投稿者:ausaki

■永住ビザを取るための2つの大事な事

 

先回は、ポイントシステムについて書きましたが、そのポイントさえ取れれば、永住ビザが発行されるわけではなく、最低限、これだけはクリアしていなければいけない条件というものがあります。

 

これを、永住ビザの基本条件というのですが、この基本条件を全てクリアしていないと、いくらポイントが高くても永住ビザを申請することができません。

 

ですから、永住ビザを取る為には

 

1. 基本条件を全てクリアしている事

2. ポイントの合計がパスマークを上回っている事

 

この2つが必要です。

 

永住ビザの基本条件はそれほど厳しくないのですが、年齢制限などがあり、もたもたしていると手遅れになることもありますので早めの行動をおすすめします。

 

■永住ビザを取るための10個の条件について

 

オーストラリアの永住ビザを取るためには、以下の10個の条件で加算されるポイントの合計が120点以上であることが必要です。それでは各条件についてお話しますね。

 

条件1. 技能

自分のスキルに合った職種が、技能職業リスト(SOL)(pdf)に載っていること。これについては、まず職業リスト(下記URL)を見て、自分のスキルに合った職業があるかどうかを見ます。

 

https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/working-in-australia/skill-occupation-list#

(リンク先のみ2019年8月に変えています。)

 

条件2. 職業経験年数

自分に合った職種が、技能職業リスト(SOL)に載っていて、技能点で60点の職業の場合は申請日から 遡って18ヶ月のうち12ヶ月、40・50点の場合には、36ヶ月のうち24ヶ月の職務経験があること。

 

条件3. 年齢

申請時に18才以上で45才未満である事。

 

条件4. 英語力

IELTSで各セクション5以上が取れること。

 

最低この条件全てをクリアしていないと、オーストラリアの永住ビザを申請することはできません。オーストラリアの移民局としては、毎年毎年、世界中から何万人もの申請者をふるいにかけているわけで、恐らく例外は認められないと思います。

 

当時の僕の場合、詳細は後日またこのブログで書きますが、とりあえず基本条件はALLクリア(予定も含む)でした。

 

■実際に何ポイント取れるかの試算

 

以下は、僕が実際に何ポイント取れるのか?試算したものです。

 

1. 学歴・職歴に関するポイント

 4年生大学の学士号を持っていて、一定のトレーニングを必要とする職業の場合 : 60点

職業の例

ゼネラルマネージャー、セールス&マーケティングマネージャー、会計士、IT関連専門家、エンジニア、教師、看護師、通訳・翻訳者等)

 

手に職系の職業の人もこちらでOKです。(調理師、美容師、菓子職人等)

 

まあ、なんとも表現が曖昧ですが、4年制の大学を卒業していて、専門職についている人とか、手に職系の人は、とりあえずこれで良いんじゃないでしょうか。

 

4年生大学の学士号レベルを必要とする「ジェネラリスト」的な職業の場合 : 50点

職業の例

マーケティング、営業(工業製品、情報関連)、ジャーナリスト、デザイナー、カウンセラー等

 

4年制の大学を卒業しているけれど、専門職じゃない方、手に職系じゃない方は、これに当ります。

 

短大、専門学校またはそれに準ずる学位を必要とする職業の場合 : 40点

職業の例

一般事務系、歯科衛生士等

 

歯科衛生士なんて、めちゃめちゃ手に職系だと思うんですけどねえ。なぜか40点しかもらえません。たくさん歯科衛生士さんがオーストラリアにいるんでしょうか。

 

2. 年齢に関するポイント

 18歳~29歳 : 30点

 30歳~34歳 : 25点

 35歳~39歳 : 20点

 40歳~44歳 : 15点

 

年齢に関しては明快です。一つ注意点は、これは永住ビザ申請時に何歳か?って事ですので、例えば29歳で申請(30点)すれば、申請後に30歳になっても、30点もらえるって事です。申請してしまえば、あとは移民局の混み具合とかで結果が出るまでの時間が変わってきますから、申請者に罪はないという考慮だと思います。

 

3. 英語点に関するポイント

★IELTS (ジェネラル) の4分野すべてにおいてBAND 6.0以上取得できる : 20点

★IELTS (ジェネラル) の4分野すべてにおいてBAND 5.0以上取得できる : 15点

 

先日のオーストラリア永住ビザ取得に必要な最低条件のところでも書きましたが、これは4つのセクションListening, Reading, Writing, Speakingすべてにおいて取れなきゃダメです。

