記事一覧

オーストラリアのコロナ対策|14日以内の中国滞在者は国に入れない

日本では連日ワイドショーの話題をかっさらっている新型コロナウィルス。

 

ようやくクルーズ客船の乗客が降りることになりましたが、日本の各地で連日新しい感染者が見つかるなど、まだまだ終息しそうにないですね。

 

もちろんオーストラリアでもニュース等々で話題にはなっていますが、日本のような過熱感はあまり感じられません。というのも街に出てもマスクをしている人は全くいませんし(田舎というのもあるとは思いますが)、オーストラリアではここ数週間新しいコロナウィルスの患者は見つかっていませんので。2月19日現在で15人のままです。

 

コロナウィルスに関しては、「あんまり騒ぐな」とか「リスクが低い」とかいう人もいますが僕は現時点では「甘く見ない方が良い」と思っています。騒がれ始めてからまだ1ヶ月ですからね。実際「なんも分かってない」んですよ。日々、どんどん新しいニュースが来るでしょ。潜伏期間が~とか。。。

 

甘く見ないでおいて対策をしっかりとしつつ、後で「大したことなかったな~」っていう感じならそれはそれでいいと思いますし。それが逆だったらそれこそやばいでしょ。

 

今回は、コロナウィルスに関して僕に実際に起こっている事や日本の対策について思っている事書きたいと思います。

■目次

1. おっさんの身に現在起こっていること

 

実は僕は2月の初めごろ日本に行きました。ちょうどその頃コロナウィルスが話題になりかけてきた頃で、日本でマスクが買えないという噂は聞いていました。

 

10日間程度の滞在でしたが、まだわからない部分が多く、分からなさ故の怖さがあり、マスクはオーストラリアから持参、また機内に持ち込める大きさの手の消毒用のジェルをオーストラリアで購入し、日本に持って行きました。

 

日本では本当に神経質なくらいの行動をしていました。ニュースやワイドショーでも連日のように放送してましたし。

 

例えば電車に乗るときはマスクを2重にする。つり革や手すりには捕まらない。エレベーターに乗るときはボタンを指の第二関節で押す、などなどです。

 

当時、といってもつい2週間くらい前の出来事ですが、マスクを2重でする人などいませんでしたね。まあ僕の場合は日本に行って自分がもしコロナにかかり、オーストラリアの家族に移してしまうということを考えると本当にバカらしいので、すこし大げさなくらいの行動をしていました。

 

それで、今はオーストラリアに戻ってきたわけですが、帰ってから1週間ちょっとという状態。なんとなく不安です。実際今僕自身に風邪の症状が出ていることもあって余計に不安を感じています。(熱とか咳じゃなく、鼻水と頭痛です、念のため)

 

特につい3日前に長男がいきなり38℃以上の熱を出したときは、マジでやばいと思いました。幸い長男の熱は次の日には引きましたけど。とりあえず単なる風邪であることがわかったのでよかったです。

 

ただ、その風邪が家族内で回ってしまい、結局今現在元気なのは長男だけということになっています。それでもあと1週間くらい経つまでは100%不安が無くなったわけではありません。ひょっとしたら持ってるんじゃないか?っていうのは恐怖でしかありません。

 

2. オーストラリアに住んでても日本の政策は迷惑でしかない

 

今日本の国会では、アホのT元が桜を見る会がどうのこうの言ってますよね。僕は日本が大好きな国ですが、昔から政治だけはアホだと思います。

 

そんな事やってる場合ですか?

 

コロナに関して言えば、初動がどうのこうのとか、安倍がどうのこうのとか過去のことはどうでもいいんですよ。そんな反省する前に今できる最大限の事をやりましょうよ。

 

それが全く見えてこないうえに、毎日患者が増えている状態ですから不安になるのも当たり前じゃないですか。

 

本気で終息させようと思ったら2つの事を同時にやる必要があります。一つは、外からウィルスを持ちこませない事。もう一つは国内で既に広がってしまったウィルス患者をいち早く見つけてそれ以上広がらないようにすること。

 

日本はこの2つの事が全然できてないからどんどん被害が拡大している。被害が拡大しているから不安も広がる。まさに悪のスパイラルですね。

 

