• オーストラリアの観光情報
カテゴリー:オーストラリアの観光情報

オーストラリアの観光情報をお届けしています。

ホームPage 1 / 11

メルボルンに初めて行く方にとって気になるのが天気ですよね。荷物をできるだけ少なくしたいけど、寒かったら嫌だしどうしよう、、、と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、各月ごとのメルボルンの天気や服装についてご紹介します。各月の天気のデータはオーストラリア政府のウェブサイト(http://www.bom.gov.au/)から実際の数値を抜粋しました。

■目次

1. オーストラリアの季節は日本と逆

オーストラリアは南半球にあるので、季節が日本と逆になります。ですから、日本が暑い季節だからと言って薄着で飛行機に乗ると、下りた瞬間ゲキ寒なことになってしまいます。

 

そもそも飛行機の中が寒いので、Tシャツ一枚で来る人もいないと思いますが、まずは季節が逆であるということを覚えておきましょう。

 

2. メルボルン1月、2月、3月の天気と服装

 

・メルボルンの1月の天気と気温

 

 

最高気温:22.3度~42.8度

最低気温:12.8度~20.5度

雨の日:6日間/31日間(19.3%)

 

【1月は最も暑い月。でも寒暖の差は激しい】

 

1月は、オーストラリアの真夏です。全豪オープンが行われる季節で、以前ペットボトルが暑さでテニスコートの上で変形したというニュースがあるほど暑い日もあります。

 

2019年1月の実際の気温を見てみると、月の最高気温が42.8度、最低気温が12.9度とその差が29.9度あることがわかります。1ヶ月間での寒暖の差がかなり激しいですね。12.9度だと夏とは思えないくらい普通に寒く感じます。

 

ちなみに42.8度だったのが2019年1月25日でしたが、その日の最低気温は21.1度。最高気温の42.8度と比べると21.7度もの差がありました。このことから昼間は暑くても夜は涼しいことがわかります。

 

海外旅行に行くと、ずーっと外出していることも多いですよね。その時は、いくら昼間が暑くても夜に備えて1枚羽織れるものを準備しておくとよいでしょう。

 

雨が降った日を見ると、2019年の1月の中で6日間ありました。そのうちの3日は1㎜以下ですから、1㎜以上の雨が降った日は1か月のうち3日間でした。ですから1月は、ほぼ晴れか曇りであることがわかります。雨の心配はほぼ要らないでしょうけれど、念のため軽い折り畳み傘をスーツケースに入れておくと日傘にもなったりするので便利ですね。

 

・メルボルンの2月の天気と気温

 

 

最高気温:20.7度~38.2度

最低気温:11.8度~19.2度

雨の日:3日間/28日間(10.7%)

 

【2月はまだまだ暑い日がある】

 

2019年2月の実際の最高気温が38.2度、そして最低気温が11.8度でした。2月も1月同様、寒暖の差が激しいです(月の最高気温-最低気温=26.4度)。

 

また、オーストラリアの2月は日本の8月と一緒で真夏ですが、後半はだんだん涼しくなってきます。最高気温が19.2度と20度以下の日もありますから、夏の服装だけしか持ってこないのはちょっと危険です。(寒くて震えちゃうかも)

 

雨は1月同様それほど多くありません。2019年2月は雨が降った日がたったの3日しかありませんでした。

 

・メルボルンの3月の天気と気温

 

 

最高気温:25.1度~38.1度

最低気温:9.1度~15.6度

雨の日:9日間/31日間(29.0%)

 

【3月は観光するにはちょうど良い】

 

3月は暑くもなく、寒くもなく日本の秋のような感じで観光にはちょうどいいシーズンです。ですが、2019年の実際の気温を見てみると、最高気温がまだ38.1度もあった日もありました。

 

これは3月1日の事だったのですが、2日と3日も35度越えの真夏日。しかしながら、4日は最高気温がグーンと下がり24度、6日は最高気温が17度まで下がっています。たった3日で20度近くの差が出ましたので、暑くても油断せず服装には気を付けてください。

 

その後はほぼ20度台の気温で過ごしやすい気候になっています。雨の日は、9日間ありましたが激しい雨はありませんでした。

 

3. メルボルン4月、5月、6月の天気と服装

・メルボルンの4月の天気と気温

 

