記事一覧

0コロナ政策はいつまで続く?発表の2時間後からロックダウン

【2021.8.23】

 

またか~。。。

 

先週の土曜日から、メルボルン都市圏だけでなく、僕が住んでいるRegional Victoriaでもロックダウンが再び始まりました。しかも今回は、ロックダウン発表の2時間後からロックダウン開始でした。

 

「オイ、、、アンドリュー君、早スギダロ!!!」

 

そう思った人も多かったはずです。

 

■事のはじまり

 

事の始まりは、8月20日(金曜日)にメルボルンの北約190kmの場所にあるShappartonという町で新規コロナ患者が出たこと。

 

これはRegionalのロックダウンが解除されてから2週間で初めての出来事であり、Regionalが再びロックダウンになるのか?注目されていました。

 

金曜日には結論は出さず、土曜日に持ち越され、土曜日の朝10時半から会見が始まり、その日の午後1時からロックダウンが開始されるとのこと。

 

ここまで急なロックダウンは今までありませんでした。

 

■おっさんが思った問題点/疑問点

 

1. この広いビクトリアをメルボルン都市圏とRegionalの2つにしか分けていない。

 

今回は、Sheppartonでコロナ患者が出たのですが、数百キロ離れた、HorshamとかWarrnambool、Milduraなどの街も同じRegionalとしてくくられているため、コロナ患者が0なのにロックダウンしています。

 

距離を日本で例えれば、名古屋でコロナ患者が10人出たら、西は広島、東は栃木までロックダウンするというものです。

 

2. 発表から2時間はいくら何でも早すぎる

 

月-金のビジネスは問題ないんですが、レストランとか営業をしようとしていたビジネスなんかは本当に困ると思います。

 

知り合いでレストランを経営しているところなんかは、刺身を提供しているのでロックダウンのたびに仕入れた魚を、捨てちゃうよりはましということで、街の日本人に安く売っています。

 

おかげで僕の家族は新鮮な刺身を数週間に1回食べることができているのですが、そのたびに「ほんと大変だなあ」と申し訳ない気持ちにもなり、複雑な思いです。

 

3. ワクチンを打ったインセンティブが全くない

 

自由になるためにワクチンを打ったのに、ワクチンを打ってない人との差が全くありません。例えば、ワクチンを打ったら制限を5kmから10kmにしますよ~とか、スポーツ施設を使ってもいいですよ~とかいうのが全然なく、打っても打たなくても同じように制限される状態。

 

僕は、ワクチンを打たなければ日本に帰れないので、実質打たないという選択肢はありません(実際すでに2回接種が終わりました)。でも今のところそのベネフィットが全く感じられていないのが実情です。

 

4. 相変わらずロックダウンしかしていない?

 

コロナ発生から1年半以上経って、ワクチンの普及率が上がってきています。オーストラリアは、ワクチンを打つ資格がある人のうち、1回以上接種した人の割合が50%を超えました。

 

さらに治療法も抗体カクテル療法などどんどん効果的なのが出てきています。こんな感じで状況は変化し続けているのに、やっていることは変わらず全州ロックダウン。一つ覚えですね。アンドリュー君がテレビに出てくるたびに「どうせロックダウンでしょ。。。」としか思いませんね。

 

■ロックダウンはデルタに通用するのか?

 

シドニーは7月からロックダウンを開始。8月末に差し掛かった時点で今までのワーストを更新、一日に800人を超える新規患者が出ています。

 

これは去年メルボルンが記録したオーストラリア国内ワーストの1日700人を超えており、ロックダウンを行ってから1か月半経ってもどんどん患者が増え続けていることを示しています。今のところデルタにはロックダウンは通用していません。

 

ただ、ウィルスは人から人へ感染するので、行動を抑えればどこかでピークに達し、その後は下がってくるはずですが、デルタは今までのコロナよりもその感染力が強力な感じなので、そのペースが今までになくゆっくりです。

 

結局NSW州のロックダウンは9月末まで延長されたようですが、個人的には11月近くまで、下手をすると年末ごろまで続くのではないかと思います。

 

ですがそのころにはワクチン普及率(2回接種)が最低でも70%を超えるはずですから、いよいよロックダウンなしのWithコロナの時代が来るのかもしれませんが。。。

 

■0コロナ政策の行く末

 

オーストラリアは政府がワクチン普及率が上がってくに連れて、ロックダウンなどの制限をなくしていくというロードマップを発表しています。

 