外からウィルスを持ち込ませない対策についてですが、日本は未だに中国人を受けいれてますよね?ウィルス持ちの99%以上が中国人なんだから、とりあえず国に入れてはいけない。湖北省とかだけじゃなくてね、とりあえず全員です。

 

中国人を入れちゃってたら、外からのウィルスがいつまで経ってもなくならないですよ。それから中国に行っちゃった外国人も同時に入れちゃいけないです。要は中国大陸が感染源なのでね。

 

一方で中国からの人をどんどん入れておきながら、毎日今日は何人見つかりました。。とかいってる。。。まさにあなたアホですか?って言いたくなりますよね。

 

まずは最大限の事をしておいて、様子見てやりすぎだったら徐々に解除していけばいいのに、日本はまず最小限の事をして様子見てますから。様子見している間に取り返しがつかなくなるっていう。。。いい加減にしてほしいですよね。

 

僕自身の事で言うと、来週仕事関係で人が日本から来ます。

 

その仕事関係の人から今日メールが届きました。ひょっとしてコロナをオーストラリアに持ちこむことになるかもしれないから4月くらいに延期したほうがいいでしょうか?というメール内容でした。

 

それに対して僕はこう返信しました。

 

4月になっても終息するかどうかもわからないですし、下手をするともっと広がる可能性もあります。とりあえず予定は変更せずに以下のようにしましょう。

 

・今後出発までに爆発的な広がりがあったら延期してください。

・本人に風邪の症状が出たら延期してください。

・もしこられるなら、マスクは常時つけてください。

・空港から弊社まではタクシーで来てください。(要するに僕は空港までは迎えに行かないということ)

・手の消毒用ジェルを持ってきて下さい。

 

てな感じです。延期する可能性は最後まで残しつつ今のところは実行しましょうと。

 

こちらに到着してからは、日本から来た人を乗せて車を運転する時は窓を空けて運転するつもりですし、僕自身もマスクをつけます。

 

そして、このくらいやってもしもコロナウィルスにかかったらしょうがないという気持ちを持つことも忘れずにいようかと思います。それにしても日本の中途半端な政策は、はた迷惑だな。

 

3. オーストラリア政府が行なっている対策

 

オーストラリアが行なっている対策を一言で言うと、「過去14日以内に中国大陸に行った人は入国禁止」です。

 

これが良いかどうかは分かりませんけど、結果として過去数週間の間、新しいコロナの患者が出てきていません。この対策はオーストラリアだけじゃなく、シンガポールも行なっている対策です。(シンガポールでは出ちゃってますけどね)

 

これって人種差別ですか?やりすぎですか?今すぐ日本もやろうと思えばできる事じゃないでしょうか。桜を見る会じゃなくてこういう事を話しあえばいいのにね。。。

 

今は中国を制限してるけど、このまま日本だけ感染が広がると、そのうち日本も入国制限の対象になります。今インドでは、日本と韓国から来た人全員をチェックしてから入国させる策を実施しています。(まあ熱を測る程度なんでしょうけどね)

 

タイ政府は、国民に対して日本とシンガポールには急用でもない限り行かないようにとのメッセージを出しています。

 

もうすでに日本は危険視されているという事ですね。

 

4. 大袈裟に考えることないっていってる人もいるけど

 

致死率2%程度(実際にはもっと低いって言われてます)のウィルスですから、まあおそらく自病のない僕や家族は万が一コロナにかかっても死にはしないでしょう。

 

ただ僕は自分や身の回りの人が死なないからといって大げさに考える事ないという考え方には反対です。中国では2000人以上の人がなくなっているのも事実ですし、世界中の国が対策を講じているのも事実です。薬もワクチンもないわけですから、心配するのも当たり前の話です。

 

僕らにできる事は、「できるだけパニックにならず自分でできる事は最大限にやっておく」ということではないでしょうか。

 

5. 分からないから怖い→分かってくると現実的な理解へ

 

このまま数ヶ月経って、もう日本国内で何千人も患者が出たとしましょう。そうするとおそらく実態がわかってきますよね。そこまで広がらなくても3月半ばにはある程度それまでに日本で見つかったコロナ患者に対する数字がいろいろ出てくると思います。

 

いままでは99%以上患者がいる中国の数字しか出てこなかったのが、今度は日本の数字がでてくる。

 

・症状は?

