記事一覧

エアーズロックが登山禁止|20年前の芋虫を食べた記憶がよみがえる

シドニーのオペラハウスと並ぶオーストラリアの象徴、エアーズロック。実際に行ったことはなくても、テレビで見たことがある人も多いのではないでしょうか?

 

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんことあっきーです。今回は、2019年10月26日から登山禁止となるエアーズロックについてご紹介します。

 

■エアーズロックの基本情報

■20年前の登山経験

■アボリジニの住む村を訪ね芋虫を食べた体験談

■エアーズロックが登山禁止になった理由

 

■エアーズロックの基本情報

 

・正式名称 ウルル

・世界最大級の一枚岩

・1987年に世界遺産に登録

 

写真とかで見ると、砂漠の真ん中に岩がドーンと座っているように見えますが、実は地下に大部分が埋まっていて、氷山みたいな感じです。

 

地表に見えている部分は全体の10%以下なので、いかにでかい岩なのかがわかります。

 

■20年前の登山経験とアボリジニ村へ訪ねた記憶

 

僕は、2000年1月にエアーズロックへ行きました。当時一人でラウンドしてて、シドニーから出発しオーストラリアを半周している途中でエアーズロックに寄りました。

 

バックパッカーズホステルなどもあり、僕は当然お金がなかったのでそこに宿泊。ドミトリー(相部屋)だったので、汗臭い白人と一緒の部屋だったことを記憶しています。

 

エアーズロックに行ったのは1月で真夏。暑すぎて早朝のみ登山が許されていました。友達がツアーガイドをしてたので、そのツアーに参加。

 

まずはバスでエアーズの周りを一周。なぜか水が岩から流れ落ちてきて滝になってたり、その下に池があったり不思議な感じがしました。

 

で、実際の登山ですが、テンションが上がりすぎて走って登りましたね。若かったので全く疲れずあっという間に登頂。

 

頂上からの景色は絶景でしたね。20年たった今でも覚えているくらいですから。遠くの方にマウントオルガ(岩の群衆)が見えてそれもナウシカのような景色で感動しました。

 

実際エアーズロックの近くにはvalley of the wind(風の谷)と呼ばれる場所があって、その辺の景色がナウシカそっくりなので、おそらく宮崎駿監督はこの地をモデルにしたのではないか?と噂があります。(当時のワーホリ界では超有名な話だった)

 

■アボリジニの住む村を訪ね芋虫を食べた体験談

 

ウルル(エアーズロック)の近くには、アボリジニが住む村があり、そこを訪ねてくらしぶりを見るというツアーもあったので、おもしろそうなので参加して見ることに。

 

アボリジニの村といってもガチの野生の人たちではなく、いわゆる商用(要は商売で暮らしぶりを見せてくれる)ひとたちでした。

 

アボリジニの人たちが食べているものは全て自然からとれるもので、木の実とか葉っぱとかはもちろんのこと、アリとか芋虫も食べています。

 

で、これらの食べ物を体験で食べられることとなり、僕ともう一人の日本人の方が手をあげ、生の芋虫と焼いた芋虫、そして蜜アリを食べました。

 

感想ですが、

生の芋虫→卵の白身

焼いた芋虫→ピーナッツバター

蜜アリ→ちょっと酸っぱい蜂蜜

ってかんじで、まあまあうまかったです。

 

今食べるか?と聞かれれば絶対に食べませんけどね。。気持ち悪いし。。。あと、アボリジニアートなども見せてくれました。おばちゃんたちがニコニコしながら一つ一つのドットをキャンパスに書いていて、独特で面白かったですね。

 

アボリジニアートについては、また別記事にしますので、楽しみにしてといて下さい。

 

■エアーズロックが登山禁止になった理由

 

一言でいうと、『アボリジニにとって聖地だから』です。

 

いやいや、今までも聖地だったでしょ??って思われると思いますが、今までは無視され続けてきただけです。

 

最初はやっぱり観光のため(要はお金ね。。)に、アボリジニの人たちの願いは無視されてきたのですが、アボリジニの人々の人権や文化をリスペクトするという意見を無視できなくなってきたというのが実情です。

 

そもそも論ですが、白人の冒険家(キャプテンクック)がオーストラリアにきて建国してから約200年、アボリジニの人々は5〜6万年前から文化を形成している。

 

どちらの文化が尊重されるべきかは言うまでもありませんよね。

 

僕も当初はそんな事を考えた事もなかったですし、そんな事実も知らなかったので、まあ上に書いた通り喜びいさんでエアーズロックを駆け上がったわけですが、今となっては原住民の人たちの文化をリスペクトすべきだったかなあと思えるようになりました。

 

例えばですよ。ペリーが来航した時に伊勢神宮とか土足で入ってきたらどう思います?圧倒的な兵力で有無を言わさず無理やり制圧されたらどう思います?