政府としては、国境を閉鎖し、何かあったらロックダウンして新規患者を抑えつつ、ワクチン普及率が高まるまで大規模なロックダウンなしにいくつもりだったのでしょうけれど、NSWで感染が爆発してしまい、ビクトリアも全州がロックダウンに入りました。

 

今オーストラリアの各地ではロックダウンに抗議をする人がデモ行動を起こしており、逮捕者も数百人出ています。

 

そろそろロードマップの具体的な時期を政府が発表しないと、人々の我慢も限界にきているような感じですね。「いつまでこんな我慢をしなければいけないんだ」というのが大半の意見だと思いますので。

 

■自分自身への影響

 

僕は田舎なので都会の人よりもロックダウンの期間が短いですし、仕事もエッセンシャルのため、一度も止まったことがありません。ですから、都会の人に比べれば全然ましなのですが、それでもロックダウンのたびに「またか~」と残念な気持ちになります。

 

我が家への直接的な影響としては、

子供たちの通学がない、スポーツができない、メルボルンへの土曜校がオンライン

という感じでしょうか。主に子供たちへの影響ですね。

 

今回の場合は、地域でまったく感染者がいない状態なのに「なぜここでロックダウン?」という不満が大きいです。

 

もう少し細かく地域を分けてロックダウンをすることはできないのでしょうか?

 

といくらここで不満を言ってもオーストラリアは今更変えようもなく0コロナを続けるんでしょうね。。。特にビクトリアは、去年ロックダウンで成功をおさめたので、それしか考えられないのかもしれません。

 

ただ、これでワクチンの普及率が80%に達した時点でも相変わらずロックダウンをやってたら、、、みんなの不満が爆発し、暴動がおこりそうで怖いです。。。

 

ロックダウンの犠牲者>コロナ患者となる前にワクチン普及率が高まることを望みます。

 

■おまけ:今回のロックダウン詳細(メルボルン領事館のメルマガより)

 

(1)外出は居住地から5km圏内に制限され、以下の5つ理由以外での外出は認められません(パートナー訪問等の例外を除く)。 
 ア 食料品や物資の買い物   
一世帯当たり1人が1日1回のみ可能(介助者が必要な場合を除く)。なお、居住地から5Km圏内に店が無い場合は、最寄りの店まで移動可能 
 イ 介護及び医療 
 ウ 必要不可欠な仕事または許可された通学
23日(月)23:59より、許可された職業の従業員、及び高等教育機関の学生は許可証の携帯が必須。
 エ 運動:屋外での運動は1日2時間以内、大人2名まで若しくは扶養家族に限定。シェアハウスや大規模な世帯は、世帯全員での運動不可。
 オ ワクチン接種 
(2)マスクの着用 
 ア 12歳以上:外出時は、屋内及び屋外に関わらずマスク着用必須
 イ 小学生:外出時は、屋内及び屋外に関わらずマスク着用推奨
 ウ 公共の場でマスクを外しての飲酒禁止
(3)自宅訪問と集会 
 ア 自宅訪問は禁止。但し、パートナーは許可 
 イ 屋外での集会は禁止 
(4)学校及び仕事 
 ア 幼児教育:閉校 (許可された必要不可欠な仕事を持つ親の子、ケアが必要な子を除く)
 イ 学校:閉校(許可された必要不可欠な仕事を持つ親の子、ケアが必要な子を除く) 
 ウ 仕事:可能な限り在宅勤務 
(5)娯楽施設 
 ア ジム、プール、コミュニティセンター等は閉鎖 
 イ 公園の遊戯設備、バスケットボールの設備、スケートパーク、屋外運動器具などの使用禁止

東京オリンピックから意識が変わっていくのを期待

【2021.7.27】

 

最近はずーっとオリンピック観戦してます、おっさんです。

 

昨日の夜は特に興奮しました。。卓球の水谷・伊藤選手が中国を破っての金メダル。。あれはマジですごかった~。

 

数日前にドイツ戦最終ゲームで土壇場からの逆転勝ち。。。そのシーンも見てたんですけど、そこからオリンピックの神様が2人にはついていたのかな?まあとにかくうれしい一日でした。

 

■ビクトリアはロックダウンが今夜解除に

 

さて、ビクトリアはここ12日間のロックダウンをしており、厳しい行動制限があります。メルボルンでは、ロックダウンに反対する人々によるデモが行われ、逮捕者も出ているほど。

 

そんなロックダウンも今夜の深夜0:00から解除になります。明日から子供たちも学校に行き、スポーツなども自由にできるようになります。これでビクトリアは5度目のロックダウンが終了します。

 

■いつまでCovid0政策を続けるのか?

