日本でのやるべきことをすべて終え、いよいよオーストラリアへ出発です。

 

乗ったのは、シンガポール経由のメルボルン行き。途中3日ほどシンガポールに滞在し、シンガポール観光をしました。その後メルボルンに到着。

 

天気は快晴。雲ひとつない天気でした。僕が住むことになる田舎町への道筋は、いかにもビクトリア州らしい、曲がりくねった、高低差のたくさんある道でした。

 

途中、羊とか牛とか、オーストラリアを感じさせる風景を見ながらようやく街に到着。ホテルに行き、いよいよ移住生活の初日となりました。

 

どんな、移住生活が始まるのだろうとワクワクしながらの初日でした。

 

この時は妻と一緒にオーストラリアに入国したのですが、妻はその後友人と西オーストラリアに旅行に出かけます。

 

仕事が始まるまでに2週間ありましたので、早速家探しに取り掛かりました。しかしながら、この家探しが思ったよりも苦労しましたね。

 

なかなか家が見つからなかったというのはもちろんのこと、家が見つかってからもトラブル続きでなかなか面白い移住生活スタートでしたね。

 

今は「オーストラリア生活=トラブル」っていう図式がしっかりと頭にありますから、何があってもあんまり動じないのですが、当時は日本から移住したばかりでしたので、まだ「オーストラリア免疫」がなかったんですね。

 

日本はサービスが良いですし、なにかしらスムーズにいきますから。

 

いや、これは僕が愚痴っぽいっていうことではなく、運が悪かったというわけでもなく、オーストラリアでは普通のことなので、心配しなくてもトラブルは100%の人に起こります(笑)。移住してくる人はある程度覚悟をしておいた方が良いでしょう。

 

次は早速家探しについて書きますね。

Pocket
LINEで送る