はなぜかそんなに窮地に陥っていない

 

正直僕は日本のぬるいコロナ対策は、日本を欧米のようにしてしまうのではないか?と思っていました。ですが実際は厳しいロックダウンもせず、自粛要請しかしなかったのに、死者も新規患者も欧米ほど増えてない。

 

BCGが効いているとか、根本的な衛生基準が他の国とは違うとか、いろんな説がありますが、実際問題、非常事態宣言をして各都道府県が自粛に入ってから2週間ほどで劇的な効果を得ました。

 

そして、今は経済回復に進んでいるという。。。ね。(信じられないほどの強さ)

 

おそらく日本はこのままいくとダメージも少なく、世界で最も早い段階で経済回復しそうですね。(日本人としては誇らしいです)はやいとこ日本とオーストラリアの国交が正常化すればいいなあ、と願っている今日この頃です。

Pocket
LINEで送る