 

オーストラリアは日本と違いCovid0政策を一貫して取り続けています。今回のビクトリアはコロナ新規患者が5人出た時点で12日間のロックダウン。

 

NSW州は対応が遅れたたため、1か月くらい経った今でも全くロックダウン解除の見込みはありません。(1日100人程度の新規患者が出ている)

 

NSW州はあと数週間はロックダウンを続けるでしょうね。

 

ただ、日本がオリンピックをやって成功を収めると、今後の世界の人々の風潮が急激に変わってくる可能性があるなあと僕は感じています。

 

■Covidゼロからwith Covidへ

 

おそらく今後の国際スポーツ大会はよほどのことがない限りキャンセルされない事でしょう。それは日本がコロナの中、ロックダウンもせずに(非常事態宣言は出てますが)オリンピックという世界の中で最も大きなスポーツ大会を成功させたという実績をつくった(これから作る)ため。

 

菅さん、(でしたっけ?)、”人類がコロナに打ち勝つ証としてオリンピックを行うんだ”ということを言ってた気がしますが、それを聞いた当時は僕自身”ピンとこなかった”その言葉がいまは、”なるほど、そういう事だったのね”と理解できるようになってきました。

 

コロナやばい→ロックダウンの連鎖から、

 

ワクチン打ちながらコロナと共に生きていく

 

っていうように、今回の東京オリンピックの成功をきっかけに、人々の意識が変わってくるのではないかな?と思います。

 

僕も日本のニュースを見ているので、いろんな問題が噴出しているのは知っています。ですが、今回のオリンピックのために数年間必死で頑張ってきたアスリート、そしてその人たちを応援する各国の人々、世界中に感動を与えている大会という時点でそれは成功と言っていいのではないかと思います。

 

■ロックダウンなしの世界へ

 

「いつまでもロックダウンの繰り返しなんてやってらんないよね。」

「いつかはまた自由に国内や世界を行き来できるようにしたい」

 

これはすべての人の願いです。ウィルスは絶対に消滅しませんから、結局いつかは、コロナと共に生きる世界に移行していきます。

 

じゃあ、いつ今の0政策を辞めて、コロナと共に生きる政策になるのか?

 

そのカギとなるのがワクチンの接種率でしょう。

 

今オーストラリアでは、ファイザーのワクチンが不足しているそうなので、そういったワクチン不足が無くなり、国民の半数くらい(60%程度?)が接種し、いつでもワクチン打てるぞ、っていう状態になったらCovid0政策を辞めるでしょうね。

 

一定数俺はワクチンを打たないぞ、っていう人もいますけど、それはそれでその人が選んだことですからしょうがないです。(ワクチンがいつでもありますよという状態で、自分の希望で接種しないんですから)

 

まあ、その方向転換がいつっていうのが問題なのですが、現実問題として今年いっぱいは無理でしょう。個人的には来年3月くらいを目指すのではないか?と希望を込めつつ思います。

 

■ワクチンパスポートはできる

 

フランスでは、テーマパークに入場するのに、ワクチンを接種したという記録を提示することが義務化されたそうです。今後は、国内のテーマパークだけでなく、外国に行く際にワクチン接種済を証明する必要があることになりそうです。

 

となると、日本に行きたければワクチンを接種する必要があるわけで、まあ僕にはワクチンを打たない選択肢はありません。

 

今後、ファイザー2回目の接種がありますが、そのあとはもう少し安全と言われている日本製のワクチンを打てるようになればさらに良いですね。

ファイザーのワクチンを打った|副反応はあったの?

【2021.7.15】

 

今現在オーストラリアではシドニーでコロナ患者が広がっており、ロックダウンを3週間以上も継続しています。

 

ビクトリアでも、再びポツポツと出てきました。先日までスクールホリデーがあったので、シドニーに行った人が帰ってきたのもありますし、シドニーから来たトラックがマクドナルドに立ち寄ってしまい、そこから広がってしまったかも。。。というのもあります。

 

さて、そんな中僕は約1.5か月待ちのファイザーのワクチンを先日打ってきました。

 

割とそういう時期って、ワクチン接種後に副作用があったとか、死亡例もあるなどのニュースが特に目に留まりますよね。若干ビビりながらもこれを打たないと日本に行けないから。。。と自分に言い聞かせていってきました。

 

■ファイザーがアストラか?