 

っていうことをやられちゃったわけですから。。。当時はもちろん今とは違う価値観だったので、今更当時の事を言ったところでしょうがないっちゃしょうがないですけどね。

 

今回、聖地が元の人々の元に返ったので今後はそれをリスペクトして守っていくのが我々の役目で、次の世代にしっかりとつないでいきたいものです。

 

 

一時帰国中台風19号のためシンガポールで足止め|参りました

ガチ移住ブログのおっさんことアッキーです。現在一時帰国中ですが、台風19号ですごい被害が出てますね。

 

亡くなられた方が60人くらい、行方不明も多数、この数は日々増えています。長野では北陸新幹線が水没、鉄橋が川に流されたり、日本の各地で川が氾濫。。。

 

僕は今回一時帰国する際、シンガポール経由で来たのですが、シンガポールから東京に行く飛行機が台風により遅れ、その結果、シンガポールで一泊しました。

 

ということであまり経験することがない体験をしたので、このブログに記録しておこうと思います。

 

台風については、もちろん、オーストラリアにいるころから日本に迫っているというニュースを知っており、注視してました。

 

何せ僕が日本に到着するのが13日の朝、台風は12日の夜から13日の朝にかけて関東を直撃するという予報だったので。。。予定通りだと、台風が通り過ぎてから数時間後に僕が日本に到着するというまさにドンピシャのタイミング。どうなることやらと、一週間くらい毎日天気予報を見てました。

 

当日、シンガポール航空社員なら情報を持ってるかな~と思い、メルボルン空港でチケットを発行してもらう際、日本行きの飛行機はどうなの?遅れとかはある??と聞いたのですが、「あ~台風は昨日来たけど、もう今は大丈夫よ」(明日の朝日本に到着する予想なのだが。。。)といい加減なことを言われ、(こいつらに聞いても無駄だわ。。。シンガポール空港まで行けば何か情報はあるだろう)と思い、メルボルンでの情報収集はあきらめ。不安を抱えたままシンガポールに旅立ちました。

 

で、シンガポールに到着したのが夜の10時くらいだったのですが、飛行機を降りてからすぐ、空港のパネルで自分が乗る飛行機をチェック。

 

出発時間は再スケジュールとの案内を見ました。

 

ですが、時間が分からなかったので、空港のインフォメーションに確認しました。すると、次の日の朝出ることが分かりました。そうなると日本に到着するのは13日の夕方になりますが、まあしょうがないです。半分くらいは覚悟してたので。

 

で、そのことを知ったのが、シンガポール時間の夜の10時くらい。

次の日の朝、飛行機の出発が8時。

正味シンガポール滞在時間が10時間くらいだったでしょうか。

 

既にメル→シンガまでで8時間くらい。結構疲れてましたので、最悪空港で一晩明かすことになるのかな?とゾッとしたのですが、とりあえずもう少しましな案はないか?あがいてみようとちょっと考えてみました。

 

まず、試したのがトランジットホテル。シンガポール空港には、空港内にホテルがあって、時間単位で借りることができます。ただ、ホテルの場所がターミナルの一番端っこなので、行くと結構疲れます。

 

結果、結局空いておらず。この時点で半分空港内で一晩明かす事を覚悟。とその時、携帯にシンガポール航空からテキストメッセージが届いていることに気が付きました。何やら指定レストランでの食事は無料になるとのこと。

 

とりあえず、シンガポール航空のカウンターに食事券をもらいにいくことに。すると、食事券だけでなく、無料ホテルチケットももらえることになりました。そんなことメッセージには一切書いてませんでしたが。。。

 

とりあえずラッキーって思ったのですが、ホテルは空港の外にあるとのこと。一旦出国手続きが必要になります。その時点で時間は夜の11時近くになっていたので、ちょっと迷いました。

 

だってめんどくさいですよね。どうせホテルに行っても、朝6時には空港に来なければいけない。だとすると、数時間しか寝れないし、それなら空港のラウンジで寝たほうが良いのではないか?と一瞬考えました。

 

でも、メルボルンからシンガポールまで座りながら来たのに、また座って寝るのは大変です。たとえ数時間でも横になった方が疲れが取れるだろうと考え直し、ホテルに向かうことにしました。結果これが大正解。

 

出国手続きはめちゃくちゃ簡単で、出国カードを書いて、カウンターの人に渡すだけ。並んでいる人もいなかったので5分もかかりませんでした。

 

タクシー乗り場も空港の外にでたらすぐにあったので、簡単にわかりました。ちなみにタクシー代もシンガポール航空が出してくれました。

 

料金の支払い方法はホテルに着いたら、ホテルの人がタクシーの運ちゃんにお金を支払い、タクシー代とホテル代をまとめてホテルがシンガポール航空にチャージするというもの。