 

例えば、Listening8.0点 Reading7.0 Writing8.0 Speaking 5.0 取れて、平均が6以上でもSpeakingが6.0以下の5.0点ですので、15点しかもらえないという事です。仮にSpeakingが4.0なら、他が9点でも英語点はもらえません。

 

それから、これはあくまでも噂ですが、英語点は今後厳しくなるかもしれません。この情報を鵜呑みにせずに常に最新ニュースを、取り入れてください。

 

僕も気がついたら、更新します。

※2019年8月現在かなり厳しい状況ですね。ちょっと調べたらIELTSで6は0点、7は10点、8は20点になっています。システム自体も変わってパスマークが60点になっていますので、点数が低い事自体は何とも言えないのですが、IELTSの最低点が6で、最低点だと0点しかもらえなくなっています。

 

4. 職業経験に関するポイント

★技能点60点の職種に該当し、その職種またはそれに近い職種に、申請から遡って4年間のうち3年間就いてる : 10点

★技能職業リスト(SOL)に載っている職種に、申請から遡って4年間のうち3年間就いてる : 5点

 

ここでも自分の職業が何で、何点なのかって言うのが関係してくるんですね。基本的に60点の職業の場合は上、それ以外の職業(50点、40点)の場合は下です。

 

5. 需要の高い職業に関するポイント

★需要職業リスト記載のある職種に該当し、その職種でオーストラリアでの仕事のオファーがもらえる。 : 20点

 

2019年の最新職業リストはこちらですね。

http://www.visabureau.com/australia/migration-occupations-in-demand-list.aspx

 

★需要職業リスト(MODL)記載のある職種に該当している : 15点

これは、オーストラリア国内で特に需要が高い職業についている人がもらえるボーナス点みたいなものです。このリストは頻繁に変わりますんで、今すぐビザ申請ができる人意外はあてにしないほうが無難です。

 

ちなみに僕が申請した時点では、僕の職業「Mechanical Engineer」は、高度需要職になく、このボーナス点はもらえなかったんですが、今は高度需要職に入ってますんで15点もらえます。

 

この15点ってめちゃめちゃでかいです。僕の場合、英語点で20点必要だったのが、15点に落とせますし、年齢も44歳まで待てますからね。今は取っちゃったから関係ないけどちょっと悔しいなあ。

 

6. オーストラリアの学歴に関するポイント

オーストラリアの教育機関で2年以上のフルタイムの教育を受け、Ph.D(博士号)を取得している。: 15点

 

オーストラリアの教育機関で、 Bachelor Degree(1年以上)と、MasterまたはHonours degreeを取得していて、留学期間の合計がフルタイム2年以上である。 : 10点

 

オーストラリアの教育機関で2年以上のフルタイムの教育を受け、Diploma、Degree、またはTrade qualification(Certificate III)を取得している : 5点

 

7. 地方、低人口地域に関するポイント

指定地域リストにある地域に居住し、地域内の学校で合計2年以上留学(フルタイム)し、Diploma、Degree、またはTrade    qualification(Certificate III) を取得している : 5点

 

8. 配偶者の技能に関するポイント

配偶者またはデファクトパートナーが上述の<基本要件>「技能・職務経験・年齢・英語」全てを満たしている。

 

すべて、最低点でもOKです。だから、44歳で、IELTSが5点以上取れて、一般事務系の職業に過去4年の内3年以上ある配偶者がいる人は、この点数がもらえます。

 

9. その他のポイント(ボーナス点)

申請日から遡って4年間に合計6ヶ月以上、SOL(pdf) に記載された職種で、オーストラリアで合法的に働いている。

 

オーストラリアのいずれかの州の債券(10万豪ドル。12ヵ月間満期)を購入できる。

 

日本で学士号を習得している、あるいは NAATI のプロフェッショナルレベルを取得している。

 

この3つのうちどれか一つでも当てはまれば5点もらえます。但し、2つでも5点です。もっと言えば、3つに当てはまっても5点です。

 

10. オーストラリア在住の親戚に関するポイント

申請者、または配偶者の親/兄弟姉妹/叔(伯)父叔(伯)母に、オーストラリア市民またはオーストラリア永住権保持者でオーストラリアに住んでいる人がいる。: 15点

 

これは、ポイント高いです。15点もらえるばかりか、パスマークが10点低い110点に下がります。実質25点分の価値があるってことですね。

 