 

最高気温:22.1度~30.3度

最低気温:6.7度~15.8度

雨の日:6日間/30日間(20.0%)

 

【4月は季節の変わり目】

 

4月になって、最高気温のMaxが極端に落ち30.3度となっています。4月は30度を超えた日がこの日を含め3日間だけでしたので、気温がぐんぐん落ちていっていることが分かります。

 

最低気温も6.7度の日もありました。厚手の上着を着ていないとかなり寒いので、最低1枚は持ってきた方が良いでしょう。

 

雨の日は2019年の実績では少なかったですが、こちらで暮らしているイメージからするともっとあったような気がしました。おそらくこれは4月になると曇りの日が増えてくるため、感覚的に雨が多いと感じていたのだと思います。

 

・メルボルンの5月の天気と気温

 

 

最高気温:17.1度~22.8度

最低気温:6.2度~10.6度

雨の日:19日間/31日間(61.2%)

 

【5月は雨が多くて寒い】

 

5月も4月と比べて極端に最高気温が下がっていて、30.3度の4月に比べて、5月は月の最高気温が22.8度でした。これは雨の日が5月になると極端に増えることが原因だと思います。

 

雨の日も19日間になっており、3日に2日は雨であることから傘を持ってくることは必須です。正直観光にはあまり向かない月ですね。ゴールデンウィークにメルボルン観光はできれば避けたほうが良いと思います。

 

・メルボルンの6月の天気と気温

 

 

最高気温:13.0度~19.5度

最低気温:3.5度~9.6度

雨の日:17日間/30日間(56.6%)

 

【6月は雨が多くてますます寒くなる】

 

6月は最高気温が20度を初めて下回りました。最高気温が13.0度の日もありますので、厚手のコートを数枚持ってきた方が良いでしょう。最低気温も3.5度となり、真冬到来感があります。

 

雨も多いです。2019年は6月で17日間雨がありました。傘は必ず持ってくるようにしてください。

4. メルボルンの7月、8月、9月の天気と服装

 

・メルボルンの7月の天気と気温

 

 

最高気温:11.3度~19.4度

最低気温:3.0度~12.0度

雨の日:16日間/31日間(51.6%)

 

【7月は雨と寒さが継続する】

 

7月は、気温、雨の量ともに6月とほとんど変わらず、寒さと雨の月になります。7月も観光には向かないですが、もし7月にメルボルンに来るという事でしたら、防寒と雨対策はしっかりとして来てください。

 

特に日本は暑いですから、涼しいところに行けて丁度いいなんてお気楽に考えていると痛い目を見ます。

 

傘と厚手の服を持ってくるようにしましょう。

 

・メルボルンの8月の天気と気温

 

 

最高気温:11.5度~20.0度

最低気温:0.8度~11.2度

雨の日:17日間/31日間(54.8%)

 

【8月も雨、寒さ共に継続】

 

8月も6月、7月と同じような気温と雨の量です。防寒対策と雨対策をしっかりするようにしてください。ただ、晴れの日の昼間は暖かく感じるときもありますので、厚手のものだけでなく、薄手の羽織れる服を持ってくると良いと思います。

 

傘は必ず持ってきてください。ただ、日本と違ってザーザー降るわけではないので、折り畳みで十分です。

 

・メルボルンの9月の天気と気温

 

 

最高気温:15.7度~26.2度

最低気温:3.6度~12.8度

雨の日:14日間/30日間(46.6%)

 

【9月は季節の変わり目。冬から脱出】

 

6~8月が雨と寒さで同じような季節だったのに比べ、9月は最高気温が26.2度に達し、暖かく感じる日が増えてきました。(庭の雑草が伸びる時期)

 

雨の日は寒く、晴れの日は暖かいというパターンが繰り返し、少しづつ気温が高くなっていくシーズンです。

 

月の半分くらいは雨なのですが、それでも気温が変わってくるので、印象は8月までとは異なります。雨が多いので観光にはまだ向かない月ですが、もし来るなら厚手の上着を中心に、薄手の上着は晴れた日の為という感じで持ってきましょう。

5. メルボルンの10月、11月、12月の天気と服装

・メルボルンの10月の天気と気温

 

 