 

空港からホテルまではタクシーで20分くらい。初めての道でしたし、高速でしたから結構遠く感じましたね。次の日は日曜日だったので渋滞はないと思いましたが、朝早めに起きて空港に行くことを覚悟しました。

 

結局まあホテルで寝たのが夜の12時すぎ。朝早く起きなければいけないプレッシャーからか、2時半にが覚め(気が弱いおっさんです)、そのままそれ以上は寝れずにホテルを出る時刻に。。。

 

ちなみに帰りのタクシー代は自分で支払い、空港でシンガポール航空に現金をもらいました。

 

まあ、それでもやはりシャワーを浴び、少しの時間でも横になったことで、空港で寝るよりもだいぶましだったと思います。意外と体は疲れていませんでした。

 

どこかの修学旅行生(何とか国際学校のア●生徒と●カ先生)が飛行機出発時刻を過ぎてからだらだら乗り込んできて、1時間くらい遅れましたが飛行機は無事出発。そのまま無事に日本に到着することができました。

 

とまあ、僕も今回のでかい台風の影響を軽く受けた一人となったわけです。でもまあこればかりは自然災害ですからしょうがないですね。

 

あとこれは、シンガポール航空だからホテルとか食事とか出ましたけど、これジェットスターじゃ一切出ませんからね。ジェットスターとか他の格安航空会社に乗った人はもっと大変だったのではないかな?と思います。

 

最後になりますが、まだまだ被災地域の復興に時間がかかりそうですので、早く普通の暮らしに戻れるように祈っています。

メルボルン空港で実際にプライオリティパスでラウンジを使った感想

  1. こんにちは、ガチ海外移住生活ブログのおっさんことあっきーです。今回は、”メルボルン空港で初めてラウンジを使ってみた”という記事を書きます。
  2.  
  3. メルボルン国際空港(MEL)ではプライオリティパスが使える空港ラウンジがいくつかあります。

 

実は僕は数年前からプライオリティパスを持っていましたが、ほとんど使うことなく何度も飛行機に乗っていました。

 

というのもメルボルン空港でプライオリティパスが使えることを全く知らなかったんです。ですから、今回がメルボルン空港での初ラウンジになりました♪

 

※尚、今回の記事は、内容上、”エアポート投稿おじさん”的な感じになってますのでご注意ください(笑)。

 

■目次

1. メルボルン空港内でプライオリティパス利用可のラウンジ

 

メルボルン空港内には”プライオリティパスが使えるラウンジ”が全部で6つあります。

 

●ターミナル2内にあるプライオリティパス利用可ラウンジ

 

1.The House

場所:ゲート10近くのエスカレーターを上がったらすぐ

飛行機出発時刻の3時間以上前なら入場可能。(3時間以上早く来いっていう事ですね)

※注意:プライオリティパス+$20ドルを支払う必要があるので注意

 

2.BAR PULPO BY MOVIDA

場所:ゲート4の向かい側

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

 

3.Cafe Vue

場所:免税店エリアを通り過ぎてすぐ

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

 

4.Plaza Premium Lounge

最長3時間まで滞在可能。2歳未満の子供は無料大人と同伴で無料になる

場所:ゲート9の近く

 

5.The Urban Provodore

プライオリティパスの提示で$36ドル分の飲食が無料になる

場所:レベル1のゲート10および15の向かい側

 

●ターミナル4内にあるプライオリティパス利用可のラウンジ

 

6.Rex Lounge

時間制限はなし。子供(12歳未満)がいる場合は2人まで無料になる

場所:ゲート30の近く

 

※(注)その他まだまだ、各航空会社のラウンジ等もありますが、とりあえず今回はプライオリティパスが使えるラウンジのみをご紹介しています。

2. 今回使ってみたのはここ

僕が今回使ってみたのは、上で最初にご紹介している「The house」というラウンジです。ここはプライオリティパスだけでは入場できない唯一のラウンジで、入口で$20ドルの支払いが必要です。

 

ちなみに、上で紹介した他の5つのラウンジに関してはプライオリティパスだけで入場、または飲食が可能です。もちろん無料のほうがいいんですけど、記念すべき初ラウンジってことで、まあいいかと。

 

また、ここは+20ドルかかるということで、もう少し高級感があるのかな?という期待感もあり、今回は使ってみることにしました。今度日本に行くときはプライオリティパスがあれば無料で使えるラウンジも使ってみるつもりです。

 

・行き方

 

セキュリティを通り、出国ゲートを過ぎると免税店などのショップが並んだ場所に来ます。そのままゲート10の方に向かってください。

 

ゲート10の近くにエスカレーターがあるので、エスカレーターで上に上がります。上がったら目の前にあります。

 