・致死率は?

・治療法は?

 

いままでわからないから怖いというイメージがあったのが、だんだん分かってくると「それほどでもなかったな」。。。とか、「やっぱり怖いな」とか。。。

 

いずれにしても、何かしら分かってくれば今よりは恐怖感は減るのかなあと思います。そう考えると、この2月、3月が一番怖い時なのかもしれないですね。

 

今後いい方向に進んでくれればいいんですけどね。。。

 

「2020年2月24日追記」

オーストラリアが日本に対する警戒レベルを上げました。4段階ある警戒レベルのうち、いままで1番下だったのを、下から2番目に上げたようです。これはオージーが日本に行く時は十分注意する様にという御達しなので、日本が豪州から入国を拒否されるわけではありません。

 

早くこの騒動が治まってほしいですが、どうも世界は真逆に動いてますね。イスラエルは日本に過去14日滞在してた人は入国出来なくなりました(韓国と中国もですね)。日本はやることやらないと、どんどん悪い方向に行っちゃいそうですね。

 

「2020年2月26日追記」

タイ政府が、日本を含む東アジアの国々(中国、韓国、マカオ、香港など)に対し、タイに入国後14日間の自己観察を求める協力を呼びかけました。要は、これらの国から来た人は、公共の乗り物に乗らず、気分が悪い時はマスクを着用してくださいっていう呼びかけです。

 

よく食べ、良く寝て、運動する。。。免疫力を高めておくしかないですね。。。

ジェットスターって性格悪っ|実際に起こったトラブル事例

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

ジェットスターって本当に安いですよね。つい最近もオーストラリアから日本往復への往復が片道フリーになるセールをやっていました。

 

ただ、こういったセールに飛びついてしまうと後で痛い目を見ることが多々あります。

 

今回は、ジェットスターのチケットトラブルについて、自分が体験した事例、そして周りの友人から聞いたことをご紹介します。

 

ジェットスターのチケットを購入するときは、こういったリスクを覚悟して買うようにしてください。まあそのリスクを追ってでも有り余るくらいの安いセールが時々あるのも事実ですけどね。

■目次

1. おっさんが実際に体験した苦い経験談2つ

 

その1:経由地が増えて到着時間が大幅に遅れる

 

これは結構前の話になりますが、メルボルン→ケアンズ→セントレアというルートでジェットスターを予約していました。

 

ところが実際のルートは、メルボルン→ゴールドコースト→ケアンズ→関空→セントレアというルートで行ってしまい、当初予定になかった経由地が2つも増えたことにより、大幅に到着時間が遅れました。

 

まああんまり人が乗ってないからっていう理由は明らかですが、当日になってからこんな変更があると、予定がくるっちゃいますよね。

 

幸いそのときは、仕事ではなく遊びで日本に一時帰国しただけだったのでとりあえず大丈夫だったのですが、きっちり予定を立ててた人もいると思うので、かなり迷惑でしたね。

 

その2:便が勝手にキャンセル、日付と時間違いの便に振り替えられる

 

これは2020年、今年の話です。今年の6月にメルボルン→ホノルルのチケットを取りました。とったのは2019年の8月ごろ。

 

ところが今年の1月末に、ジェットスターから便が変更になったとのメールが。。。

 

今回も上の事例を一緒で、当初はメルボルン→ホノルルだったのですが、それがメルボルン→シドニー→ホノルルという便になったとのこと。

 

しかも日付まで変更されているという迷惑ぶり。さらに、シドニーで7時間待ちという謎の乗り継ぎの悪さ。

 

メール内には、この便で都合が悪い人は電話してとの記載もあったので、早速電話してみると、予約していた行きの日、帰りの日の両方共便が無くなったとのこと。

 

「マジか。。。」

 

しょうがないので、シドニーでの待ち時間が少しでも短くなるような便があるかどうかを聞いたところ、「ある」とのこと。だったら初めから乗り継ぎを考えて時間を提示してくれれば良いのにわざわざあまり人が乗らないような乗り継ぎの悪い便を提示しないで欲しいですよね。

 

ほんと、性格悪いわ〜。というか自分勝手すぎるだろ〜。

 