最高気温:20.0度~28.2度

最低気温:4.7度~14.6度

雨の日:5日間/31日間(16.1%)

 

【10月は観光シーズンの到来】

 

10月は気温が極端に変わり、暖かくなります。最高気温が20度以上になりますので厚手の上着は夜、昼間は薄手の上着を着て出かければ大丈夫です。

 

雨が降る日も極端に少なくなってきます。9月は14日間雨の日があったのに、10月はたったの5日間にでした。晴れの日が多くなるので観光には良い月になります。

 

ただし、花粉症の人は注意が必要です。オーストラリアの花粉は日本並にひどいので、花粉症の人は薬を持ってきてください。(そういった意味で僕は春が嫌いです)

 

もし、メルボルンに来てやたらとくしゃみが出たり、目が痒かったりしたら、薬局(Pharmacy)に行けば、花粉症用の薬(medicine for hay fever)

が売ってますので無理せず購入してくださいね。

 

・メルボルンの11月の天気と気温

 

 

最高気温:22.5度~34.3度

最低気温:7.7度~14.5度

雨の日:15日間/30日間(50%)

 

【11月は暑くもなく寒くもなくちょうどいい】

 

最高気温が30度を超える月が11月です。まるで真夏のような気温ですが、最低気温が7.7度と低いのでTシャツ一枚ではちょっと危険です。薄手のもので良いので上着は必ず持ってくるようにしてください。

 

上のデータは、2018年11月のデータなのですが、この年は雨の日が多かったですね。僕の中では通常もっと少ないイメージがあるので、この年は極端に多かったのかもしれませんね。

 

こういう年もあるので、折り畳みかさは必ず持ってくるようにしてください。この年はダメでしたが、通常11月は観光にもってこいのシーズンです。

 

・メルボルンの12月の天気と気温

 

最高気温:25.1度~38.0度

最低気温:10.3度~19.1度

雨の日:12日間/31日間(38.7%)

 

【12月は真夏が到来するけど寒い日もある】

 

12月になると、最高気温が38度になる日もあります。このような真夏日でもオーストラリアは湿気が少ないので、数字で見るよりも過ごしやすいですね。ただ、最低気温が10度になる事もあるので、薄手の上着は持ってくるようにしてください。

 

12月はクリスマスがあるので、週末のショッピングセンターは目が血走った人たちがガンガン買い物をします。(不景気なんて吹っ飛ぶ勢い)

 

ですから、ショッピングもしたいなあと考えている人は週末は避けたほうが良いでしょう。安く買いたい人は混むのを覚悟で26日にデパートに行ってみるのも良いかもしれません。オーストラリアでは12月26日は「ボクシングデーセール」をやっていて年間で最も商品が安くなる日の一つです。

 

ただ、デパートが開く前から人が並んで開店を待つ感じになるので、お子さんを連れた方は危険なので止めた方が良いと思います。(ベビーカーとかはヤバイです)

 

6. 観光にオススメのシーズンはいつ?

 

・季節で選ぶなら

 

もし、季節で選ぶなら10月~3月をおすすめします。せっかくオーストラリアに来るのに、青い空と海を見れないで帰るのはちょっと寂しいですもんね。

 

ただし、10月~12月くらいは花粉症の季節ですので、日本でも花粉症の人は薬を持ってくるようにしてください。また、メルボルンは天気がコロコロ変わるので、折り畳み傘も忘れないようにしましょう。

 

そして暑い季節であっても、薄手の上着は念のため準備してくださいね。夜が極端に涼しくなることがしょっちゅうありますので。

 

・イベントごとで選ぶなら

 

メルボルンでは1月に全豪オープン、3月にF1が開催されます。両方とも国際的なイベントなので、世界中からたくさんの人が集まります。

 

もし、1月か3月にメルボルンに来るならぜひ全豪オープンとF1をスケジュールに絡めても良いでしょう。

 

ただし、ホテルはかなり高くなる事、早めに予約しないと取れなくなってしまうので、早めにスケジュールを決めましょう。

 

 

(写真は見所の一つ、ロンドンブリッジ)

 

メルボルン観光の目玉の一つとして人気なのがグレートオーシャンロード。

 