上の項目1~10までの合計点が120点以上に達したら、オーストラリア永住権取得の可能性が大です。このブログを見ている方で、もし120点に達しなくても、オーストラリアに永住する方法なんていくらでもありますので、諦めないでくださいね。

 

僕のまわりで永住ビザを持っている人のうち、僕のように日本で独立永住ビザを取ってきたという正統派はいません。。。

 

ホントに永住ビザを取る方法などいくらでもあります。あきらめは禁物です。

 

※本記事はサイト管理人が永住ビザを目指していた2000年~2005年の情報ですので、今現在永住ビザの取得を目指している方は、最新情報を取ってください。次の記事で2019年8月現在のポイントシステムについて解説します。

今回は、永住ビザの詳細について書きたいと思います。

 

■永住ビザの種類は?

 

オーストラリアの永住ビザと一口に言っても種類がいろいろあります。そのオーストラリア永住ビザの種類を調べてみると、

①技術独立永住ビザ
②雇用主指名ビザ
③スポンサー付技術独立永住ビザ
④州・準州スポンサー技術独立移住ビザ
⑤地方都市技術独立一時滞在ビザ
⑥親呼び寄せビザ
⑦配偶者ビザ
⑧事業関連永住ビザ
⑨永住者再入国ビザ

の9種類があり、それぞれのビザによって、取得出来る条件が決まっています。

 

オーストラリアの会社に就職してなきゃ取れない永住ビザとか、奥さんやだんなさんがオーストラリア人じゃなきゃ取れない永住ビザとか。。。ですからこの中から自分が取れそうなビザを選択して、そのビザの条件をクリアしていくようにするというのが手順ですね。

 

■自分が取れそうなオーストラリアの永住ビザは?

 

先ほど、オーストラリアの永住ビザの種類を書きましたが、その中で、2000年当時の自分が取れそうなオーストラリアの永住ビザは、

 

「技術独立永住ビザ」
「スポンサー付技術独立永住ビザ」

 

の2種類だという事が分かりました。(「地方都市技術独立一時滞在ビザ」も取れそうな候補ですが、これは、後にできた新しいビザで2000年には、ありませんでした)

 

そして、上の2つがどうしてもダメなら、少し取るのが大変になりますが、まだ選択肢も残されていました。それは、技術独立永住ビザのカテゴリに属する「サブクラス880新卒者用技術独立永住ビザ」という永住ビザで、要するに、オーストラリア国内の大学や専門学校に行き、卒業と同時に永住ビザを申請するというものです。そしてこの場合は、職業経験が要りません。

 

でもまあ、これは最終手段に取っておく事にしました。なにせ英語授業での学校に2年以上なんて、精神的にも、金銭的にも大変ですからね。まず、目指すべきは、日本で普通に仕事しながら取る事が可能な「技術独立永住ビザ」ですね。

 

そしてこれがどうしてもダメだったら、少し手続きは面倒ですが、同じく日本で仕事しながら取れる、「スポンサー付技術独立永住ビザ」を目指すといった方向性で、進めるのが良さそうだということがわかりました。

 

■オーストラリア永住ビザのポイントシステムとは

 

まずは、自分が目指すべき「独立永住ビザ」の条件詳細についてですが、その前に、「永住ビザのポイントシステム」について書きたいと思います。

 

・永住ビザのポイントシステムとは何か?

永住ビザを取る為には、いろんな条件をクリアしなければいけません。その各条件をクリアするごとに点数が加算されていきます。

 

例えば、年齢という条件を見てみると18歳~29歳で申請すれば30点、30歳~34歳だと25点、とか、職業の点数でいうとエンジニア,先生,各種マネージャー等は、60点とか一般職の人は50点とか、、、

 

こんな具合です。

 

これらの点数を全部足して、合格点(パスマーク)に達すれば永住ビザがもらえる。これが、オーストラリア永住ビザのポイントシステムです。

 

数字で出てくるわけですからごまかしは効きませんし、何ポイントだからビザをゲットできた、何ポイントだったからビザがゲットできなかった、など、合否についても容易に判断できます。

 

世界中から移民を受け入れるわけですから、公正で明確なシステムじゃないといけないわけです。そういう意味ではこのオーストラリア永住ビザのポイントシステムはよくできていますよね。

そんなこんなで、永住ビザの事を調べつつ、就職活動に励んでいましたが、永住ビザの事を調べていくと、永住ビザを取る際に重要な事が分かってきました。

 