ただまあ、往復1人280ドルくらいだったので、日本円だと2万2千円くらいだったから、その性格の悪さをカバーするくらいの安さはあるんですけどね。

 

2. 友人の身に起こったジェットスタートラブル

 

こんなトラブルは僕だけじゃなくて友人からも多々聞いています。その中で「いや、これはまずいだろ〜」というトラブルをご紹介。

 

・当日になって便がキャンセル。しかも連絡も来ない

 

友人が一時帰国してオーストラリアに戻ろうとしたときの話です。帰国当日空港まで行くと、なんと「便がキャンセルになった」とのこと。

 

「なぜ連絡がないの?」

 

と聞いたところ、「オーストラリアの自宅に連絡したけど、誰もでなかったから」とのこと。その時友人は家族でにほんに一時帰国しており、誰もオーストラリアの自宅にはいなかった。

 

でもさあ、メールで連絡するなり携帯に連絡するなりあるんじゃない?社会人なんだからさ。。。

 

当然LCCなので、ホテル代は出ない。まあ、帰れる距離だったからかえったそうですが、はた迷惑な話です。

 

3. 電話サービスは良い

 

この辺で少しだけフォローアップしますが、電話サービスは結構よかったです。何が良かったかというと、まず言語の選択がありますから、日本語で対応してくれたこと。

 

で、これは僕の想像ですが、おそらく実際に日本のコールセンターに繋がっていると思います。オーストラリア現地の日本人が対応すると、多少対応がラフなことがありますが、今回は懇切丁寧に対応してくれたので、おそらく日本につながったのだろうと思います。

 

これで電話対応まで悪かったら、会社としてやばいですけどね。。。

 

4. リスクを背負って使えばかなり使える

 

つらつらと上にジェットスターの文句を書きましたが、こんな目に遭いながらもおそらくこれからも使うんじゃないかなあと思います。

 

ハワイ往復2万ちょっとって他の航空会社じゃあり得ないでしょ。去年プーケットに行った時もそのくらいだったので、その安さはやはり魅力ですね。

 

購入するときは便になんの変更もなければラッキーくらいの気持ちでとっとけばよいかと。

 

また、ホテルはあまり先には取らず、ギリギリになってから取ればそれほどリスクなくいけるのかなあと思います。

 

5. まとめ

ジェットスターは

・経由地が増える

・便がキャンセルになる

・日付が勝手に変更になる

・なんの保証もない

が、

激安である。

 

ジェットスターのチケットを正規料金で購入するのだけはやめた方がよいですね。激安セール時に買いましょう。

 

メルボルン空港でプライオリティパスを使いレストランに行きました

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今回は、メルボルン空港でプライオリティパスを使い、ラウンジを使ってみた感想やお得感などを個人の主観でまとめました。また、以前にもプライオリティパスで今回とは別のラウンジ(The house)を使い、まとめていますので、そちらの情報を見たい方は以下を参考にしてみてください。

以前おっさんが使ったメルボルン空港内ラウンジなどの情報はコチラ

 

■目次

1. 今回プライオリティパスを使ったラウンジはコチラ

今回おっさんが使ったのは、「Cafe Vue」。

 

メルボルン空港ではラウンジはもちろんの事、レストランでもプライオリティパスが使えます。先回はラウンジに行ったので、今回はレストランにしようかと。僕の中ではラウンジ=休憩する場所というイメージがあり、料理を楽しむならラウンジじゃなく、レストランの方が良いイメージがあります。

 

まあ、それでも所詮は空港のレストランですからあまり期待をせずに、Cafe Vueに行ってみました。(ネットでもこのレストランは賛否両論ありますね。今回自分の目と舌で確かめてみようと思います)

 

ちなみにレストランでプライオリティパスを使うなら36ドルまでしか使えません。それ以上は自腹で支払うことになりますのでご注意を。

 

※参考:メルボルン空港でプライオリティパスが使えるラウンジ・レストラン

1.The House(先回行ったラウンジ。記事はコチラ

2.BAR PULPO BY MOVIDA(レストラン)

3.Cafe Vue(今回行ってみたラウンジ)

4.Plaza Premium Lounge(ラウンジ)

5.The Urban Provodore(レストラン)

6.Rex Lounge(ラウンジ)

(今年は空港を使う機会が多そうなので、上のラウンジ・レストランをコンプリートしようと企んでいます(笑))