僕も知り合いが日本から来るたびに行くので、もう数えきれないくらい行きましたが、いつ行っても別の顔を見せてくれるのでなかなか飽きないですね。(なぜか定期的に行きたくなります)

 

今回はグレートオーシャンロードへの行き方やオススメスポットなどをご紹介します。

 

■目次

 

1. ミスチルファンにとっては聖地みたいな場所

 

有名な話ですが、ミスチルのtomorrow never knowsのPVで桜井さんが海岸沿いの崖の上に立って「果てしない闇の向こうに~、Wo、O」って歌っていますが、その撮影場所として使われました。(最後の盛り上がる場面3分48秒あたりで見れます。おそらくその他の撮影場所もメルボルン近郊なんじゃないかと思います。)

 

ぜひBGMでミスチルを聞きながらこの記事を読んでみてください。あ、でも3分48秒くらいでまたPVに戻ってきてくださいね。最後の「果てしない~」ですよ(笑)。

 

2. グレートオーシャンロードの見どころ3選

(写真はロックアードゴージ)

 

グレートオーシャンロードっていうのは道路の名前で場所の名前ではありません。グレートオーシャンロード沿いに景色が良い場所が点々と並んでいるという感じです。

 

行っておきたい場所を3つ選ぶとしたら、

  1.  
  2. 1. 12 Apostles(トゥエルブアポストロス)
  3. 2. Loch ard gorge(ロックアードゴージ)
  4. 3. London bridge(ロンドンブリッジ)
  5.  
  6. ですね。

 

これら3つの場所は定番スポットで、ほぼどのツアーに参加しても行くところです。これ以外にも小さな見どころはありますが、時間がない人は無視しても良いと思います。

 

僕は上の3つだったら、Loch ard gorge(ロックアードゴージ)が一番好きです。百年くらい前に船がその近くで難破して2人の男女が流れ着いた入江がロックアードゴージです。もし行くことがあったら是非そのストーリーも見てみてください。

 

あとロンドンブリッジの写真がこのページの一番上にありますが、島みたいになっているところは昔地続きで先端まで歩いて行けました。

 

それで、丁度真ん中の部分が落ちて島みたいになった時、たまたま数人が先端の部分にいて、ヘリコプターで助けられたという実話があります。(人も地面と一緒に海に落ちなくてよかったですね~)

 

こういった各名所の実話も各見どころに行くと看板に書いてあるので、一度見てみてくださいね。

 

3. ヘリコプターで空から絶景を見る

 

12 Apostlesにはヘリポートがあり、観光客がグレートオーシャンロードを空から遊覧できるようになっています。僕も数年前にヘリコプターに乗りましたので、その時の映像をどうぞ。

 

ヘリコプターって高いんじゃないの??と思うかもしれませんが、一人145ドル(日本円で¥10875円)(1ドル75円で計算)で乗れますので、観光に来ている事を思えば思ったより安く乗れますよね。

 

ピークシーズンだと中国人観光客の観光バスがガンガン来るので、結構並ぶことになります。もし、12 Apostlesの駐車場についてヘリコプター乗り場が空いていたらチャンスですので後から乗ろうではなく、すぐに並んだ方が良いと思います。

 

僕は生まれて初めてこの時にヘリコプターに乗りました。「フワ~ってなって酔ったら嫌だな」とか、「落ちたら嫌だな~」とか結構ビビっていましたが、実際に乗ってみるとなんてことはありませんでしたね。

 

僕は酔いやすいのですが、ヘリコプターに関しては全くそんなことはありませんでした。逆にめちゃめちゃ気持ちよかったです。思ったより音がうるさかったですが、それ以外は本当に快適なフライトでした。

 

4. 場所はメルボルンからは遠い

 

 

メルボルンからグレートオーシャンロード沿いの街、ポートキャンベルまでの距離は、230km、時間は2時間52分かかります。

 

メルボルンを離れると田舎道になるとはいえ、実際に行くとなると丸1日はこれだけで潰れることは覚悟しておいたほうが良いでしょう。

 

5. 自分で行くなら一泊しましょう

 

メルボルンから行くなら、休憩なしで走って3時間弱ですから、休憩を途中で入れると片道4時間、往復で8時間くらいはかかります。

 

現地で各スポットに行ってのんびりすると、大体4時間くらいはかかりますから、往復の時間を合わせると12時間くらい。

 