・入場

受付に念のためプライオリティパスが使えるか確認。ひょっとしてアホな受付だったらプライオリティパスだけでOKなんじゃないか?と期待しつつ確認したのですが、しっかり20ドル取られました。(僕がアホでしたね。。。)

 

また、プライオリティ+20ドルで来る人が少ないのか、入場手続きに結構時間がかかりました。

 

3. ラウンジ内部(設備)について

 

写真の通り、かなりゴージャスです。レストランとその周りに休憩できる椅子、パソコン作業ができるテーブルなどもありました。

 

利用している人はこの日はほとんどいませんでした。僕が入場した時には2~3人が利用しているだけ、あとから10人くらい来ましたけど、それでもガラガラでしたね。

 

トイレもシャワーもゴージャスでしたよ。ホテルっぽかったです。

4. ドリンクメニューはこんな感じ

 

オレンジジュース、アップルジュース、パイナップルジュース、あとはコーヒー紅茶が勝手に飲めます。

 

5. 食事のメニューはこんな感じ

 

写真のようなビュッフェ形式の軽食(サラダ、タイカレーなど)のほか、デザートとしてクッキーなども置いてありました。

 

写真は僕が食べたタイカレーっぽいもの。

 

 

また、普通にレストランメニューも無料で食べられます。僕が失敗したのはレストランメニューがあるという事実をタイカレーを食べちゃってから知ったということ。(しまった~)

 

お腹がいっぱいでそれ以上食べられなかったので、レストランメニューはパスしました。メニューには、バーガーとか魚、肉料理、サラダ、スープなど10種類くらいありました。

 

6. このラウンジの全体的な感想

フライト前にゆっくりしたい人にはもってこいの場所でした。ゲート前の椅子だと、座り心地も悪いですし、落ち着かないですよね。

 

でもここは、高級カフェのような雰囲気でゆっくりできます。

 

ただ、ネックは20ドル。これを払う価値があるかどうか?ですが、僕はいまのところ正直ないと思いました。とりあえずここが初めてのメルボルン空港でのラウンジなので、他と比べてから再評価したいと思います。

Aldi(アルディ)で購入したグレープから針が発見される

  1. こんにちは、ガチ海外移住生活ブログのおっさんことあっきーです。

 

今回は、大手スーパーのAldi(アルディ)で購入したブドウから針が発見されたニュースについてご紹介します。

 

こちらのニュースサイトを読みました。

https://www.theage.com.au/national/victoria/woman-finds-needle-hidden-in-grape-in-melbourne-s-west-20191007-p52y7a.html

 

■どんな事件だったの?

 

メルボルンの西にCaroline Springsという街があるのですが、そこのAldi(スーパーの名前)で購入されたブドウに針が発見されたそうです。

 

幸い母親が事前に発見して、飲み込むという事故には至らなかったので良かったですが、今警察が捜査をしているようです。

 

実は去年か一昨年にも同じような事件があったんですよ。その時はブドウではなく、いちごでしたけれどもね。

 

おそらく今回コレをやった犯人も先回のいちごをまねしてやったのではないか?と思いますが、アホですねえ。オーストラリアは基本平和なのですが、時々こういうニュースがあります。(どこでもそうか)

 

一度こういうニュースが全国に広がると、マネする人がいるのでビクトリアに限らずオーストラリア全土で気を付けたほうが良いでしょう。

 

■Caroline Springsという場所

 

ちなみにこの事件が発生した場所、Caroline Springsはメルボルン近辺では治安が悪いと悪名高い地域です。最近は新しい住宅地がどんどん開発されて変わってきてはいますが、こういう事件が発生すると、「あ、あそこね。。。」みたいな感じでさらに悪い印象が広がります。

 

実際僕も電車に乗ってるとき、Caroline Springsで乗ってくる人、降りる人の層を見たら「ヤバ目の人」がたくさんおられましたね。。。電車の中で喧嘩もみた事ありますし。。。まあその辺の体験談はいつか書きますね。

 

■オーストラリアにおけるAldiの立ち位置

 

余談ですが、オーストラリアの2大スーパーはColes(コールス)とWoolworths(ウールワース)ですが、今回事件があったAldi(アルディ)は、ドイツ資本のスーパーで今最もオーストラリア内で店舗数を伸ばしているスーパーです。

 

僕もたまに行きますね。(安いので!)

 

ただ、値段はコールス、ウールワースに比べて安いのですが、品物の種類が少ないし、生鮮食品の種類がすくないので、その点は劣るかな~。

 

ただ、Aldiは時々冷蔵庫とかテレビとかを激安で売ってたり(普段は売ってないです)、キャンプ用品とかも他よりかなり安く売ってたりするので、予測できない掘り出し物を時々売っているという点では面白いですね。

 

とにかく早くこの事件が解決する事を願っています。(安心してフルーツ食べたいですし)