 

■Cafe Vueの場所

 

イミグレのゲートを過ぎると、免税店やお土産物屋さんがずら~っと並んでいます。

 

しばらくその通路を歩いていくと、今度はブランドショップがあります。

 

ブランドショップを過ぎたあたりにカフェ風のレストランがあります。ピンクのサイン(趣味が悪い)があるのですぐにわかると思います。

 

2. Cafe Vueのメニュー

 

ハンバーガー、サンドイッチメニューがいくつかあります。あとはBreakfastですね。フレンチカフェという触れ込みですが、典型的なオーストラリアのカフェですね。もちろんカプチーノやラテなどのコーヒーもあります。

 

空港で飛行機に乗る前に軽く食べるものですから、メニュー的にはこれで十分ですね。

 

3. おっさんが食べたのは値段が高級なハンバーガー

僕が食べたのは、25ドルのバーガーです。日本円で2000円くらいしますからハンバーガーとしては高級ですよね。もともとオーストラリアは物価が高いうえに空港という割高料金も加算されていますので、余計に高く感じます。

 

ですが、36ドル分まではプライオリティパスで無料になりますので、僕はあとラテを注文しました。

 

※注文時に言われたのが、一回で注文しなきゃだめですよ。。ってことです。後から追加注文をするならお金を払わなければいけないので、一回で全ての注文をしましょう。

 

 

ネット上では賛否両論ありましたが、味は不味くはなかったです。少なくともマックやハングリージャックスなどのファストフードよりは美味しかったですね。

 

ただ、25ドル払ってこれを食べるとなると、値段に対するクオリティとしては低いとおもいました。お金を払うなら来ないレベルですね。特にラテが不味かったのは残念でした。味はコーヒーの味が薄くてオーストラリアのセブンイレブンで1.5ドルで売ってるラテがありますが、それに近かったです。

 

思わずその後セントアリでラテを飲み直しました。こちらは安定のうまさでした(笑)。

 

4.Cafe Vueの全体的な感想

「まあ、いいんじゃないですか(タダなら)」

というのがCafe Vueに対する僕の全体的な感想です。

 

まず、食事の質ですがハンバーガーは、マックやハンジャよりは旨かったです。和牛を使っているとのことでしたが、それはちょっと疑わしかったですね。

 

ハンバーガーの味はまあまあ、チップスは普通、ラテは美味くないという感じでしたね。

 

注文してからの待ち時間はちょうど15分でした。長すぎずって感じで普通でしたね。コンセントは無かったので充電したい人には向かないです。

 

5. ラウンジかレストランか?どっちが良い?

用途によると思うんですが、先回いったTHE HOUSEで20ドル払って食べるよりは今回のCAFE VUEの方が良いと思います。

 

ただ、休憩をしたいとか、飛行機に乗る前に仕事をしたいという方は、レストランよりも普通のラウンジの方が良いと思います。

 

ラウンジだとコンセントもあちこちにありますし、ビジネスマンが多くガヤガヤしてませんから落ち着いて仕事ができますしね。

 

まだ2つしか行ってませんが、一長一短で「ここがおススメ」という感じではないですね。

 

次はまた別のレストランに行ってその様子をレポートしようと思います。

全豪オープン2020レポート|ナダル・西岡・杉山愛さんなど

こんにちは、ガチ移住ブログのおっさんです。

 

今年も例年どおり全豪オープンに行ってきました。錦織選手がケガで出場しないので、少し楽しみに欠けるかな~と思いましたが、かなり楽しかったです。動画もたくさん撮ってきたので、その一部を今回はご紹介しようと思います。

 

あと、偶然ですがNHKの仕事で来ていた杉山愛さんに会いました。テレビの印象通りめちゃめちゃ感じが良い人でした。この辺のエピソードについても書きますね。

■目次

 

1. 1月24日、急遽全豪オープンに行くことに。。。

2020年の1月24日に急遽全豪オープンに行くことにしました。急遽というのは、息子がテニスコンペで負けて日程に空きができたためです。

 

本来5日間のコンペ(割とレベルが高い)なのですが、1日目で負けてしまうという結果になり(なかなかうまくいかないものです)、、、、「よし、だったらテニス観戦で楽しもう」ということになり、急遽行くことにしたわけです。