海外旅行で疲れているうえに、往復8時間プラスαのドライブは結構きついので、自分で行くなら現地で一泊する事をお勧めします。その理由としては、時間的な事もそうなのですが、12 Apostlesの夕日がむちゃくちゃきれいだということもあります。

 

(写真は12アポストロス)

現地で一泊するなら夕方まで12 Apostlesにいても全く問題ありませんよね。

 

6. 現地で一泊するならココがオススメ

 

 

・Port Campbell(ポートキャンベル)

 

ここはオススメスポット3選、12 Apostles、Loch ard gorge(ロックアードゴージ)London bridge(ロンドンブリッジ)の全てに15分程度で行ける街で現地の滞在地とするならかなり便利です。

 

レストランも宿泊施設もありますので、「食べるところがない~」などと心配する必要もありません。ただし、小さな街なので、ピークシーズンの12月、1月など行く人は遅くても9月くらいには予約が必要になると思います。

 

10月を過ぎると値段が高いところしか残ってないなんて言うことも多々ありますので、早めの予約をしておいた方が良いでしょう。

 

・Apollo Bay(アポロベイ)

 

メルボルンからグレートオーシャンロードまでは内陸道路(高速道路)、グレートオーシャンロードからメルボルンまでは、海岸道路というルートを走るならアポロベイも宿泊施設として良い場所です。

 

ポートキャンベルよりも規模が大きいので、レストランや宿泊施設、ショップなども充実しています。

 

ただし、海岸沿いを通ってメルボルンまで帰るとなると、かなり走行距離は増えますので、覚悟はしておきましょう。

 

7. ツアーはメルボルンから山ほど出ている

 

もちろんツアーもあります。ツアーのメリットは往復のドライブ時に寝れること。これなら12時間くらいかかったとしても帰りは寝れますから体力的な問題はありません。

 

ツアーの情報を見てみると、大体朝8時くらいにメルボルンを出発して、夜の8時くらいに帰ってくるのが定番です。

 

日本語のツアーに参加すると、途中の街の解説も聞けますし、現地でしか聞けない「知らなかった~」という情報も手に入りますので僕だったら、日本語のツアーに参加しますね。(無理して英語に集中したくないので)

 

有名どころでは、Johnさんの日本語ツアーがありますが僕は参加したことがないので、良いのかどうか分かりません。(ネットの評判を見るとかなり楽しいらしいです)

 

他にもいろいろ日本語ツアーがありますので、検索してみてください。

 

8. グレートオーシャンロード沿いで野生のコアラが見れる場所2選

 

グレートオーシャンロード沿いには野生のコアラが生息しています。オススメはCape otway(ケープオトウェイ)とKennett Riverですね。どちらもぼーっとしているとあっという間に通り過ぎてしまう小さな街なので、ナビなどを見ながら見過ごさないようにしましょう。

 

ドライブ中にもコアラを見たことはありますが、ワインディングロードですので、コアラ探しに夢中になると危険です。運転者以外の人は探してみてください。

 

9. 天気と服装に注意

 

グレートオーシャンロードは、一般的に風が強く寒い場所です。夏でもTシャツ1枚と短パンだけとかは止めた方が良いです。必ず羽織れるものを一枚持っていきましょう。

 

冬は雨が多いうえに風が強く、寒いです。しかも天気も雨とか曇りがち。まずは防寒対策、そして折り畳み傘をもっていくか多少濡れてもいいような服装で行きましょう。

 

10. いい季節はいつ?

 

11月、12月、2月、3月です。この春の終わりから夏の終わりくらいの季節は、暖かくて晴れの日が多いので、グレートオーシャンロード以外の観光にもオススメの季節ですね。(1月は暑すぎるのであえて排除)

 

ただ、グレートオーシャンロードは、晴れの日に行ってこその場所です。なぜなら海の色が晴れている時と曇っている時では全然違うので。

 

写真をみると、素晴らしい景色だな~と思うでしょうけれどそれは晴れているからであって曇っていると、海の色も薄汚れた色になり、景色が全然違います。

 

天気ばかりは「時の運」ですので、自分ではどうしようもない事ですが、少しでも確率をあげたいなら上に挙げた4つの月もしくはその周辺のあたりに行った方が良いでしょう。

メルボルン近郊の観光スポットとして、ワイナリー巡りがあります。

 