まずは「英語力」、これは当然です。公用語が英語の国に行くのですから。

 

そして、「職業経験(スキル)」。

 

これは、主に「卒業した学校」と「自分のやっている仕事」の事です。もちろん学校と職業は関連のあった方が「職業経験(スキル)」を証明する上で有利です。

 

例えば僕の場合、工学系の大学を出て、学部も機械系ですので、なるべくそれに関連のある、機械を扱う仕事に就いた方が、オーストラリアの永住ビザを取るのに有利という事ですね。

 

そしてその職業がオーストラリアに求められているかどうかというのも重要です。

 

幸いエンジニア系ですので、今のところ(2000年頃の話です)オーストラリアも欲しがっているスキルではありますから、良かったですが。

 

ですから、就職活動をするときは、「機械を扱う仕事」を中心に探しました。

 

そして、オーストラリアから帰国して約2ヶ月、5~6社面接をした後、望みどおりの、オーストラリアの永住ビザを取るのに有利な、職業経験の積める仕事に就く事ができました。

 

職業経験を積み、どこでも通用するスキルを身につけるのには何年もかかりますが、まあその一歩を踏出す事は、できたわけです。

 

僕の場合、ラッキーだったのは、永住ビザを意識しながら就職活動ができたという事。ほんと、僕を末永く雇用しようとしてくれた企業様には申し訳ないですが、当時の僕は永住権ありきの就職活動をしていました。

 

もし自分がやっている職種がオーストラリアが求めている職業リストに無かった場合でもあきらめる必要はなく、キャリアチェンジをしたり、職業リストにのるのを待つ(リスキーですが)という方法もあります。

 

また、オーストラリアに既にある会社にまずはビジネスビザを出してもらい、そこから永住ビザへのステップアップも可能です。(特に田舎にある企業であれば割と簡単)

 

僕がこれからお話しする永住ビザ取得の話は、あくまでも数多くあるビザ取得方法の一つであることを忘れないようにしてください。

そんなこんなで、不本意ながらオーストラリアから日本に帰国し、そして息つくひまもなく、忙しく就職活動を開始しました。と同時に、ビザの事もいろいろと調べました。

 

なにせ、外国に1年くらい住んでたのにも関わらず、あまりビザの事を意識せずに暮らしていまして、、、そんな感じでビザを甘く見ていた結果、泣く泣く日本に帰ってきたので、これはまずいと思いビザの事を調べることにしたんです。

 

オーストラリアは、おおらかなお国柄の割にはルールには厳格で、例えば交通ルールにおいても厳しい罰金などがあり、容赦なくさばかれます。

 

例えば私が住んでいるビクトリア州では、車の速度違反は4kmオーバーからとられます。しかもいきなり150ドル(1万2千円くらい)くらい取られる。信号で黄色から赤のタイミングで行ってしまった場合、0.9秒違反ですよと言われ400ドル(3万5千円くらい)くらい取られたりします。(実話(泣))

 

ビザに関してもそうですね。ちょっとでも怪しい滞在だと実際はそうでなくても帰国を余儀なくされます。(ビザを延長、さらに延長などすると、労働が目的なのではないか?などと疑われます)

 

ですからビザ全般について知っておくことは、これから移住したいという方は必須ですので、ここに書かれていることだけでなく、ご自分でも調べてみてくださいね。

 

ビザは、行く目的によって、取得する種類が違ってくるし、各ビザによって、滞在中に働いてはダメ、とか、どれくらいの期間滞在できるとか、いろんな制限が違ってくるという事だけ、頭の片すみにでも入れとくと、ビザの事も少し理解できるのではないかと思います。

 

さて、そんなわけで永住ビザだけでなく、観光ビザやら、学生ビザやら、オーストラリアのビザの事をいろいろと調べました。その結果、オーストラリアのビザはここ数年で、システム化されてきていて、今では、インターネットでほとんどのビザが申請できる事が分かりました。

 

■観光ビザについて

★観光ビザ(通称ETAS)
観光を目的とした人に、与えられるビザで、通常3ヶ月の滞在が許されます。オンライン上でもFAXでも取れますし、旅行会社でも頼めば取ってもらえます。
 
普通の観光旅行では、このETASを取る事になります。又、観光でなくても3ヶ月以内の語学留学やホームステイもETASで出来ますが、原則として働く事は認められていません。
 
ETASは、テレキュートETASセンターで取れます。申請するのは非常に簡単なんで、自分で申請したほうが手数料がかからなくてお得ですよ。

 