 

通常1時間半弱でメルボルンの会場まで行けるのですが、高速道路の通行止めの影響で2時間近くかかって到着。オーストラリアンオープン近くのMCGスタジアムの臨時駐車場に車を止め、足早に会場に行きました。(ちなみに駐車料金は10ドル/1日でした)

 

車で会場に行く人はオススメの駐車場です。

https://www.mcg.org.au/getting-around/parking-schedule

 

こちらはメイン会場のRod Laver Arena

(Rod Laverというオージーのテニスレジェンド(もうおじいちゃん)の名前がついています)

 

2.西岡選手の動画

会場に着いたらいきなり西岡選手の練習時間帯で(午前11時ごろだったかな?)速攻で練習コートに行きました。その日西岡選手はジョコビッチとの試合予定でしたが、緊張している様子もなく、和やかな雰囲気で練習に励んでいました。

 

西岡選手の動画1

西岡選手の動画2

 

練習が終わった後はしっかりとサインをいただくこともできました。

 

試合結果だけ見ると、コテンパにやられた感じでしたが、これはしょうがないですね。あのジョコですから。。。

 

それでも現在西岡選手は、日本では錦織選手の次に強い選手。テニスはバケモンみたいに強い人が次から次へと出てくる世界ですからね。。。強い日本人ジュニアが出てくることを期待しています。

 

3. ナダルの動画

西岡選手の練習を見た後、ナダルの練習を見に行こうということで、練習が始まる30分くらい前に練習コートに到着。しかし、既に人だかりができててなかなか良いポジションを確保することができませんでした。

 

既にこんなひとだかりが。。。

 

まあ、何とか一番奥の方に陣取ることができ、動画を撮影できました。動画だとちょっと小さいのですが、生でナダルの球を見ると「ド迫力」でしたね。それでは、いくつか動画をご覧ください。

 

ナダル動画1

ナダル動画2

で、練習が終わった後にサインをもらおうと、ファンがごった返す中サインボールを差し出したのですが、もらうことはできませんでした。なんか去年もこんなパターンだったなあとおもいつつまたメイン会場の方へ足を運ぼうとしたとき、妻からメッセージが。。。

 

「杉山愛がいた」

 

4. 杉山愛さんを見かけて写真+サインをいただきました。

妻からのメッセージを元に、ロッドレーバーアリーナ(メイン会場)の方へ行くと、丁度撮影が終わった杉山愛さんがそこに。。。

 

周りには日本人がおらず、僕が息子を連れてサインをもらいに行くと、、、

「すみませ~ん。サインをいただけますでしょうか?」

「もちろんいいですよ~」とさわやかなスマイルで答えていただき、

 

こちらが杉山愛さんのサイン

 

「写真も一緒によろしいでしょうか?」

とずうずうしく聞いてみたところ

「いいですよ」

 

とこれまた快く応じていただけました。

「息子がテニスを頑張ってるんですよ~」とこれまたおやじパワーで図々しく話しかけたところ、、

「頑張ってね~」

とスマイルで言っていただけました。

 

 

「絶対頑張ります。。。(親父が)」

 

5. 子供向けアクティビティも充実

全豪オープンの会場には子供向けアクティビティもたくさんあります。ミニテニスやホットショットテニスの他にも、ロッククライミングやジップラインなどもありました。

 

 

去年とおととしは別料金がかかっていたのですが、今年は「無料」。(去年はかなり不評だったんでしょうね)

 

小さなこどもはどうしてもテニスをみるよりも遊ぶ方に注意が行きがちです。こういう施設で遊べるのも子供がいる親にとってはうれしい事ですね。

 

6. メルボルンに別宅が欲しい

毎年毎年暑い日に当たる全豪オープンですが、今年は今のところそれほど暑くなく過ごしやすい日が続いています。

 

僕が行った日も曇りで最高気温が24度というちょうど良い天気でした。まあ1日歩くので結局1日の終わりはクタクタになるのですが、例年に比べるとそれほどでもなかったです。

 

テニスをテレビで見るのも良いですが、この会場の雰囲気を気軽に経験できるというのは本当にうれしい環境です。強いて言えばメルボルンに別宅があり、泊まる環境があればもっといいんですけどね。