一番有名なのは、Yarra Valley(ヤラバレー)という場所でメルボルンの北東60㎞あたりに位置し、そこにはワイナリーが数十か所も点在しています。

 

今回は、このヤラバレーで有名な(素敵な雰囲気が楽しめる)ワイナリーを4つ、ご紹介します。自分でドライブして行くにしても、ツアーで行くにしてもこの4つを選んであれば外れがないので、ぜひ参考にしてください。

 

■オススメワイナリーその1:Yering Station(イーリングステーション)

 

まずは定番中の定番、Yering Station(イーリングステーション)です。

https://www.yering.com(公式ウェブサイト)

 

ヤラバレーのパンフレットにも多く使われているワイナリーで、ヤラバレーのワイナリーツアーに参加すると必ずといっていいほど、ここに連れて行ってくれます。

 

ゴージャスな雰囲気で、ワインを飲みながらおいしい料理を食べたりすると、かなり贅沢な気分になる事ができます。

 

僕自身も何度もここには行った事がありますが、何度言っても季節ごとに雰囲気や景色が異なるので楽しいです。

 

■オススメワイナリーその2:Domaine-chandon(ドメインシャンドン)

 

https://visityarravalley.com.au/domaine-chandon(ウェブサイト)

 

ここはシャンパンが好きな人にはぜひ行ってもらいたいワイナリー。フランスのモエ・エ・シャンドンがフランス国外に作った4つのワイナリーのうちの一つがここです。

(ちなみに他は、アルゼンチン、ブラジル、アメリカにひとつづつあります。)

 

実は僕自身はシャンパンよりもワインが好きなので、ワインの充実度であればYering Stationの方が良いのですが、ここは世界に名だたる高級ワイナリーなので、何かと話題にはなると思います。もちろんシャンパンだけでなくワインの種類も充実してます。

 

■オススメワイナリーその3:De bortoli(デ・ボルトリ)

 

http://www.rochfordwines.com.au/https://www.oakridgewines.com.au/(ウェブサイト)

イタリアからオーストラリアに移住してきたDe bortoli(デ・ボルトリ)さんが移民してはじめられたワイナリー。すでに85年以上続いている家族経営ではオーストラリア最大級のワイナリーです。

 

上の二つほど有名ではありませんが、レストランのイタリア料理とその料理に合ったワインがおいしい事で有名。

 

■オススメワイナリーその4:Rochford(ロックフォード)

 

http://www.rochfordwines.com.au/

 

ロックフォードワイナリーは、レストランやカフェなどが充実している人気のワイナリーで観光客もかなり多いです。

 

実はここで友人が結婚式を挙げました。明るくて雰囲気が良く、呼ばれた僕たちもかなり楽しんだ思い出があります。

 

■オススメワイナリーの位置関係と休憩にピッタリのチョコレートショップ

 

地図上だと距離感が分かりずらいですが、車で20分程度でどこでも行ける範囲です。あとは、ヤラバレーに行くと休憩するチョコレートショップの場所も地図に入れておきました。

 

ここは、かなり大きなチョコレート&アイスクリームショップで、試食がたっぷりできますので子供を連れて行っても楽しむことができます。(チョコの食べ過ぎには注意)

 

 

■ドライブでメルボルンからヤラバレーへの行き方

 

グレートオーシャンロードと違い、メルボルンシティから1時間程度で行けるヤラバレーは自分でドライブしてもそれほど疲れることなく楽しめる場所です。

 

オーストラリアは日本と同じで左側通行ですし、車の運転もそれほど苦にはなりません。ですからレンタカーを借りて自分たちでヤラバレーに行くのも良いでしょう。

 

 

メルボルンから車で自分で行く人は、まずM3(高速道路)を目指してください。

 

M3に乗ったら、Ring wood(リングウッド)まではしり、そこで高速を降ります。高速を降りたらすぐに34に乗れますので、そのまま道なりにLilydale(リリーデール)まで。

 

Lilydaleに入り、ビクトリアロードに来たら左折します。

 

そのまま道なりに90度右折、その後も道なりでYering Stationに到着です。

ホームPage 1 / 11