 

今オーストラリアでは、ファイザー製とアストラゼネカ製のワクチンがありますが、これは年齢によって分けられています。

 

60歳以上→アストラゼネカ

59歳未満→ファイザー

 

です。以前は50歳以上はアストラゼネカ製だったのですが、ある時から年齢が10歳上がりました。よくわからないですが、ファイザー製のワクチンをより入手できたからなのだろうと思います。

 

そして、モデルナ社製のワクチンは9月~10月には、Availableになるとのニュースをやっていたので、そのころには3つの選択肢があるのだろうなと思います。

 

■実際にファイザーのワクチンを打ちに行った結果

 

僕が住んでいる田舎街では、ファイザー製のワクチンを打てる場所は1か所しかありません。そこは普段はホテルとイベント会場があるところですが、数か月前からワクチン接種場所として現在は使われています。

 

それほど並んでいる人はいなくて、係の人に

「予約はあるの?」

「ある人はこっちでない人はこっち」

と言われ、僕は予約をしていたのであるほうへ行くと、また別の係の人がこの椅子に座って待ってて。。。と。

 

2分ほど待っていると、すぐにこっちに来て、とブースで区切られた場所へ案内されました。そこでもまた問診ですね。

 

今風邪の症状はない?

以前コロナにかかった事は?

などなど。

 

で、いよいよ注射です。

 

■実際副作用は?

 

僕はもともと注射が嫌いだったのもあるし、上に書いた通り若干ビビっていたので、刺す瞬間は見ませんでした。

 

でも、針が刺さった瞬間から痛かったです。2か月前にインフルの注射もしましたが、その時は、針が刺さったのかもわからないくらい何も感じませんでしたが、今回は痛かったですね。

 

その後も一日、次の日も一日痛かった。3日後にはほとんど痛みもなくなりました。

 

こんな感じで痛みはあったものの、熱も出ることなく、ただ痛いってだけだったので何てことはありませんでした。まあただ、1回目でしたので、多くの人がこんな感じなのかな?

 

2回目は3週間後。どうなるのか?経過をまた書きます。

海外滞在中に日本の自動車免許の期限が切れてしまう場合の手続き

【2021.6.3】

 

こんにちは。

 

ロックダウンの状況ですが、メルボルンは引き続き7日間の延長、リージョナルビクトリア(郊外地域、要するに田舎)に関しては、新規感染者が今日出ない事を前提に、明日からロックダウンが解除となります。

 

僕が住んでいる地域はリージョナルビクトリアに入りますので、うまくいけば明日からロックダウンが解除となります。どうかリージョナルで新規感染者が出ませんように。。。

 

■海外在住者の自動車免許の更新について

 

さて、ここからが本題。

 

先日、日本にいる妻の妹から自動車免許の更新手続きレターが来たよとの連絡があり、「どうしたらいいのか?」分からず調べてみることに。

 

というのも、僕は日本に帰った時に必ず車の運転をするので、2006年にオーストラリアに移住して以降ずーっと日本の自動車免許を更新してきました。

 

今までは、年に2~3回日本に帰国していたので、タイミングをうまく合わせて更新してきたわけですが(当然毎回ゴールド)、今年の更新期限(来月)までには帰国できそうにありません。

 

■通常の免許更新手続きの場合

 

参考サイト:警視庁

https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/living_abroad.html

 

お役所らしいすごくややこしい書き方ですが、シンプルに書くとこうなります。

 

海外在住者が日本の免許更新を問題なく行える条件は基本は以下の2つで、

1. 誕生日を挟んだ前後1か月なら問題なく更新できる

2. 1の期間に日本にいない場合は1か月以上前でも更新できる。

ということになります。

 

僕の場合は上には当てはまらないので、以下のようになります。

 

■通常の免許更新手続きができなくなってしまった場合

 

もし更新期限を過ぎてしまった場合は、過ぎてしまった期間により変わります。

 

・過ぎてしまった期間が6ヵ月未満の場合

まず、6ヵ月未満の場合でも免許失効になります。ただし、再度免許を取得する場合、「技能試験及び学科試験が免除」されます。技能と学科が免除になるなら何をするのか?ということですが、特定失効者に対する講習を受けることになります。

 

この場合の必要書類は

申請書

旧免許証

申請用写真1枚

パスポート(日本入国時にスタンプを押してもらう事)

住所がわかる本人宛郵便物(海外に住んでいた証拠です)

手数料

 

・過ぎてしまった期間が6ヵ月以上、3年未満の場合は?