■オーストラリア学生ビザについて

★学生ビザ(e Visa)

3ヶ月以上の語学留学や、高校、大学、大学院留学をしたい人が取るビザです。週に25時間以内なら働くこともできます。

 

こちらも今はオンラインで取れるんですね。知らなかった。オーストラリア大使館のこちらのページに書かれていますので、取りたい方は参考にしてください。

 

前もって準備しておく事がたくさんありますので、なるべく早く準備しておいた方が良いですよ。。

 

ギリギリに申請して、ビザの発行が間に合わず、学校の入学日までに入国できなかったとしても、それは個人の責任になってしまいますんで。

 

大使館関係の人は、留学センターの人と違って、個人の為に特別一生懸命やってくれることはありませんからねえ。(まあほんとに、ああいったお役所の人は動きませんよ)せっかくの楽しい留学なんで、しょっぱなからつまづかないようにしてくださいね。

 

もし、どうしても分からない事が合ったら、その道のプロ、留学センターの人に聞きましょう。その際も、上のページくらいは自分で読んで、ある程度理解しておくとスムーズに話が進むので、100%人任せにせず、がんばって理解してください。

 

いい英語の勉強にもなりますよ。

 

■オーストラリアワーキングホリデービザについて

★ワーキングホリデービザ

僕は、1998~2000年のワーキングホリデー経験者で、当時ビザも自分で取りましたが、現在はビザの取り方が大分変わっていますね。

 

一番変わっているのは、インターネットで取れるようになった事。

 

それに、1年間のワーキングホリデーの後、ある条件をクリアすればもう1年間延長できるようです。また、一つの場所で働く事ができる期間も延びたみたいですね。

 

申請自体はこちらのページからできます。

 

僕も昔はそうでしたが、英語を見ると拒否反応が!!!とか、もし、ワーキングホリデービザの申請方法等で疑問がでたら、その道のプロ

 

ワーキングホリデー協会

 

に連絡すればおそらく、丁寧に教えてくれるんじゃないかなあと思います。もしくは、日本各地にある留学センターに相談しても良いかもしれません。(その場合、有料になっちゃうかもしれないですけどね)

 

これは想像ですが、もし大使館に問い合わせをしても「詳細はホームページを見て下さい~」と涼しい声で言われるのがおちのような気がします。

 

僕の場合、永住ビザを取ったときもそうだったのですが、自分で調べても自信がないとか、分からない場合、必ずその道のプロに聞くようにしています。よく分かるまで説明してくれますし、時間の短縮にもなりますので。

 

気をつけなきゃいけないのは、その辺のホームページを見て判断してしまうこと。情報が古かったり、間違った情報のものもよく見かけますので、公的な機関に問い合わせをした方が良いでしょう。

 

そういう意味ではこのブログに書かれている情報もそのまま鵜呑みにしないでくださいね(笑)。

 

聞く人を間違えると、かえって時間がかかっていらいらしたり、間違った情報で混乱したりしますので、聞く人には気をつけてください。

 

■永住ビザについて

さて、いよいよ永住ビザについてです。永住ビザとは、オーストラリア人とほぼ同様の生活が出来る、数あるビザの中でも最も自由度の高いビザです。ほぼ同様と書いたのは、

 

1. 選挙権が無い

2. 国家公務員になれない

 

という制限があるためです。この制限をなくすためには、市民権を取ってしまえばいい(国籍をオーストラリアにしてしまう)のですが、これはこれで又ハードルが高いですし、いろいろと問題も出てきますが今回は省略します。(永住権と市民権については後日又記事にしますね)

 

その他はオーストラリア人と変わりません。健康保険とか社会保障も一緒ですし、どこに住もうが、どこで働こうが自由です。もちろん学校にも行けますよ。しかも授業料も安いオーストラリア人価格で。

 

(オーストラリア人価格と書いたのは、海外からオーストラリアの大学に留学しようとすると授業料が倍以上かかるためです。授業内容は一緒ですから、オーストラリアの物価を考えると、実質「お金持ちだけ留学しに来てください」って言ってるようなものですね。)

 

そんな自由度が高い永住ビザですが、こんなビザがあるんだったら、誰でも欲しいと思いますよね。ですがそう簡単には永住ビザって取れないんです。

 

条件がまあー厳しい。(2000年くらいの話です。今はもっと厳しくなってます)

 

ワーホリから日本へ帰国後、こんな事を調べつつ、就職活動に励んでいました。