 

やむを得ない事情があった場合に限り、6ヵ月を過ぎても帰国後1か月以内に免許更新手続きを行う事で、6ヵ月未満の場合と同じ条件になります。必要書類も一緒です。

 

つまり、必要書類をそろえれば、講習を受けることで更新ができると。ただし、最初の帰国時に免許の更新をしないと、手続きがさらにめんどくさくなる可能性があるとも書かれています。

 

例えば来年コロナ後に、会社の出張で日本に帰国したとします。その場合でも日本に帰国したという記録が残りますから、この時(コロナ後最初に帰国したとき)に免許更新をしないと後でプライベートで帰国したときにやろうと思っても手続きがめんどくさくなります。

 

要はなぜ最初に帰国したときに免許更新ができなかったの?という質問に対し、これこれこういう理由で。。。と答え、その証拠となるものを見せることができればいいのだと思いますが、まあめんどくさいですよね。相手はお役所ですし。

 

・3年以上過ぎた場合は?

 

試験の一部免除は認められません。つまり学科も技能も受けろと。。これは何としても避けたいです。

 

とまあ、今のところコロナの特例はなさそうですが、コロナで帰国できないことがやむを得ない事情に当てはまるのなら、どうにかなりそうですね。

 

■そもそもオーストラリアの運転免許でも運転できる?

 

色々調べていくうちにもしかしたらオーストラリアの運転免許でも日本で運転できるのでは?と思いこちらも調べてみました。

 

参考サイト:警視庁

https://www.npa.go.jp/policies/application/license_renewal/have_DL_issed_another_country.html

 

こちらのサイトによると、オーストラリアの運転免許証では日本で運転はできませんでした(残念~)。ジュネーブ条約に基づく国際免許を持っていれば大丈夫なのですが、オーストラリアでいちいち国際免許証を発行してから帰国するのもめんどくさいので、僕はとりあえず日本の免許証の更新を目指します。

 

なんだかんだいいつつ僕は日本の免許センターの「無駄だらけのThe 日本のお役所的な手続き」を楽しんでいます。(あっち行ってください。。次は●●番に行ってください。。収入印紙買ってください。。交通安全協会に入りますか??「いえ、入りません」。。。みたいな)。

 

また、免許センター近くのタバコのにおいがプンプンしている昔ながらの喫茶店で、ランチを食べるのもなんか楽しいですし。

 

ということで、コロナによるやむを得ない事情の場合、更新日を過ぎても何とか更新できそうという事がわかりました。

 

【追記:2021.9.28】

 

今日メルボルン領事館から来たメールでちょうどこのことが書いてあったので、コピペします。おおよそ、上で言っている内容であっていると思います。

 

●警察庁は、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続を一覧で公表しました。

【本文】
 海外に中長期にわたり滞在されている方は、今般の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の状況において、日本の運転免許証の更新に関してお困りのこともあろうとかと存じます。
 このたび、警察庁は、運転免許証の更新について、海外に滞在されている皆様が活用可能な手続を一覧で公表しましたのでお知らせします。

警察庁ホームページ「海外滞在者の自動車運転免許証の更新等に係る特例について」
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/menkyo/kaigai_tokurei.html
<措置のポイント(一部抜粋)>
・海外赴任中の方は、更新期間前でも、一時帰国の際に更新することができます。(リンク先画像2枚目)
・期限内に更新できなかった場合でも、以下の2つのいずれかにより、帰国後スムーズに免許の再取得ができます。

1  免許が失効して帰国した際も、外国で免許を取得している方は、視力など簡単な検査のみで日本の免許を取得することが可能です。(画像3枚目)

2  外国で免許を取得していない方は、失効後3年以内で、帰国後1ヶ月以内であれば、更新と同じ手続で免許を取得することが可能です。(画像4枚目)
・また、外国等で取得した国際運転免許証等を所持することによって、日本の免許を受けることなく(日本に上陸したときから1年間)、日本で運転することが可能です。(画像4枚目)
・これらに加え、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、有効な運転免許証をお持ちの方は、事前に郵送等で申請いただくことで、運転・更新可能期間を3ヶ月間延長することも可能です(繰り返して申請することも可)。(画像2枚目)

 

やはり、困っている人がたくさんいるんですね。